祖母、96歳の誕生日を迎えました!

大正10年生まれの祖母。 

先月、

96歳の誕生日を迎えることができました。


16864756_1250680141714469_3189610820745679343_n.jpg

認知症の症状がだんだん進んでいて、


私が誰だかわからない時が増えていますが


ぬり絵の才能は衰えていない様子。



ただ、

作品の書く名前が

”ひらがな”で書かれることが増えているので

ここからも

祖母の変化が見えます。





昨年11月末、

祖母はサービス付き高齢者住宅(サ高住)に入居しました。


偶然ですが、

母が亡くなって、

ちょうど3か月目の日でした。

15202745_1161239073991910_5308089056132807147_n.jpg


祖母自身の認知症の症状が進行したから、

ではなく


わたし自身が、

もう限界を感じての決断でした。




母が亡くなってから、


もう頑張れないなーという気持ちが大きくなって。


それと、

もっともっと、

仕事や自分の時間を作りたい!


その欲求がとても強くなって


祖母との時間よりも

自分の時間を優先しました。


と言っても、、、


すぐに決断できたわけではなく


ケアマネさんの強い後押しがあって

ようやく決断できました。



「もう十分頑張ってきたんですから、もういいですよ」


「お母さんのことがあって、きょうこさん自身、ショックを受けているんだから」


「もう、ご自身のことを優先する時期ですよ」


ケアマネさんが

何度も、何度も背中を押してくれて

決断できました。



母が特別養護老人ホームへ入居している時は、

寝具類は全て施設のものを利用するので、

衣類だけ準備すればよかったのですが、

サ高住は

「お部屋を借りる」スタンスなので、


布団やカバー、枕、毛布など

寝具一式を新調しました。


15135935_1164335607015590_8214847942413262232_n.jpg


買い揃えるのは手間だな

と思っていたのですが


祖母好みのものを用意する時間は


意外なことに、

とても楽しかったのです。


祖母に何かできることがある、というのは

喜びなんだなぁ、、と実感。


17200862_1263595340422949_1947849987267913563_n.jpg

このヒトたちが

いつも祖母を見守ってくれる中

入居して3か月目を迎えました。


祖母は今、

とても元気に過ごしています。



17202665_1263595310422952_8486856642823233715_n.jpg


そして、

今日は

姉も一緒に面会に行ったので、

祖母も大喜びでした。



祖母がサ高住さんに入居してから


最初の1ヶ月は

こんなに楽になって

いいのか?と不安になったのですが



起されることなく眠れ、


お風呂にもゆっくり入り、


朝も

ポータブルトイレや

トイレ周辺の汚れを片付ける必要がなくなった今、


1日ってこんなにも長いんだ!

とびっくりする毎日です。




余裕ができたからこそ、


祖母の愚痴も

同じ質問を繰り返しされることにも


苛立ちが減りました(それでもイライラするものはイライラする 笑!)


春になったら
(東京では桜が咲いたそうですが、滋賀では今日もみぞれが降ってた!)


家の大掃除をして


祖母が外出する段取りをしたいなぁ、、と思っています。



施設で暮らす選択をしても

家族との関係が途切れるわけじゃない。


確かに

一緒に過ごす時間は減りましたが、

より祖母を思いやれる、

会話を楽しめることが嬉しい。

本当にそう思えます。



17190987_1263595337089616_8102593336586417336_n.jpg


今まで暮らしていた家だけが、

祖母の居場所ではない。


家族以外の誰かの関わりで

笑顔がたくさん増えていく。



私が一人で頑張らなくても

家族だけで頑張らなくても


笑顔の時間が過ごせるなんて


数年前までは想像もしませんでした。


でもいま、

そのことを実感しています。

そして、しあわせだなぁ、、と思えます。



また、ご報告しますね。







【今後の講座、講演予定】
東京開催
<残2席>
■3月11日(土)恵比寿(徒歩7分)
<講義&ディスカッション>
介護の悩みがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー
【詳細】http://www.reservestock.jp/events/164877

