何気ない、一瞬でいいのかも。

485543_399080473541111_481963863_n.jpg


大好きな時期が来ました^^

自宅近くの道の駅、野菜直売所で、豆類が多く見られるようになりました。

スナックエンドウ、グリンピース、インゲン。

もう少しすれば、空豆!

豆類が大好きなので、いつも見つけては大量買い。

そして、スジとり、鞘から取り出す作業は、祖母のしごとになります。

生真面目に、一生懸命に手伝ってくれる祖母。

手伝い中は、とても落ちついて作業をしてくれますし、
作業後も、とても落ちついている。

「役に立ててる!」

「必要とされている!!」


祖母にとって、心が安定する栄養素は、「人の役にたてること」。

だから、私たちが「やってあげる」ことだけでは、
祖母の心は満たされない。

でも、つい、わたしは

慌ただしい時間のなかで、
「やってあげている」気分で接っしてしまい、

祖母は不安と悲しみで、混乱してしまう。

祖母の混乱ぶりをみて、
私は腹が立って(本当は、悲しくて!)

また怒ってしまう。

24時間、完璧な1日にしよう、なんて無理なんですけどね〜。

つい、自分の”完璧主義”がひょこっと顔だしたりします。



今日は、母のズボンの裾あげ作業もお願いしました。

作業中の祖母、いつも訴えのある手のしびれが、なくなります。
不思議ですよね〜。


そして、どんな時よりも嬉しそうに、
できあがった”成果”を見せてくれる笑顔をみて

今日一日、

ま、ええか!と。


今日もみんな、よくがんばりました!

d(>_< )Good!!


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

今日は、とても素敵なお話を聞きまして
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
とっても幸せな気分になりました^^
 ↓    



とてもとても
うれしくて

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


嬉しすぎて?

鳥肌たっちゃった(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン

一度熱いストーブの蓋に座った猫は二度と熱いストーブの蓋に座らなくなるだろう

猫_2ブログ用


数日前から、友人たちとFacebook上でメッセージのやりとりが大盛り上がりをしております。

ネタは、ディズニーシー、ランド話。

来月、わたしの誕生日月なので、友人たちに
「行きたい〜!!!一緒に遊んで〜!!」と
声をかけたところ、
平日の設定にも関わらず、

友人が「行ったるでぇ〜!」と
参加表明してくれました!
 °゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪°゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪

その盛り上がりに、友人の1人が、
申し訳なさそうに、書いてくれたメッセージが秀逸でして、

「この流れで申し訳ないんだけど、、」

「カムアウトしちゃうけど、、、、」

ど、、、どんな告白!?とおもいきや、


「わたし、ディズニーランドが苦手で!!」と(爆)

「で、でも、きょんちゃんのお祝いはしたいと思ってる!!!」と
友人からの熱い愛の告白に、
昨夜は、うはうはさせていただきました。


この友人(新婚ほやほやの新妻!)の、
マジメなところ、一途なところが、とても魅了的な人なので、
そのキャラを知ってるので余計、

なんちゅう、可愛らしい告白か!と思いました。
ヾ(@^(∞)^@)ノわはは

でも、当の本人には、勇気がいるカムアウトですよね〜。

大勢の人が「好き!」と盛り上がっている場で、
「いや、じつは苦手で、、」ということ。

逆に、大好きな事でもマニアック過ぎで、
人に話せなかったりしませんか?

わたしは長年、
少年隊のニッキファンであることを隠しておりました(ё_ё)キャハ



「苦手でええやん〜。それぞれ感性大事やもん!」と返信したら、

友人は「良かった〜!」とレスをくれました。

誰かに、何かを伝えるのは、ホント、勇気がいるものですね。


それにしても、ディズニーランドやシーに行くかいかないかに関係なく、

「わたし、行きたいー!」としたい事を声に出すだけで、
周囲がわいわい盛り上がってくれるのは、とても嬉しい事でした^^



一度熱いストーブの蓋に座った猫は、

二度と熱いストーブの蓋に座らなくなるだろう


なんじゃらほい?の本日のタイトルですが、
これは、イギリスの名言集かことわざの本に載っていた言葉です。

高校生時代に読んで(どうして、この本を読んだかはなぞ)、
なぜだか、心に残っていた言葉でした。


在宅介護・最初の1〜2ヶ月は作業なれの期間この記事で少し触れましたが、

母(要介護5、身体障害1級、胃瘻造設)が

リハビリの病院から自宅へ退院し、

ショートステイ(施設への短期間の宿泊)を利用するまでに1年以上経過していました。

なぜ、ショートステイを利用するまでに、
退院してから1年以上も経過したか。

これも、わたしの”思いこみ”が影響していました。


母が退院して直後、ある施設にショートステイの申し込みをしました。

でも、その時の、施設側の返事は「NO」。

理由は、
「胃瘻(いろう:胃に直接、チューブから栄養をとるための入り口)の処置ができません」
ということでした。


____________________________
※胃瘻があると、なぜ、施設の利用が断れることがあるのか?

「胃瘻」を使っての栄養や水分補給をすることは、
少し前まで、医師、あるいは、看護師などの医療職、
あるいは、家族に限られていました。

今は、少し、法改正がされて、
「きちんと研修を受けた人なら」という条件で、

医療職以外の職種、
ヘルパーさんなど、日常ケアをする人たちも
胃瘻を使ったケアが可能となりました。

しかし、そのためには”長時間の研修”が必要となるので、
施設側としても、研修を実施しているところは、
とても少ないのです。

在宅介護にかぎらず、
医療、介護の現場でも
胃瘻に関する正しい知識や技量には、
地域、施設によって格差が大きい現状があります。


___________________________

この施設には看護師さんが常勤されていましたが、

「他の利用者さんとの兼ね合いもあり、
 人手不足の現時点では、お受けできません」と

はっきりと断られました。

この当時、
母は食事はペースト食からやわらか食に移行している時期で、

口から食べられるようになっていました。

胃瘻から栄養摂取をする必要が減っていたものの、
水分はむせてしまうため、胃瘻から水分を補給する必要がありました。

「食事は口から食べられるので、胃瘻からは水分補給だけですから」
施設と何度か交渉したのですが、

「夜間のスタッフ不足が深刻なんです。ショートステイの利用はお受けできません」との返事は変わりませんでした。

この頃、ショートステイだけでなく、デイサービスも、
「胃瘻があると、常勤のスタッフ(看護師)がいないので、難しいです」と断られることもありました。

この出来事から、わたしは

「胃瘻をしていると、ショートステイは利用できないんだ」と思い、

その後、1年以上、他の施設を探すことをしませんでした。


ショートステイを利用しなかった1年間、いろいろな人から

「ショートステイは利用しないの?」

「ちょっと、息抜きしたら?」と何度も言われました。

その度、
「利用したくても、受けてもらえません」と答えていました。

ところが、ある日、

当時、担当だったケアマネさんのHさんが

「そんなことないよ、受けてもらえるよ」と言ってくれました。

それも、1年前に”断られた施設”が受けてくれる、と。



「でも、前に断られましたよ〜」と過去の出来事を例に出して話すと、

「あの時はね、人が辞めたり、新しい人が入ったりで、施設もバタバタしてたのよ〜」

「今はね、施設側も落ちついてるし、
 
 何より、週1回、あそこのデイサービスに通った実績があるから!」と。


この施設でのデイサービスの利用も、

「胃瘻があるなら難しい」と退院直後は利用が難しい状況でした。

しかし、ケアマネージャーさんの説得で施設側が動いてくれて、
週1回のデイサービスに通う事が可能となりました。

そして、
気がつけば1年以上、何事もなく、デイサービスに通う事ができていました。

この1年の間に、
デイサービスの方々が母の状態を理解してくれ、

デイサービスからの「情報」が信頼となり、
「ショートステイ利用」につながりました。

そして、ケアマネージャーさんの
「大丈夫、今なら、利用できるよ!」の言葉通り、

申し込み以後、
想像以上にスムーズに手続きが進み、

母のショートステイ利用が始まりました。



一度熱いストーブの蓋に座った猫は、

二度と熱いストーブの蓋に座らなくなるだろう



じつは、このことわざには、続きがあるのです。

一度暑いストーブの蓋に座った猫は、
二度と熱いストーブの蓋に座らなくなるだろう。


猫は二度と、ストーブの蓋に座らないだろう

たとえ、ストーブの蓋が、熱くない状態だとしても



私たちは、日々、

”過去のできごと”