大阪開催
■4月30日(日)心斎橋駅より徒歩7分
<講義&ディスカッション>
介護の悩みがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー
【詳細】http://www.reservestock.jp/events/175012
 

福岡開催
■3月25日(土)博多駅より徒歩7分
<講義&ディスカッション>
介護の悩みがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー
【詳細】http://www.reservestock.jp/events/164884

 
■3月26日(日)福岡電気ビル 共創館D室
めぐろのY子10周年&きょんちゃん出版記念!
トークイベント
【詳細】http://www.reservestock.jp/events/174948


【お知らせ】
3月17日 ダイヤモンド社さんから

「がんばらない介護」を出版されます

介護本表紙_ブログ用

●Amazon予約販売ページ
↓ ↓ ↓
http://amzn.to/2mIYUcA

●e-hon 予約ページ(e-honでご予約いただくと、めぐろのy子ちゃんの介護漫画・電子書籍の特典が付きです!)
↓ ↓ ↓
https://goo.gl/UkECdj






直接のご相談にお答えできないことも多いのですが
いただいたお悩みに関連することを
ブログやHPに書い行きます。
 
介護の悩み、まってまーす
(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚ヨロシコ♪
kyonchan_kaigo@excite.co.jp



今日、祖母に「あんたは私の末の妹とやろ?」と

何度も聞かれて

ついつい、
「ちゃうちゃう〜!」と本気ツッコミをした

アラフォー女子に応援いただけると嬉しいです!
↓ ↓ ↓ ↓


福祉・介護 ブログランキングへ






にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



*********************************************
不定期ですが
メルマガは配信してまっせ〜!!

無料メルマガ登録フォーム
ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


医療・介護現場で働く方のための
メンタルケア
●医療、介護の現場で働く方のためのメルマガ
メルマガ[医・介現場で働くひとのためメンタルケア]のご登録はこちらから!

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

===================

NHK あさイチ特集 認知症×データ分析 

あさイチ特集

認知症×データー分析


 
○認知症の方への言葉かけをビデオ映像を見て、分析(否定語→肯定語へ)

ユマニチュード(マグニチュード、といつも言い間違えるアタくし(^^;;)の実践的な紹介。
 
○グループホームでの、認知症の方が生き生きと生活される工夫の紹介 


○精神科医への情報提供、何を伝えればいいのかの紹介。
 
そして、
メッセージの募集では

「認知症の方へのうまく言った方法、工夫を!」と呼びかけで

事実と異なることを話した家族の言葉を

否定せずに受け入れたら、状況が変わった事例などが寄せられて

 
盛りだくさんの内容でした。 



本当に内容が濃くて、


これだけたくさんの専門家の方々が


認知症の方々の安心、安全の暮らし、生活をまもろうとしてくれている!


今日の特集で

認知症の方、

家族が

安心して生活するためのヒントが散りばめられていて



今回の特集、本当にうれしいな!と感じました。



それと同時に

嘆きも感じています。




どれだけすばらしい技術があっても、


その技術を発揮し、


生かすためには


心の余裕がなけれ難しいこと。
 



うちに家で言えば、


ほぼ毎日、


深夜、早朝、


祖母の怒鳴り声で、


心臓はドキドキ、

胃はキリキリ痛みながら目覚めたとき、


わたしの心と体は悲鳴をあげている。


自分の体が悲鳴をあげている状態で


相手を否定せず、


肯定的に受け入れることはできないもの。



わたしも、医療介護の現場で働き、

そして、コミュニケーションの技術を学んできたから


認知症の方への対応方法を知っています。



でも

医療、介護の専門職として現場にいるときと


家族として家にいるときの心と体の状態はまったく別物!




仕事モードで


家の中で過ごすこと、、、、、


それも

家族だからこその心の葛藤、痛みを抱えるなか


24時間、

外の顔でいることは、できない。




だからもし


「正しい情報を教えてもらった。でもわたしにはできない!」と


自分を責めたり


悲しい気持ちになっている方がおられたとしたら


そんな罪悪感持たなくてもいいですから!




専門家としてお話しされた方の中で


実際に家族を介護している方(いたのかもしれないけれど)


自分も家でしています!なんて話し、

なかったでですよね。


あくまでも

専門家として

第三者としてかかわる眼差しからのお話しが中心だった。

そして

あくまでも技術だから、

技術を発揮するまでに、トレーニングがいる!


できるまでに時間も必要!


トレーニングを受けていない家族が

いきなりできないのはあたりまえ!



情報も技術も


あくまでも

自分を楽にするたの”手段”にすぎないから




手段に、振り回されることないんです^^



もし

自分に余裕があって


なにかいつもと違う対応する元気があるときに


記憶が曖昧になって

混乱している家族に


「そうそう」と受け入れたり


「ありがとう」

と伝えてみることができれば、十分だから!



だから、安心してくださいね^^




そして

これはわたしの自論ですが、、


家族は、専門家にならなくていいんです。


家族は、家族のまま、


落ち込み、笑い、泣くことが大切だと感じているんです。



無理して

「いい介護者」

「できる介護者」になる必要はない。



ダメダメ介護者でいいんです。



ダメダメで

ありのままの自分を出して

ありのままの自分を受け入れられたとき


はじめて


家族の変化に向き合えることを実感しているからこそ、


家族は、専門家にならなくていいんです。


このことを

お伝えしたいのです。








話しは変わりますが


今年2月にマウイ島で受けてきた

コミュニケーションスキルの集中トレーニングでのこと。

12321243_929860677129752_6078529191246779716_n.jpg

世界中から、

対人支援、

カウンセラー、ソーシャルワーカー、セラピストが集った場。



10日間の集中トレーニングで、


繰り返し伝えられていたワンメッセージは


「まずは、自分が先に酸素を吸うこと!」




飛行機に乗っていて、緊急事態になったら?


そんなたとえ話が出てきました。


酸素マスクが降りてきたとき、



ひとにマスクをわたし前に


自分が先にマスクをつけて


それからひとにマスクをわたしなさい!


それが、基本です!



このメッセージが伝えられていました。


誰かを支援するとき、


まずは

自分の身の安全、心の安全を確保すること。


それがない状態で

ひとをケア、支援することはできない
、と。



この基本がないと、


どんなすばらしい技術があっても


生かすことはできない!



だから、


まずは、


介護するわたしたちが


「まずは、自分が先に酸素を吸うこと!」

を意識していきませんか^^



自分が先に酸素を吸う方法を


講座でお伝えしています。


次は大阪!


介護の専門書にも載っていない、

介護の専門家も知らない、

実際の介護の大変さと
実際に解決したケース例の数々!

ここでしか聞けない話し、
ここでしか得られない情報があります^^
 
次回大阪、東京開催の日程が決定いたしました!
 
○大阪開催は
5月15日(日)16時〜19時30分
http://www.reservestock.jp/events/114616

○東京開催は
5月21日(土)13時〜16時30分
http://www.reservestock.jp/events/118557




家族は専門家にならんでええんです。
家族は家族として
泣いたり、笑ったりすることが大事!
そのメッセージを伝えたくて
がんばってるアラフォー女子に
応援のクリックぷりーずみぃ♪(。・・。)ポッ


福祉・介護 ブログランキングへ

認知症の家族との生活で大変なのは

何度も聞き返す、

辻褄の合わない話しに付き合うことだけじゃない。


廊下や部屋にまきちらされた汚物。

汚物がついた洗濯物のやま。




深夜、朝、

悲鳴のような怒鳴り声で叩き起こされる毎日。

その中で

「ありがとう」って言えない。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

さらに苦しいのは

ちゃんとした対応をとりたい!と思っている気持ちと


でも

怒鳴ってしまう現実。

自分への怒り。



苦しいよー。

だからこそ、

誰かに話しを聞いてもらう必要がある。


わたしも、

話しを聞いてもらっています^^


だから、、


こんなこと言えない、と思ったときこそ、


よかったら

講座に遊びにいらしてくださいね^^

待っています。

=====================

《大阪開催》
○5月15日:16時〜19時半(3時間半)