”過去の経験”をもとに判断や選択をし、そして行動します。

でも、その過去の出来事が、
「今、この時と同じ状態、状況」とは限りません。

我が家では、母のショートステイを利用するまでに
1年以上の時間がかかりましたが、

1年後に受け入れてくれた施設のほかにも、

他の施設で
「胃瘻の処置大丈夫!」という所も、実はあったのです。

わたしは一度、断られた経験をもとに、

自分の思いこみと判断で、
「胃瘻があると、この地域でショートステイを利用できるところはない」と考え、

行動せずに諦めていました。

もう少し、早い段階で

「他にもあるかも?」

「前は人手不足で断れたけど、今は違うかも!?」
と疑問を持って、行動していたなら、

もっと早くから、ショートステイの利用が可能になっていたかもしれません。

「前、断られて辛かった」

「かっがりした」

「傷ついた」

たくさんの辛い経験を、繰り返す事は、とても辛いことです。


でも、
「過去、そうだったから」とあきらめずに、

「前は、ダメだったけど」

「今、何が利用できるか?」

「今、何が受けられるか」

ちょと探ってみるのも、現状の可能性を広げる、
方法の1つと感じています^^



(ё_ё)キャハ
*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

最近、にゃんこさんの写真を使うことが多いのですが
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
じつは、わたしは
わんちゃん好きです。
 ↓    



でも、姉がにゃんこ好きでして

黒しろ、右だけ白ソックの
男の子、女の子と生活しています

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

ちなみに、
男の子が”あばた”
女の子が”ねこ”という名前

A案でもB案でもない、第3の案

?ブログ用

両親や祖母から虐待をされていたのに、

何故介護をするの?と友人や周囲の人から尋ねられることがあります。


わたしが子どもの頃に欲しかった、

家庭内での安心、安全を家族に与えたからかな?と思っていましたが、

最近、それ以外のことにも気づきました。


祖母、母、弟との生活は、とっても”おもしろい!”のです。
単純に!

障害や病気がある中でも、

くすっとした、

感動する出来事や、はっとする出来事が満載で、

祖母、母、弟すべてが
わたしの人生の”師匠”なんだな〜と思う事が度々あるのです。


そして、最近思い出したことですが、
わたしは、祖母の”生き様”にとても惹かれます。

大家族の長女として生まれ、

他の兄弟は全員学校へ通えたのに、自分1人、
実家の手伝い、子育てで”学ぶ機会”をもらえなかった祖母。

戦前、戦中、大阪の北浜、”株屋さん”(株の取り引き所?)で
働いた娘時代。

中之島公会堂の建設費を寄付したと言われている
岩本栄之助さんが、”雷さんみたいな怖い顔!”で、
”ごっつい、ごっつい高下駄”を履いて、株屋さんを出入りしていたこと。

お給料日に、

北浜の三越で、当時、同じ値段だった、
コーヒーか、ホットケーキのどちらを頼むかで
真剣に悩んだこと。

その三越で、
初めて口にした、バターやマヨネーズのこと。

そして、戦死した祖父とのこと。


祖母は、本当に気の強い人で、
子ども時代は、本当に苦手でした。

でも、祖母が語る”昭和”のドラマは、

どんな物語よりも鮮明で、
生き生きとした、人物が登場する。

どんな苦労話も、キラキラとした目で語る祖母が
大好きでした。


ずっと、「人に迷惑をかけない生き方」を実践して来た祖母。

その祖母が、人の手助けが必要とする生活を”受け入れる”段階に来ています。


私も今、
自分の手で何もかも、自分が直接ケアする方法から、

人にお願いする方法を選択を始めています。

母や祖母の入居手続きを進める段階にいます。


今月に入ってからずっと、この2つの選択肢で迷っていました。

A案 母が特別養護老人ホームに入居し、わたしは常勤で復職する。

B案 母は自宅で過ごし、わたしが非常勤になって、復職する。

この微妙な2つの選択肢から選ぼうと必死でしたが、

祖母がキラキラとした目で、人生を語るのを見ていて、

わたしも、どんな事があっても、後悔したとしても、
自分がしたいことをしたい!という、
自分のしたいことを選択したい、そう感じています。

だから、今、
Aでもない、Bでもない、第3の案を選択しようとしています。

迷いますし、
怖さもありますが、

せっかくの一度きりの人生。

自分が一番したいことをする、を頭に、
選択していきたいと思います。

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

祖母の、娘時代の話を聞くと
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
必ずホットケーキの話が出てきます。
 ↓    



今、思い出すだけで
おなかがぐー!

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

戦前、戦中も初期は、
とても華やかな時代があったんですね〜。

失敗していいんですわ〜。



手だけですが、、(爆)



私も完璧主義者、自己犠牲タイプなので、いままでたくさんの失敗をしてきました。

自分は一番最後。

家族みんなが幸せになってから、自分が幸せになる。


んな、アホみたいなことを、

命がけ、

人生かけて、やってきたのですが、

結果、誰も幸せになりませんでした。

とほほほな事実です | ̄ω ̄、|グスン


何度も、何度も失敗したり、

人からアドバイスされるなかで、気づいたことは

誰かを幸せにしたいのなら、

”まず自分”が幸せになる!”ってことでした。


「自分がまっさきに楽しむ!」

「自分が誰よりも先に、幸せになる!!

「自分が誰よりも先に、豊かになる!!!!」





自分に許可できないことは、人にも許可できない。

人がやっていることで”腹を立てる”のは、

”自分自身が最も禁止していることを、平気でしているのを見るから”なんだそう。

そう思うと、外界のイライラのほとんどが、

じつは、”自分で自分を縛っているマイルール”であることが
多いことに気づきます。






友人の家族旅行へお邪魔させていただいた件。

たくさんの、お褒めの言葉、励ましの言葉、

本当にありがとうございます。:*:゜・☆ヾ(TωT。)了└|力"├♪


でも、単純なお話で、自分が失敗したから、

こんなお手伝いができる、必要だと、知っていた。

それだけのことなのです。


実際、

去年秋の、ディズニーランドへの家族旅行

わたしは、自分が楽しむことよりも、
家族にばかり気がいってしまい、


最後の夜は、

自分で我慢を選択したにもかかわらず、

「わたしばっかり、こんなしんどい思いをしてる!!!」と

わたしは拗ねて、拗ねて、お見せできないような醜態の嵐でした(爆)


その時、フォローしてくれたのが、
大阪から、手助けに来てくれていた20年来の友、悪友Fで、

悪友Fのおかげで、
なんとか、”家族旅行”が最後まで成り立った経緯があります。


自分の恥ずかしい、失敗体験ですが、

でもこの失敗から、

「誰よりも自分がまず楽しむこと」の大切さと、

”介護する人”が、自分では気づかないうちに、

”介助者”の立ち位置になってしまうことを

体験を通して学びました。


ですから、

家族でない、第三者のお手伝いがとても大切だと感じてます。

それは、旅行だけでなく、普段の生活、すべての場面においても。



今回、友人家族の旅行のお手伝いができたのは

わたしが、”うまくいかなかったこと”の反省を生かしたからなので

そう思うと、

醜態をさらした、拗ね拗ね事件も、

良かったのかな、と┏| ̄^ ̄* |┛ガッツポーズ

実際、お邪魔させていただいて、とてもとても楽しい時間でした!

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

来月、私の誕生日月なのです。
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
ふら〜とシーに行きたいな!と思いまして
 ↓    



周囲に声をかけてたら
一緒に遊んでくれる!という奇特なお人が!?

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

まだ予定は未定ですが、
一日ふらりと、
シーをぶらぶらしてこようかと^^

自分だけで遊びに行くなんて、
ほんと、18年ぶり!?

なので、アムロ、行きまーす!
私は、シャアー派ですけどね (爆)

テーマ : すこしでも参考になれば・・・
ジャンル : 心と身体

魚を与えるのか?魚のつり方を教えるのか???

にゃんこと金魚

突然ですが、

あなたは、与え上手な人ですか?

受けとり上手な人ですか??