<介護の悩み、もやもやがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー>

参加費:5500円 
会場:心斎橋徒歩5分(お申し込み後、お知らせいたします)
http://www.reservestock.jp/events/118557


○5月21日 13時〜16時30分(3時間半)
<介護の悩み、もやもやがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー>

 
会場:JR恵比寿駅徒歩3分
参加費:5500円
http://www.reservestock.jp/events/118557



===================



いろいろ、話しましょうねー。
まってまーす
(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚ヨロシコ♪
kyonchan_kaigo@excite.co.jp


*********************************************
不定期ですが
メルマガは配信してまっせ〜!!

無料メルマガ登録フォーム
ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


医療・介護現場で働く方のための
メンタルケア
●医療、介護の現場で働く方のためのメルマガ
メルマガ[医・介現場で働くひとのためメンタルケア]のご登録はこちらから!

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

*********************************************

またまた留守をしておりました

す、、すみません!

またまた、ブログを長期間留守にしておりました。

コメントもいただいておりましたのに
お返事ができておらず、申し訳ありませんでした!


お休みしている間にも、
メッセージ、本当にありがとうございました!



祖母が退院して1ヶ月あまり。

何をしていたかというと、

ブログを書くための時間を
睡眠時間にあてることを実践していました。


なぜかというと

祖母が退院してきてから
毎朝、
早朝の4時頃から

祖母に
「コーヒーを入れて」で声で起こされる日々が続いておりまして。



以前のように
ブログを書き上げて

それから眠る支度をして、
2時、3時に寝ていたら

ほとんど眠れない日々が続いてしまったのです。


それまでも
夜中にダラダラと起きていることや

その影響で
朝が起きづらくなっていることも多かったので

とりあえず、


睡眠のゴールデンタイム(22時〜02時)の時間内に
眠ろう!と

マイルールを決めて
実践してみました。


実践してみたところ

以前とくらべて、
目覚めがいい!
身体が軽い!

相変わらず、風邪はよく引いていますが(笑)!

それでも
精神的にとても落ちついた1ヶ月を過ごすことができました。


祖母の
早朝の目覚ましにも身体が慣れてきましたし(笑)!


家事と仕事、介護の両立も
少しずつ力の配分もわかってきたので


今日から、また再開!です。


またよろしくお願いいたします!



現在の祖母は

「お金がなくなった」

「ごはん、まだ食べてない」

どきっとする言葉が
少しずつ増えてきました。


職場である病院で
聞き慣れた言葉ですし

仕事場であれば
どうすればその方に安心してもらえるのかを考えることに
力を注いでいます。

それでも
家で、

家族の言葉として聞くと

わたしの心や身体はまったく違う反応をします。


心がザワザワします。

胸がぎゅっとしめつけられます。


祖母が安心するための言葉ではなく

わたし自身が感じる”不安”をかき消すために

祖母の言葉や行動をとめるための言葉になってしまう。

「何度も言ったでしょ!」

「そうじゃないから!」



それでも、
睡眠効果のおかげか?

さまざまな学びの効果のおかげか?


余裕があるときには

「同じ質問も、

 できなくなることが増えることも

 それもこれも、自然なプロセス」

と思える時も出てきました。



毎日、24時間穏やかではいられないし、

わずか数分のことだけれど


祖母が不安で動き回っていても

それを見守れる自分がいること!



小さな変化ですが

これは大きな変化への第一歩だと感じています。





庭では雑草のなかでも
ハーブたちが花をつけてくれています。








いろいろあるけれど

小さな変化をつくるための

小さな挑戦と
小さな行動を積み重ねて行きます。


明日も最高の一日に!


お酒をやめる!と決めて
それでも家のみだけやめて
外のみは残す!というゆるーいマイルールを作った
ゆるゆるのアラフォー女子へ
応援のワンクリックぷり〜ず♩


福祉・介護 ブログランキングへ

ブログをお休みさせていただいている間に
祖父が戦死した沖縄へ行く事ができました。



祖父がなくなった場所は
ゴルフ場になっていて

生前の父が
「中に入れなかった」と悲しんでいたことが

ずっと忘れられないでいました。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

でも今回、

ひょうんなことから
びっくりするようなご縁をいただき


祖父のなくなった場所に連れて行っていただき
そしてゴルフ場に入ることもできました。

不思議でたまらない
できごとでした。


このことも
またご報告したいと思っています^^


沖縄や、
他の地域でも台風の被害、
いろいろ出ているようですが

大きな災害につながらなかったことに
ほっとしています。

台風の影響で
沖縄も、
本州も
これ以上、大きな被害になりませんように。


大切なひとたちが
穏やかな朝を、一日をむかえられますように。



**********************************************
メルマガは
そろそろ配信か!?

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

それでも、いろいろ、ありますね〜。

昨日
病棟スタッフを笑わせたことを
得意気にはなしてくれた祖母。


今日は
不安、不安で
まったく落ち着きがありませんでした。

ずっと、
何かを探していたり、

ずっと
同じ質問をを続けたり。




「そこに、子どもさんの赤い自転車あるやろ?」

「誰のやろ?」


「誰が置いていったんやろ???」


わたしがいる間中、
ずっと”ない”自転車のことと
その持ち主のことを心配していました。

そして
ひとしりき、
”自転車”のやりとりをしたあと、

「ああ、もうわからん!!!!」と叫び、

ベッドに中にもぐりこんでしまいました。



昨日とは
まったく違う祖母の様子を見ながら、

日により、
その時、
その瞬間によって様子が異なる。


このことが、
認知症の家族と暮らす
家族が混乱する要因の一つなんだろうな、と実感をしたり。


そして何より、
”当事者”である祖母も
しんどいだろうな、と。

これだけ
心の状態の落差、

怒ったり、泣いたりを
短時間のなかで繰り返すこと。

それが
身体は
心の変動に影響を受けないわけないから。



祖母が
ベッドに入ってからみつけた、
祖母の言葉。



どんどん、
記憶があいまいになる。

何か話すと、
何かをすると、
怒られる。


悔しいよね。

苦しいよね。

怖いよね。


どんなに
想像しても想像しきれない祖母のこころの中。


わたしは
祖母の
しんどさも悲しさも解決することはできない。

なにもできない。


それでも、
見守ることができる。

信じることはできる。



祖母は
祖母の人生を全うできる。


その力がある。

だから、
いろいろなことが起こるけれど、

いっぱい泣くけれど


何があっても大丈夫だから。





相手の未来を、人生を信じること。

ただ、見守ること。

一番、簡単なはずで

一番、難しいことを実践中です。





みよちゃん師匠に毎日学びをもらう
ラッキーなアラフォー女子へ
応援のワンクリックぷり〜ず♩(。・x・)ゞ


福祉・介護 ブログランキングへ

明日は
週1度、日帰り上京の日です。





早いもので
毎週、上京するようになり
1ヶ月が経ちました。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

家族を介護する方々、

介護の現場を担っている方々の

笑顔になるお手伝いがしたい。



その思いから始めたブログ、
そして、
今はじめている挑戦のコーチング。

この時に、
祖母の新たな入院と
これらのエピソードは、
本当に宝物だと感じています。

いろいろあるからこそ、


明日も、サイコーの一日に!(・∀・)