介護だけでなく、恋愛、子育てで悩む人たちを見ていると、

2つのパターンがあるな、と感じました。

その2つとは、

1つは
”人に与えてばかり”で自分のことは後回しにして、燃えつきているひと。

もう1つは、
「どうして、〜してくれないの!?」と、”もらうことばかり”求めて、いつも不平不満でいっぱいの人。

片方は、”いい人”に見えるし、
片方は”わがままな人”に見えますが

両方とも、同じく、”与えること”、”受け取ること”のバランスを崩している”状態で、

どっちもおんなじ!なんですよね。



先日、友人のメンタルトレーナー、しゃべるパワースポットこと、

サッキーがおもしろい例え話をしてくれました。


さっきーが、ある人からこんな質問をされたそうです。

「あなたは、飢えた子どもに、魚を与えますか?」

「それとも、魚の取り方を教えますか?」

支援の在り方で、よく聞かれる質問。


「あなたは、飢えた子どもに、魚を与えますか?」

「それとも、魚の取り方を教えますか?」



この質問に、しゃべるパワースポット、さっきー
質問者に、こう返答したそうです。

「そんなん決まってるやん!」


「魚も与えるし、魚の取り方も教える!」

「おなかへってたら、魚とるどころやないやんか。まずは、おなかいっぱい満たされることが大事やろ?」


「満たされれて、初めて”学べる”んやし」


「だから、魚を与えて、それから、魚の取り方を教えて、んで」


「魚が取れたら、俺にもちょうだい!って言う」




「先に魚を与えるし、魚の取り方もちゃんと教える!」

その上で


「取れたら、俺にもちょうだい」こう言える人って、ほとんどいないのではないでしょうか??

与えて、その人が得たものを、受け取って、

自分が”受け取ったもの”で満たされ、自分も楽しみ、

また違う人に”与える”ことができる。




この、サッキーのたとえ話と、さっきーの答えがとっても面白くて、

2つのテーマを感じました。


1つは、人が悩むとき、「A案かB案か!?」選択に悩みますが、

じつは、A案もB案も両方両立できる方法

あるいは、

A案、B案、どちらでもない、

第3の方法がある!

可能性がある!ことを見失う事がある。

選択肢がない、と思った時ほど、

本当に、その選択肢しかないのか?

行き詰まったときに、考えるヒントが隠されていると思いました。


そしてもう1つは、

「与えることは大切。でも、受け取ることはもっと大切!」ということ。


わたし自身が、”受け取りベタ”なので、

「魚をとれたら、俺にもちょうだい!って言う!」
これだ!と思いました。


先に与えることは、とてもすばらしいこと!

でも、

与えっぱなしで、”受け取らない”と、自分の心も身体も

”大赤字”になっちゃう。

出しっ放しで、受け取らないから、赤字、

つまり、”燃えつきてしまう”。

これは、私自身がずっと繰り返してきたパターンだったんですね。

人に与えるばかりで、自分は受け取らない。

そして、最後には、燃えつきる。拗ねる。

この繰り返しをしてきたんだな〜と。


だから、

与える、

人の幸せを応援する、協力する、

人が成功したことを共に喜び、分かち合い、

そして、

それを自分も”受け取る”

自分から、「ちょうだい!」って言う 
(*゚ー゚)(*。_。)ウンウン♪(゚ー゚*)(。_。*)ウンウン♪



さっきーの、周囲を大爆笑にする弾丸トークは、
Facebookで、動画としてアップされています^^

さっきーのFacebookは
こちら


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩">無料・メルマガ登録フォームを
設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒teaOx@mail.os7.biz

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

最近気づいたことですが
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
出会う人たちのすばらしさ、を実感したとき、
”何をしてきた人か”
”どんな成果を出して来たか”がその人の”すばらしさ”を表しているのではなく、
 ↓    



仕事のスキルや
理論がすごいのでもなく

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

その人が”本当にそう思って話しているか”どうかが
”信頼”そのものなんだな、と。

最近出会う人、出会う人、
”ホンモノの人”ばかりで

幸せだな〜!!!!と思う今日この頃。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

いただいたことを、返す、こと。

昨年、1月に、私は母が倒れて以来、
5年ぶりに東京ディズニーランドへ行って来ました。


私と友人と知的障害の弟との旅行計画。

母がクモ膜下出血で倒れたとき、

その2日後に、わたしは弟との旅行を計画していました。

父が亡くなって、十数年、自分の時間が欲しい!そう思い出したころ、

まだ、自分だけ楽しむ許可を自分でだせなかったわたしは、

弟との、北海道への2人旅行を計画したのです。


でも、母が倒れ、直前のキャンセル。

それ以後、5年間、バタバタと走り続けていました。



去年1月のディズニーの計画は、

自分自身に対して、もういいよね、という

気持ち確認のために、

友人、わたし、弟との3人旅行を計画しました。

旅先を、ディズニーランドに決めたのは、

母が倒れる前、最後の家族での旅行が、

ディズニーランドだったからです。


久しぶりの旅行!

久しぶりのディズニーランド!

ワクワクしながら、準備をすすめていきました。


ところが、

出発2週間前に、祖母が階段から転倒し、骨盤を骨折する大けがをして

救急車で運ばれる騒動がおこりました。

年末の入院騒動。


この時、骨盤骨折をした祖母が搬送先の病院で一旦は入院を断られ、

医師へ直談判をして、

運良く、入院できたものの、数日後には、転院を!と迫られていた時でした。

だから、

本来なら、この旅行はキャンセルに予定でした。

でも、母の時の旅行をキャンセルした経緯を知っている友人、

姉、同僚たちが、

「行っておいで〜」

「いっぱい遊んでおいで〜!」

「自分の時間を楽しんで!!!」

と声を揃えて言ってくれ、

祖母の転院先もなにも決まらない状態で、

私は、ディズニーランドへの旅に出かけました。


5年ぶりのディズニーランド。

変わらず”夢の国”でしたが、

わたしは、
数年ぶりの楽しい時間で、ある変化に気づきました。

ミートミッキー(ミッキーのお家でミッキーに会える♪)でも

パーク内でのグリーティングの時にも、

弟への歓迎の気持ちを最大に表現してくれるのは前も同じ。


違うのは、彼らが必ず、”付き添い役”を演じている私たち、
カメラマン役になっている私たちを

手招きし、

「そっちにいちゃだめ!」

「こっちでみんなで楽しもう!」

「みんなでハグしよう!」

「君たちも楽しんでる!?」

「みんなで楽しもうね!!」といったように
”家族”を、歓迎してくれたのです。


わたしは、ディズニーランドへ行く前も、行っている最中も、
自分自身もめいいっぱい楽しむつもりでいましたが、

実際、パークに入ったとたん、

どこかで自分たちは二番手でにおき、

弟を喜ばせたい、弟が喜ぶ顔を写真に撮りたい、、と

気づかないうちに必死だったのです。

「みんなで楽しもうね!楽しんでね!」

ミッキーが

デイジーが、

グーフィーが、

私たちを呼び寄せ、みんなでハグしてくれた瞬間、

友人も私も一瞬にして、役割を捨てて

心の底からディズニーの世界を楽しむことができました。

初めて、ディズニーランドで楽しめた!と思えた瞬間でした。




弟との旅行から戻ってから、

入院している祖母にお土産話を届けると、

入院生活で認知症状が出ていた祖母が、

目をキラキラさせて、

「私も行きたい!退院したら連れて行って!」と宣言!



その後、祖母は骨折以外にも、

重傷の膵炎を何度も繰り返し、

二度も生死の境を彷徨う状態でしたが、

「ディズニーランドへ行く!」という想いをエネルギーにして、

無事退院することができました。


そして、退院して二週間後、
約束通り、ディズニーランドへ!


553938_302286299887196_572098945_n.jpg

祖母、弟、姉、私。

そして、写真にはうつってない、大切な友人F。

20年来の悪友、Fは、

わざわざ大阪から、我が家の旅行のお手伝いのために、

仕事まで休んで飛んで来てくれたのです。


今回、友人の家族旅行におじゃましたことで、

たくさんの方、友人自身からも

なんでそんなことまでしてくれるの?と言ってもらっていますが


とっても、単純なことなんです。

いただいたから、

お返しをするだけ。それだけなんです。

「受けたこと」「いただいたこと」を

いただいたその人へ返すことはできないかもしれません。

でも、「他の人」にお返しすることはできる!

その繰り返しが、大きな連鎖になって、

たくさんの人を幸せにしてくれる!!

そう、わたしは信じています。


そして、

いっぱい自分が困った、苦しんだから、

他の人たちが欲しいもの、欲しい手助けがわかる。

そして、応援したい!と思う。

自分の経験が、誰かの笑顔になるのなら、

こんなに嬉しい事はない、と思える旅行でした^^

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************
たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

たまたまかもしれませんが
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
毎回、グーフィーには
ハグやら握手やら
とってもうれしい歓迎を受けます。
 ↓    



今回の旅でも
y子ちゃんとも

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

グーフィーっていい人だ!と
大盛り上がりでした^^


いつも、最後まで読んで下さって本当にありがとうございます!

ええやん、えんやん。

423862_395115920604233_279909487_n-1.jpg

母と祖母の通院介助の後、
大好きなSoy +CAFEさんに行ってきました。
オープンテラスの、小さなお店。

オーナーさんの愛があふれるお店なので、

地域だけでなく遠方から通うファンも多いのです^^

375034_395116107270881_1072325937_n.jpg

ハーブや多肉植物、色鮮やかな季節の花があふれていました。

268862_395116067270885_84730778_n.jpg



983913_395115957270896_661970432_n.jpg

看板娘のモコちゃん♩



母が寝たきりになるきっかけとなる「クモ膜下出血」で倒れたとき、

緊急搬送された病院から近いSoy +CAFEさんに時々、通っていました。

母の意識が戻らず、途方にくれたとき、

親戚が母のお見舞いに来てくれとき、

母の転院が決まったとき。

介護疲れで行き詰まったとき。


頻繁に行けませんが、

ほっとしたいな、ちょっと休みたい、そう思った時に、

必ず、行きたくなる場所です。



今日も、本当は、母たちの通院介助のあと、

すぐに帰宅するつもりでした。

ところが、自宅へ帰る直前に

自分のミスで、”あるできごと”が起こってしまったことを知りました。


私のミスで、

これからの私たち家族の生活する上で、

大事な”選択肢”を失いかねない、大きな出来事でした。


私は、めったに、自分のことで落ち込まないのですが、

今日はさすがに”できごと”の重大さに
ただただ
||||||||||||||(_ _。)ブルー||||||||||||||||
||||||||||||||(_ _。)ブルー||||||||||||||||

、、、、、、でも、

けだるそうに、ねむねむモード満載の
この看板娘のこの顔を見ちゃったね〜!

971196_395116027270889_240284835_n.jpg


モコちゃんが嫌がらないのをいいことに、
ねむねむモードのモコちゃんを
いっぱいなでさせていただいて
しっかり癒していただきました。


そうなってしまったものは仕方ない!

なるようにしかならん〜!

明日も、明後日も、ちょっとバタバタしますが、

深刻にならずに、

怒ったり、泣いたり、拗ねたりもありで

ええやん〜

ええやん〜!!でいきます〜

明日も、良い日となりますよう!


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

私はコーヒーはホット派ですが
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
Soy+CAFEさんに来ると
 ↓    



必ずアイスコーヒーを飲みます

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

オープンテラスで飲む
アイスコーヒーは格別です^^

大切な友人が滋賀に来てくた時、
案内したいお店!

いつも、最後まで読んで下さって本当にありがとうございます!

早朝からの客人。

朝6時、玄関を開けたとたんに、

ツバメのつがいが、飛び込んで来ました。

一羽はすぐに、窓から外へ出たのですが、

もう一羽は、家の中を迷飛行。




窓へ誘導したくても、
つばめは上へ上へと飛んでしまうので、

しばらく様子を見る事に。

最初、「ツバメが家にやってくるなんて、縁起がいい!」と
大喜びだった祖母も、

長時間の滞在の客人に

「大丈夫やろか?大丈夫やろか?」

ツバメ相手に、不穏状態に^^;;

308350_395046843944474_956467684_n.jpg

その間、つがいの一羽が、

我が家の玄関周りで旋回したり、軒下で羽を休めたりしていました。



我が家で滞在したツバメも、結局、3時間ほどして

窓から外へ脱出できました。


外で待っていた、”つがい”とまた出会えたのかな?
*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************
たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

朝のつがいと思われる2羽が
玄関先で、旋回中を発見!
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
我が家の軒下で巣を作ってくれるのか?
 ↓    



ワクワク顔で祖母がのぞいています

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


いつも、最後まで読んで下さって本当にありがとうございます!

お天気がいい日の、ちょっと一服。

以前は、家族全員を、平等に大切にしなきゃ!と思っていました。

でも、実際、祖母、母、弟を全員、
”平等”に向きあうことができず(できるはずもなく!)

いつも自分を責めていました。


でも、3人同時に、きちんと向き合うなんて無理だ!!!と居直ってからは、

すいぶん楽になっています。

今は、1週間のうち、3人のうちの誰かの笑顔が一瞬でもあれば、
それで十分だな〜と。


”〜しなければならない”

”〜でなければならない”

と思い込んで、

自分自身にプレッシャーをかけたり、

自分や家族を罰するのを辞める、と決めました。







祖母の”物忘れ外来”を受診に付き添い後

近くの道の駅に二人で、でかけて来ました。


ここでは、”リラクゼーションスペース”というところがあり、

ハーブティーが無料で楽しめます。



941421_394566210659204_1255591947_n.jpg

二人して、”リラックス”効能のものを選んで、ちょっと一服。



936301_394566250659200_824720097_n.jpg

92歳。
今年の秋も、ディズニーランドへの旅を計画中。

今から、体力作りを始めました。


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

メルマガシステム移行と
Facebookページの準備が
進んでおりませぬ。
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
今日は午後から、
メルマガのシステム変更を完了させるつもりでしたが
眠たい〜!
眠たい、眠たい!!
 ↓    



ので、
本能を優先して、昼寝してきます

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

自分のしたいように、が優先順位にします〜。

お( ̄o ̄) や( ̄O ̄) す( ̄。 ̄) みぃ( ̄ー ̄)ノ”

いつも、最後まで読んで下さって本当にありがとうございます!

テーマ : すこしでも参考になれば・・・
ジャンル : 心と身体

抱え込む体質

922882_393656127416879_130286382_n.jpg


今朝、ケアマネのGさんが、

母の入居申し込みの書類を、”出すだけ状態”で届けてくれた件、

正直なところ、心が揺れています。

東京いったり、なんだり、現実逃避を重ねる私の

首根っこを掴みながら、

それは、それは、にこやかな笑顔で、


「8月の復帰を考えたら、今動いても遅すぎます!」と。

しっかりGさんからお尻を叩かれてた状態です。



母の入居の手続きについて、Gさんからの情報では、

我が家の状況が状況であるので、

優先順位が高く、

今、この時期だと、申し込みをしたら、すぐに

入居できそうだ、とのこと。



一昨日、

大都市で、入居を4年待ちをされている方のインタビューを

見た所であるし、


知人には

お義母さまの入居を8年待ってようやく入居できたとたん、

入居して3ヶ月にもならないうちに、

お義母さまがお亡くなりになられた、という方もいて。


わたしはつい、

「すぐに入居できるなんて、わたしだけ恵まれた状況でええんやろか」と

言ったら、


敏腕Gさんは、

「それだけ、”優先されるべき状況にある”って事です!」

「どのご家庭も、お一人を介護されるのに、精一杯でしょう?」

「3人も見てる、なんて、ありえない、ってことです!」

「ちょっと休んだら、”まだできる!”とか、考えてません??」

と、きっぱり、さっぱり、

わたしの”抱え込み体質”を切り捨ててくれました。

(; ̄ー ̄A アセアセ・・・、、す、すみません。。。



仕事は続けたい。

でも、今の状況のままで、常勤で復職するのは難しい。

上司からも、この点については、指摘されていて、

「家族の入居手続き」が復職の条件でもあります。
注:離職を促す、という意味ではなく、わたしの事も考えて、のアドバイスとして

これが、「セラピスとの立場」から、「家族さんにむけてアドバイスするなら」

という眼差しで考えれば、

わたしの選択肢は、決まっているのです。

Gさん、上司のアドバイスは、とってもよくわかるのです。

でもね、わたしの”家族”への執着心が、なかなか意地っ張りで

「わかっちゃいるけど!」と、心から納得できないでいます。


今週いっぱい、しっかり悩んで、

ぎゃーすかわめいて、

自分の素直な気持ちと向き合ってみたいと思います。

その上で、

家族も、私も、みんなが幸せになる方法を

選択したいと思います。



*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

依存と執着と
”つながり”は違う、ってこと
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
心理学で、
カウンセリングで
さんざん学んできたことですが
 ↓    



実際、実体験として
解消していくことは
当事者にしか、わからない
苦しみがあります。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

今、悲しく、苦しい思いでいっぱいですが
”当事者”としての経験は、
かならず、わたしの強みとなる、と信じています。


拗ねても、怒っても、泣いても、ええやん♩

拗ねても、また歩きだしたらええんですもん!


いつも、最後まで読んで下さって本当にありがとうございます!

テーマ : すこしでも参考になれば・・・
ジャンル : 心と身体

手続きを始めました。

923457_394082274040931_430890064_n.jpg

午前中に、ケアマネのGさんが、

母の特別養護老人ホームの入居(書類上は入所)の申し込み書類を

”提出すればいい”だけの状態にして、

持って来てくれました。

Gさんが書いてくれた

”ケアマネージャー等の意見書”を読むと

自分のことなのに、泣けてくるのはなぜでしょうか?


まだ迷いはありますが、

一歩一歩、新しい選択を始めています。

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

ケアマネさんと話していると
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
自分が母の入居手続きを進められない
理由が
はっきりしてきました。
 ↓    



しっかり悩んで
しっかり迷って
いっぱい考えます

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



天気は最高!

わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい



いつも、最後まで読んで下さって本当にありがとうございます!

遅刻の常習犯



今日、火曜日は、

週一度、祖母、母、弟、3人が全員、

デイサービス、作業所に出かける日!


みんな元気良く出かけていくのを見送って
私も家を飛び出しました!



今朝は祖母もご機嫌でデイサービスに出発し、

母の胃瘻(いろう)の漏れなど、トラブルなく、

予定していた電車にも乗れました。



電車の座席に座ったとたん、

何とも言えない、

心の中で、小さな自分がジャンプしているような、

ワクワクしている自分に気づきました。




どこのご家庭も同じだと思いますが、

朝目覚めてから、家族を送り出す準備、

食事の片付け、

そして自分の準備、、、

いつもバタバタとせわしなく、

1分、1秒の時間に追われているようで、

イライラしている自分に

またイライラしたり。


休職期間に入ってから、少し心に余裕ができてきたおかげで

朝のイライラは減りましたが

それでも、

自分の”外出”になると、つい、家族を優先して

自分の準備は二の次、三の次。


朝早くから、出かけるために準備をしていても、

出かける寸前に、

母のトレイ介助が入ったり、

祖母の不穏が重なったり、

デイサービスのお迎えの時間が遅くなったり、

様々なトラブルが起こるので

「しょうがないな〜」と、

自分が遅刻することへの”あきらめ”が出ていました。

きっと、人からの信用をなくす、

遅れて当然だと思われている、

そんなネガティブな想いもいっぱいになって、

一時期は、出かけることも億劫になっていたことも。



でもね、最近は、ちょっと「居直り」を覚えまして、

「遅れます!でも行きたいから行きます!」

と宣言できるようになったり、

「家族は大事!でも自分はもっと大事!」とつぶやきながら

家事、準備の優先順位を考えて行動することを始めました。


そうすると、

不思議ですが、イライラが減っただけでなくて、


「予定していた時間に家を出る」

「予定していた電車に乗る」

当たり前のことが、”実行”できる事は増えました。


日常の雑務が減る訳ではありませんが、

遅れる、どうしよう!?、早くしなきゃ!と

無駄にうろたえることは減ったかも、です^^;;


予定している時間に出発し

予定している場所に行けること。

普通のこと、ですが、

今日は、妙にその、普通のことが達成できたことに、

目的地に着く前から、

ワクワク、どきどき、うれしい、お出かけとなりました。



*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************
たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

今日はランチセミナーに参加。
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
おいしいお食事のあと、
笑いと驚きに満ちた
お勉強!?をしてきました。
 ↓    



素敵な空間、お食事はもちろんですが、
参加されている方々が
本当に素敵でした〜☆!

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


新しい、お友達もできて、
今日も素敵な1日でした!
わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい



いつも、最後まで読んで下さって本当にありがとうございます!

滋賀県で"痴漢等多発警報"



今日、NHKの滋賀ニュースを聞いていたら

滋賀県で「痴漢等多発警報」が発令されたと( ̄Д ̄;;

こちらのニュースは、今年3月のものですが

去年から、

この、「痴漢等多発警報」やら

「振込詐欺警報、注意報」が時々発令されております。


わたしの住む地域が、よく「警報地域」として

登場しております(( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄))ンーン


田舎なのでね〜。街頭なんてものは、ホントないし、

それどころか、信号も、

とぉ〜くにいかないと行けないような地域なんですよね。


笑い事ではなく、

このニュースには、いろいろ考えさせられました(-_-)ウーム


今日、気になった他のニュースは、

横浜の待機児童”ゼロ”と一緒に放送された

都会の”待機高齢者”のニュース。

施設入居希望待機総数が、全国で42万人とも言われていますが

NHKのニュースでは、特別養護老人ホームに入居希望を出して

4年待ちのご家族がインタビューで、切実なお気持ちを

お話しされていました。

特養など施設への入居待ちの問題は、地域によって

差が大きいのも問題なんだな〜とこれも改めて感じました。

今回も、大都市、東京や大阪など、都市部での

施設不足についてと、それに対する新しい対策について

強調されていました。


ベッドシェア、

施設のベッドを複数人で使う発想で、

数ヶ月施設で過ごし、また自宅で戻って数ヶ月過ごすを定期的に

利用されてる方のお話もありました。

新しい取り組みをされている所もあるんですね。

ベッドシェアを利用されておられる方、おられますか?

知らない情報が多いので、


みなさんがご存知の情報など、

教えていただけるとうれしいです!




滋賀は、今日も快晴!

日差しがあるとろこは、肌が痛くなるほど。

午後から半袖で過ごしました。

でも、日陰になると、まだひんやりする、そんな一日でした。


急激な気温の変化に、

体温調整が苦手な母が、

すでにヘロヘロ状態になっています

「熱中症注意報」も出ているようですね。


気温の変化に身体がついていかない時期。

みなさま、お体ご自愛くださいね。

わたしも、

明日もええやん、ええやん♩でゆるりと過ごします^^

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

あと、気になったニュースは
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
発達障害のお子さんが
特別支援学校に入学するケースが
増えていること
 ↓    



特別支援学校が、
教室が足りない、
施設が整備されていないままの
ところが増えている!というニュース。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


特別支援学校は、
施設基準がない、ということも
今回初めて知りましたーー;;


いつも、最後まで読んで下さって本当にありがとうございます!

家族の誰かを”スケープゴート(scapegoat)”にしていませんか?

942997_393251810790644_1069868240_n.jpg


梅雨の前の、さわやかなお天気となりました。

心のざわざわ感はとれたのですが、

思い出すこと、思いついたことがたくさん出来ていました。

予定外ですが、

思いついたことから、先に記事をアップしていきたいと思います^^





家族を介護していると、いろいろな事が”重なる”ことがあります。

我が家でも、

母が肺炎で入院した3日後に、

祖母が転倒して骨折で入院し、

その翌日に、義兄が緊急入院した!という

ハプニングや事件が重なったこと、

一度ならず、何度も体験したことがあります。



わたしの周囲でも、

ご両親が同時にご病気になった友人、

家族の介護をしているなか、自分も病気になった人。


なんでやねん!というぐらい、

次々、問題が起きるとき、

それまで以上に”大変なこと”が積み重なるときがありますよね。


いくつもの問題が起こったとき、注意しなければ!と思う事があります。


家族を複数人、介護する状況になったとき、

わたし自身が経験したなかで、

反省をこめて、実感していることは、

家族の誰かを


”スケープゴート(scapegoat)”


”生け贄の山羊”にして

家族や自分の問題から

目を背けてしまうことがある。



具体的にわたしがどんな失敗をしたか?


”大変な状況”をすべて

”祖母のせい”にして、

自分のストレス、怒りをすべて

認知症状が出始めた”祖母”にぶつけていました。


もともと、わたしは母、弟の介護とケアを20年以上続けてきましたが、

この間、わたしを支えてくれていたのは”祖母”でした。

働く私の変わりに、洗濯物を担当してくれたり、

衣類の片付け、ボタン付けなどなど、

わたしが気がつかないところ、行き届かないところを

祖母は細やかな心遣いで、助けてくれていました。


でも、祖母も90歳を前に、

様々な変化が出てきました。


トイレに間に合わない

物忘れをする

洗濯物を乾かそうとして、ストーブで焦がす

鍋ややかんの空炊きが続く。


少しずつですが、祖母の”後始末”をする事が増え、

私の仕事量は増えて行きました。


今年2月に長期の休職をとるまで、

わたしはずっと、

「祖母が認知症になったから大変なんだ!」と

周囲に言い続けてきました。

実際、「寝たきりの母」と

ある程度、私の意図を理解して動いてくれる

「知的障害の弟」の介護やケアは、

わたしの”予想の範囲内”、

わたしが「コントロール」できる範囲内だったので

母たちの介護を「大変」だとは感じていませんでした。


でも、認知症の症状が出始めた祖母の言動や行動は、

「わたしの想像を超えるもの」で

わたしには「コントロール不能」のことばかりが起きていました。


私は予想外の祖母の言動に混乱し、怒り、

「今、わたしがこんなにしんどいのは、すべておばあちゃんのせい!」

と祖母を責めていました。


祖母の状態さえ落ち着けば、わたしは今まで通り、

介護と仕事、プライベートを充実させることができるのに、と

本気で思っていました。



休職に入り、しばらくたってから、

敏腕ケアマネのGさんと話す機会がありました。


私が「休職をとれて、ゆっくりおばあちゃんと向き合うことができたから、

 ずいぶん楽になりました!」と話すと、

Gさんが、ぽつりと、

「おばあちゃんのせいじゃない、って気づいたでしょう?」と。

最初、Gさんの言葉の意図がわからんず、ぽかんとしていると、

Gさんは続けて

「確かに、おばあちゃんの状態で大変だったのも事実だけど、

 きょんさんが、疲れ果てたのは、おばあちゃんが主原因じゃないでしょう?」



「もともと、ずっと長い間、1人で、何もかも、やろうとしてたことが問題じゃないの?」と。


・・・(゚_゚i)ー・・・

・・・(゚_゚i)ー・・・

・・・(゚_゚i)タラー・・・、、、、正直、冷や汗を書きました。


私は3年間、心理学を学んできましたし、

仕事場でも、患者さんや利用者さんの「感情のもつれ」を

読み解くことには、少し自信があったのです。

だから、自分は「感情のもつれはない」、

自分には問題はない!

すべて、「おばあちゃんが悪い!」といつも苛立っていました。


だから、

ケアマネGさんの言葉を聞いて、一瞬、

そんなことない!と反論をしました。


でも、Gさんの、耳がイタい言葉は、

私の心にずっんと重く、ひっかかりました。


冷静になって、Gさんの言葉を受け取ると、

その通りだ!と思いました。



母や弟たちの介護とくらべると、

それほど”手はかからない”のです。

ただ、「予想外」のことばかり起こるので

わたしが今まで必死に守って来た

「自分の力でなんでも解決する」

「自分の力ですべてをコントロールすること」が

できなくなっていました。

でも、
振り返れば、祖母の認知症の問題がなくても、

20年もの間、
母が寝たきりになるなど、

さまざまな状況が変わって行くなかで

自分の力でなんでも解決する、

自分の力でコントロールをすることへの

限界も感じている時期でした。


自分1人で抱え込むやり方が通用しない、と感じ始めていたころに

祖母に認知症状がみられるようになった。

それなのに、

「今、こんなに大変なのは、おばちゃんのせい!」と

自分の問題を棚上げにして、

祖母の言動を責めて、

祖母は余計に混乱して状態が悪化する、そんな悪循環にはまっていました。



自分の反省をふくめて、感じていることがあります。

それは、

長年、家族を介護してきた人は

がんばってきた分、自分のやり方が”できあがって”いますし、

それ以外の”やり方”に変えることは、とても大変なことです。

人は、
「変わらない」ことへも怖れを感じますが、

それ以上に、

「変わること」にも大きな怖れとストレスを感じやすいのです。


でも、長年介護で家族と向き合っていると、

家族の構成も、力関係も、心の状態もどんどん変化していきます。

その都度、変化が求められます。

今までの自分のやり方が通用しない、と思い出した頃に、

いろいろなハプニングが重なり、

さらに「今まで通りのやり方」が通用しない事態がおこります

わたしたちは、
ものごとは、「主観」でしか見えません。

自分の考えや、やり方を基準にして、

人を裁いたり、物事を判断しています。

それは、どんな人も同じだと思います。


でも、何かハプニングがあったとき、

問題が重なり、どうすればいいの!?と思った時、

本来の問題に気づかず、

自分を、

あるいは他の誰かを”スケープゴート(scapegoat)”にして

罰しつづける方法をしているとしたら、

それは、とても悲しいことです。

辛いハプニングは

もしかしたら、

「今までの自分のやり方を見直す時期」を

教えてくれるサインなのかもしれません。




*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************
たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

家族を生け贄の山羊にするかわりに
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
自分を生け贄の山羊にしている人も多いと感じています
 ↓    



自己犠牲は、一見美しく見えますが
悲しいけれど

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


誰1人、
幸せにすることは、できないんです


いつも、最後まで読んで下さって本当にありがとうございます!

拗ねていい、愚痴を言っていい、と思えたら。

canstockphoto10931032 のコピー


昨日から、心がざわざわした感じでいましたが、

朝、大阪へ向かう途中で

拗ねるてやるー!

愚痴ってやるー!


そう、決めたとたん、

電車の中で爆睡モードに突入。


そして、大阪に着いたころには


なぜだか、こころがすっきりして、


心のざわざわ感がとけていきました w( ̄o ̄)w オオー!


要は、、、


「愚痴りはじめたら、とまらない!」とか

「弱音を言い出したら、もう二度と立ち上がれない」とか

「拗ねだしたら、とんでもない、ひどい状態をさらす!」とかとか


とんでもなく、ひどい人間になることを恐れて

自分に「禁止」していたことが

一番しんどかったんですね〜。



ただ、自分に「どんな自分でもええやん」と許可しただけ。

それだけで良かったみたいです。


しんどいとき、

怒ったり、泣いたり、拗ねたり、八つ当たりしてもいい!

と思えたら、

逆に、「八つ当たりする」必要がなくなる。


いつも、こんな風に解決するわけではありませんが、

わたしも自分への禁止事項を1つずつ解除しながら、


引き続き、
ええやん、ええやん モードでいきます!

♪( 'Θ')ノ~☆


たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

ええ人でいるのをやめると
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
逆に
 ↓    



「ええ人やねー!」
と言われたりね。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

自分を大切にすることは
結局、誰かのことも大切にできるようです。

いつも、最後まで読んで下さってありがとうございます!
(o^o^o)あ(o^-^o)り(o^o^o) が(o^O^o)と(o^.^o)う

今日は拗ねる日にします。



おはようございます。

応援してもらえるために3を書いていたのですが、

昨日、心のざわざわ感がとれず、一旦、文章を眠らせることにしました。

今日の夜、あるいは、明日の朝に、投稿したいと思います^^



昨日、今日と、大阪に日帰りで勉強に行っています。

朝、祖母、母、弟、3人そろった状態で、バタバタとでかける二日目、

さすがに疲れた!!のですが、

予定通り、電車に乗れて一安心しています。



昨日、心理学をベースにした、「自分、人の才能をみつけよう!」という
面白い勉強をしてきました。


でも、心理学がベースである内容なので

自分の過去の出来事、自分の心を深堀りする作業を1日することになります。


ので、楽しい反面、

疲れる!!!作業でした。

過去、自分が置き去りにしてきた感情がどんどん出てくるので

これがまた、キツい!!


例えば、

子どもの頃の虐待のこと。


大人になったわたしは、「親も大変だったから」と

普段は”頭”で理解しようとしています。


でも、

子どものわたしが、当時感じた

恐怖

怖れ

悲しみ

苦しみ



どうして!

どうして自分がこんな目にあわなきゃならないの!!!!!

どうして????

どうして??????


理不尽な扱いをされた自分に対する、悲しみや怒りが

どんどん出てくるんです。


子どもの頃のことだけでなく、


一昨年、去年にまたいで、

祖母が骨折と膵炎を発症して、

入院したものの、「明日には転院を!」と迫られたときの事とか、


1人ではどうしようもない!という状況を


なんとか、1人でやりきった時の


周囲、社会に対する失望感、怒りが

今頃になって、出てきました。


そして、

誰もわかってくれない!

この絶望感は、自分1人で抱えるしかない!!!って

どんどん、底に落ちる感じ。


底に落ちる感じと、

周囲への怒り、

「努力しないで、甘えたこと言わないでよ!」と

自分や人を責める言葉とか

( ( (__|||) ) ) どよぉ~ん。。。って来ていました。


でもね、

正直なところ、

虐待した親のことも、

当時、手伝ってくれなかった姉のことも、

その他の人たちのことも、

責めることができなかった自分からしたら、


もう、ええやん!って感じなんですよね。


人を理解する人に。

人の心により添える人に。

人の変化を待てる人に。


そんなことは、もう、十分すぎるほど

わかってるし!!!!


もう、いっぱいいっぱい、やって来たわけです。


自分のことをさておいて、

人を理解しようとしてきた、

人のために頑張って来た!!!!


のに、

自分に愚痴をいうこと、

誰かに文句をいうこと、


誰かを責めることを、


わたしは自分に許可できなかったのです。


だから、今は、

拗ねたり、

怒ったりする自分にOK! を出しています。


あんたら、わたしの事、わかってないよ!

わたしのこと、わからず、

わかったようなこと、言わないでよ!!!

って、拗ねまくろうと思ってます (○`ε´○)ノおう♪


あるがまま、

いっぱい拗ねてから、

それから、


また考えます(爆)

ええ人にならんでええんですよ〜!

時には、いっぱい、拗ねちゃいましょう!

ええやん、ええやん チュッ♪( 'Θ')ノ~☆


**********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    
会場がわからないまま
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
とりあえず、電車に乗り込みました〜!
 ↓    



無事会場に到着できたら
奇跡!(笑)

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

今日は一日、
人任せ、
運任せでいきますーー!


いつも、最後まで読んで下さって本当にありがとうございます!

チュッ☆^ヽ( ̄・ ̄*)=(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ

周囲から応援してもらうために(2)コミュニケーションを振り返る


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
注)どうしようもない、疲れている!時には、
すぐに、
誰かに、
助けて!と言って下さい!
状況を説明する必要はありません!
まず、
「疲れた、動けない、休みたい」それだけでもいいのです。

ケアマネージャー、他の家族の方に、
「疲れた、できない」と言って下さい!

周囲には、あなたを助けたい!そう思って待っている人たちが
たくさんいます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


周囲から応援してもらうために(1)の続きです^^

我が家では、

今、不定期ですが、週1回〜2回、結婚している姉に

手伝いに来てもらっています。



が、姉に気兼ねなく、

「手伝って!」と言えるまで、2年はかかりました。


というのも、

母が寝たきりになった当初、

姉に「手伝いに来て」というと、

あからさまに不機嫌になったり、

イヤそうな表情をするので、

それを見る自分がイヤだったんですね。

なんだか、姉の表情から、自分が助けて!というのが

甘えのような気がしたり、

姉から無言で「甘えるな!」っと責められている気分になったり。


姉の不機嫌な顔を見るぐらいなら

自分が1人で頑張った方がマシ!と、

妙な決心け強固にしていきました。

だから、母が寝たきりになって、最初の1年間は

姉の協力は、月1回、2時間程度お願いできるかどうか、

そんな状況でした。




この当時のことを、振り返ると


本当のところは、

姉も私も、

お互いに「思いこみ」が強くて

ちゃんとコミュニケーションをとっていなかった、のです。


というのも、

「姉が不機嫌になる」「イヤそうな顔になる」と思い込んでいた件も、

私は、姉の表情を見て

『「手伝いにくるのがイヤ!」だから、そんな表情するのね!』と

腹を立てていたのですが


私が「イヤそうな顔」に見えた、姉の表情のウラにあった

姉の本当の気持ちは

「私に母の介護ができるんやろうか?」

「胃ろうの処置、わたしにもできるんやろうか?」

「妹のように、ちゃんとできるんやろうか?」と

様々な不安な気持ちと、

自分にはできないかもしれない!という

思いこみから「表情が固まっていた」のです。


でも、なぜだか、

姉も、自分の不安な気持ちをわたしに

言葉としては伝えない(たぶん、私に気兼ねをして伝えられなかった)。


そして、私も、「手伝うのがイヤなんでしょう!」と

ひねくれた眼差しから姉の言動をみるので、

さらに「手伝いたくなさそうに見える」悪循環をおこしていました。


姉も手伝いたくない、と思っていたわけではない。

「自分にできるかどうか不安だった」だけなのです。

単に、お互い、「コミュニケーション」をちゃんととっていなかった、

それだけの事で、長い時間、すれ違いをおこしていました。


わたしの場合、

自分のコミュニケーションのパターン、

人に自分の気持ちをうまく伝えられない、

伝わらない、と感じることは、

家族間の中だけでなく、職場でもおきていました。


それも、自分が「言葉にしていかった」ことが原因で。

コミュニケーション不全が原因で、

職場でもプライベートでも、人間関係のすれ違いや問題が

山のように起きていました。

人間関係の苦しさから抜け出したくて、

私は心理学を学びはじめました。

そして、

自分の思いこみのパターンに気づく事ができました。



でも、日々、介護に追われていると、

一番身近にいる「家族介護者」はそうとう追いつめられていて

心に余裕がありません。

そうなると、

「これぐらい、気づいてよ」

「あなたから、声をかけよ!」

「あなたから、積極的に関わってよ!」と

「してくれない!」

「気づいてくれない!」

「積極的に、手伝ってもらえない!」

そんな気持ちで、同居していない家族や親族を

責めてる気持ちを抱くことは不思議ではありませんし、

そうなって当然だと思います。

実際、わたしも、「誰も助けてくれない!」と感じ、

孤立、孤独間でいっぱいでした。



でも、

同居していない、

少し距離がある「家族、親族」にとって

「家の中」はもちろん、

同居している「当事者」の心まで

想像することは、容易なことではありません。

「察して、感じて、動いてよ!」という同居家族の思いは、

「超能力、以心伝心、エスパーになってコミュニケーションとってよ!」

と言ってるようなもんなんです。(^▽^;)

まして、医療ケアや介護には技術や経験が必要ですし、

別居している家族は

どこまで私たちが入っていってもいいの?」と

不安な気持ちも抱いています。


だから、

積極的に手伝ってもらえない、状況の中にも

相手が「したくない」と思っている場合と、

「わたしにできるかしら?」

「どこまで、声をかけたらいいのかしら?」と躊躇している

パターンがある、と思うのです。


ですから、もし、

「協力してもらえない〜!」

「手伝ってもらえない〜!」と思う時、

とても苦しいことばかりですが、

今こそ、チャンス!だと思って


別居している家族、親族と、自分との

「コミュニケーション」をちょっと

振り返ってみてはいかがでしょうか?


手伝ってもらえない、とあきらめた事の中に

相手に、具体的に伝えてもとめたか?

言葉にたさずに、

自分の頭の中だけで、

環境や条件、相手の表情から

「手伝ってもらえない」と思い込んで

お願いできていないことがないのか??


そう、振り返るだけで、

すこし、「あれ?言ってなかったかも!」と

新しい発見もあるかもしれません!


明日は、

自分のコミュニケーションのパターン、

思いこみに気づきやすくなる、簡単な方法について

書きたいと思います^^

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

自分の希望を伝えるのは
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
断られてら、どうしよう?
迷惑に思われたら、どうしよう?
とても怖いことですが
 ↓    



伝えることも、
練習や経験をつむことで

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

どんどん楽に、
できるようになります^^

いつも、最後まで読んで下さってありがとうございます!
(o^o^o)あ(o^-^o)り(o^o^o) が(o^O^o)と(o^.^o)う

テーマ : すこしでも参考になれば・・・
ジャンル : 心と身体

バリアフリーの”現実”



生まれて初めて、自分用に買ったぬいぐるみ”クラッシュ”。

ダッフィーより、ミッキーやミニーより、可愛いと思うのは
私だけか!?と思っていましたが

朝起きたら、弟の椅子に、朝日を浴びているクラッシュを発見!

、、、弟に取られちゃいました。

***********************************************
昨日、一昨日と、

大事な友人の、「家族旅行」におじゃまさせていただきました。



普段、私も弟や祖母との外出で、

駅などの施設に不便さをよく感じますが、

「宿泊」となると、不便さどころでない、

困った場面に遭遇することを、改めて実感しました。


今回、友人は念入りに下調べをし、

ホテルにも問い合わせをして、

「バリアフリー」のお部屋を予約していました。




「バリアフリー」のお部屋のはずなのに、

トイレ、お風呂の手すりが

片側しかついていない!

麻痺がある方、ご高齢の方にとって、

手すりは必需品。


それも、両側必要なのです。


ご病気やお体の状態によって、

使いやすい手、足に力が入りやすい方はそれぞれ違うので、

両側に手すりがないと、

”使えない手すり”にしかなりません。


お風呂の手すりも、

浴槽の出入りに使うはずの手すりなのに、

手の届くところに手すりがない!

ところに設置してあったり、

手すりがある側に蛇口があるため、

足が当たって、そちらから、出入りができない、などなど。



浴室、トイレを見る限り、

「手すりを付けられるところにつけました」状態に思えました。


障害があろうが、なかろうが

「手すりを使う状態」を想像して、

使う人の動線を考えたら、

こんな所に、素人でも付けんやろう!?と。


天下のデ○○二○のやる仕事か!?(=`(∞)´=) ブーブー!!

これこそ、「仕事としかみていない」

「人を見て仕事をしていない」典型だな〜と。





その他にも、

私には気づかない、「困った点」を

友人と友人のご家族に教えていただきました。


部屋とトイレの出入り口に、

わずかな傾斜があり
(言われるまで私も気づきませんでした!)

車いすを自分で操作しながら

トイレへ出入りする時に、力がとてもいること。

トイレの扉が、引き戸で使いやすい反面、

開いた衝撃で、また扉が跳ね返って戻ってくる事。

言われてみると、

「これ、私でも怖い!」という点がいくつも出てきました。



すべて、”現場”に行って、

実際に、車いすで移動したり、

実際に気づかないことばかり。

考えさせられることばかり。


でも、

環境や設備の不備の問題がたくさんあるなかで

友人のご家族、

友人が、

「大切な時間にしたい!」という想いにあふれ、


ホテルのスタッフの方々に協力をしていただきながら


「部屋にあるもの」で、できる限りの工夫をし、


問題を「知恵」と「工夫」で楽しげに乗り越える姿は

本当に素敵な光景でした。

そして、

友人家族のリクエストにできる限り、

応えようと寄り添ってくれた

たくさんのホテルマンの方々の笑顔に、

何度も感動しました!



今回の旅行ほど、「家族」「当事者」の声を、

たくさん外に発信していかなければ!(  ̄0 ̄)Ψオォーーイ!!

強く感じたことはありませんでした

「この設備あったらいいな」

「こんなサービスがあればいいな」を


声に出していくことで

たくさんの方が「良かった!」と思える環境が

1つ1つ整えていく!そう実感しています!

自分のできる事、小さなことを、1つ1つ

行動していきたいと思うできごとでした。


**********************

[@yahoo.co.jp アドレス未送信について]

・メルマガ、現在、5月6日、5月13日の2通配信いたしました。

・メルマガをご登録いただいているみなさまの中で

 1通も届いていない!方はおられますか?

・本日、メルマガシステムを確認したところ、

@yahoo.co.jpアドレスで50通以上、
「未送信リスト」となっておりました。

すべて「@yahoo.co.jp」アドレスだったため、

「迷惑メール」として、認識された可能性があります。

ヤフーアドレをご利用いただいているみなさまで、

メルマガが届いていない!という方がおられましたら、


「迷惑リスト」設定状況をご確認いただけると助かります!


また、文字化けなど、問題がございましたら、

 
⇒メールアドレスへの送信で
kyonchan_kaigo@excite.co.jp


お知らせいただけると助かります!

よろしくお願いいたします
よm(。・ω・。)mろm(。-_-。)mしm(_ _)mく


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

シーサイド側のお部屋で
見る風景は
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
夢の国そのものでした!
 ↓    



夢の国のキャストさんたちの
笑顔で

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

困った事でも
「できたー!」になる瞬間も

たくさん体験させていただきました^^

我が家も、さっそく、夢の国への
計画を立てます〜!

いつも、最後まで読んで下さってありがとうございます!
アリガト♪(*゚ 3゚)/~チュッ♪

周囲から応援してもらうために(1)


憧れのミラコスタから!

ホントに、夢の国でした
**************************************

東京へ1泊2日出かけている間に、

何人の方から、


「周囲に頼みたいけれど、頼めないんです」と

切実なお気持ちをいただきました。


祖母のショートステイ話の前に、

先にお伝えしたいことが出てきましたで、

今日から「応援してもらうための準備」について

少し書きたいと思います。


我が家事情をお話すると


母は早くから「心」を病んで精神的なフォロー役を

私は10代前半には、していました。

その後、母は、脳梗塞、脊柱圧迫骨折、パーキンソン病と

次々病気を発症し、

5年前に、くも膜下出血を発症し、ほぼ寝たきり状態になりました。


わたしが15歳の時に、父が癌を発症し、

その後、闘病を繰り返していたので、

家族をフォローしてきた歴だけでいうと、

25年以上になります。


が、


我が家には、長女である姉がおりますが

この間、まったく「手伝ってくれる」ことはありませんでした。

当時は、「わたしに関係あるの?」という感じでした。




今でこそ、

月何度も、我が家へ宿泊つきでヘルプに来てくれていますが、

この協力をしてもらえるようになったのは、

ここ1〜2年のことです。


3年前には、月1回、半日手伝いにきてもらうだけでも、

姉はあからさまに

「イヤ」そうな表情と言動をしていました。


「姉のイヤそうな顔」を見るのが嫌で、

わたしはさらに「頼めない病」


1人で介護とケアを抱え込む、悪循環となっていました。


当時、

半日も、手伝いに来ることを拒んでいた姉に対して、

私は「助けてくれない!」と不満だらけでした。


でも、人間関係の問題から

わたしは3年間に心理学を学びはじめたのですが、

学んでいるうちに

「自分が上手に伝えられていなかった」ことに気づきました。


「伝え方」を変えたことで、

姉だけでなく

職場の協力を得られやすい状況が、できはじめています。


具体的なお話を、

次にしていきますね!

ちなみに、
先日書いた「自分から先に与えること」

コミュニケーションのヒントになるかと思います。

また、このお話も、からめながら
書いてきますね!

**********************

[@yahoo.co.jp アドレス未送信について]

・メルマガ、現在、5月6日、5月13日の2通配信いたしました。

・メルマガをご登録いただいているみなさまの中で

 1通も届いていない!方はおられますか?

・本日、メルマガシステムを確認したところ、

@yahoo.co.jpアドレスで50通以上、
「未送信リスト」となっておりました。

すべて「@yahoo.co.jp」アドレスだったため、

「迷惑メール」として、認識された可能性があります。

ヤフーアドレをご利用いただいているみなさまで、

メルマガが届いていない!という方がおられましたら、


「迷惑リスト」設定状況をご確認いただけると助かります!


また、文字化けなど、問題がございましたら、
 
⇒メールアドレスへの送信で
kyonchan_kaigo@excite.co.jp


お知らせいただけると助かります!

よろしくお願いいたします
よm(。・ω・。)mろm(。-_-。)mしm(_ _)mく


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

今まで自分へのお土産を
買った事がなかったのですが
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
今回、自分用の
ぬいぐるみを買いました!
 ↓    



ミッキーでも、ミニーでもなく

ダッフィーでもない、そいつは

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

バカでかい、クラッシュ!

むっちゃ、幸せなり〜!



いつも、最後まで読んで下さってありがとうございます!
アリガト♪(*゚ 3゚)/~チュッ♪

テーマ : すこしでも参考になれば・・・
ジャンル : 心と身体

メルマガ登録について:ヤフーアドレスへの送信について


手だけ出演。
**********************

[@yahoo.co.jp アドレス未送信について]

・メルマガ、現在、5月6日、5月13日の2通配信いたしました。

・メルマガをご登録いただいているみなさまの中で

 1通も届いていない!方はおられますか?

・本日、メルマガシステムを確認したところ、

@yahoo.co.jpアドレスで50通以上、
「未送信リスト」となっておりました。

すべて「@yahoo.co.jp」アドレスだったため、

「迷惑メール」として、認識された可能性があります。

ヤフーアドレをご利用いただいているみなさまで、

メルマガが届いていない!という方がおられましたら、


「迷惑リスト」設定状況をご確認いただけると助かります!


また、文字化けなど、問題がございましたら、

⇒フォームからの送信方法か
ご意見、ご感想フォーム
 
⇒メールアドレスへの送信で
kyonchan_kaigo@excite.co.jp


お知らせいただけると助かります!

よろしくお願いいたします
よm(。・ω・。