**********************************************
メルマガは
届こっておりまする。。
そろそろ配信か!?

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

ほんまに、いろいろいろいろいろいろありますが。。

昨日、
昼間は落ちついていた祖母ですが

夜にお見舞いにいったときには
怒りで
号泣していました。


「おトイレにいくから(拘束帯)を外してほしい」と
看護師さんに話したら

「1時間前に、行ったばかりでしょう!」と怒られたと。

結局、
拘束帯をなかなか外してもらえなくて

「おもらしをしてしまった。
 悲しい。汚れ物だしてごめんね」

「この年になって、こんな恥ずかしめにあうなんて!」

祖母はそのまま、大泣きしました。


認知症の症状で
記憶があいまになることが多い。

でも
今日の訴えは
ほんとうにあったことだと感じました。

なぜなら、
祖母は号泣していましたが、

祖母の顔はとてもしっかりしていたから。





祖母が入院して2週間。

その間、
スタッフの方からの
心ない言葉に
祖母は何度も傷ついてきました。


たまたま、
病室に入る前に、

部屋から
スタッフの方と
祖母との会話が聞こえてきたことがありました。

「おトイレにいきたい。連れて行って」


「おむつしてるんだから、おむつですればいいんです」

「骨折しているくせに」



ありえない、
言葉がつぎつぎに投げられていました。


その人は
若い、

経験年数も
とっても浅そうな
男性スタッフでした(←悪意)。



聞こえないふりして
部屋に入ると、

その彼は
少し気まずそうに、
そそくさと部屋を出て行きました。


正直、

わめき倒したいほど
心の中は爆発していました。


でも
少しは
処世術を身につけたわたしは

そのときは叫びませんでした。




スタッフの方も、いろいろあるし、


今回だけは
見逃したろかぁ!!!と思ったのです。


実際、「退院してください」と言われるより

たとえ
サイアクな環境であっても

祖母がリハビリ病院へ転院できるまでは
ガマンしよう、と思っていました。


でも、
それがヨカッタのか?

昨夜、
祖母の号泣を見て


伝えるべきことは
ちゃんと伝える!!!

この病院、
地域の拠点病院(←悪意)として

発展していただくためにも。



怒るときには、怒る。

きちんとね。

でもどうやって伝えればいいのか?

どうやれば、
ただのクレームにならないのか???


いろいろ考えめぐらしてすごした夜。


でも、
今日の祖母は

わたしの悩みは
ちっちぇx−ーー!と
唸るレベルに成長しておりましてね〜。



昨夜は大号泣で
一夜をすごした祖母でしたが


今日は
すっきり笑顔。


車いすに
拘束帯でしばられている状態は
変わらずですが


その状態で、
病棟内をうろうろ移動して

それなりに
楽しんでいるようでした。



他の患者さん、

それも言葉が通じない
外国人の方と仲良くなり、

おみかんをいただいたり、

「かわいいね〜。べっぴんさんやね〜!」と

小さなお子さんに
声をかけたり。



でも
祖母のこの行動は
一部のスタッフの方から見ると

徘徊している

だから、
スタッフのなかには、
大声も上げる方もおられるそうで


「なに、ウロウロしているの!」と怒られることもしばしば。


そのことを
話してくれた祖母、

今日は
得意げに教えてくれました。


「何してるの!って怒られるやろ?
 だから、言うたるねん。

 わたしは
 ウロウロしながら、




 心磨いてますねん!!!!って」



そう、言い切ると
スタッフさんが大声で笑ってくれたそうで


「おもしろいなぁ〜!って言うてもらえた」と
自慢げでした。



ほんまのほんま。

いろいろいろいろいろ×100ありますが


でも、
わらったもん勝ちですね!



今日の夕日。
603611_549610831821407_527679485_n.jpg

今日はめずらしく、

遠くに琵琶湖が見えました。



さあ、
明日もぼちぼちいきまっせ!



93歳のみよちゃんに完敗中の
アラフォー女子へ
応援のワンクリックぷり〜ず♩ ̄(工) ̄)エヘヘ


福祉・介護 ブログランキングへ

今朝は
寝坊をしませんでしたが

あわてて
卵のパックをそのまま床に!!!!




いやーんの
朝のバタバタでしたが

慌ててはいかーんのサインだと思って
深呼吸。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


慌てたら、落ちついて。

こけたら、起きたらいいだけ。



それで、ええんですよね。

明日も、サイコーの一日に!
(`◇´)ゞ♪


**********************************************
メルマガは
届こっておりまする。。
そろそろ配信か!?

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************
プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム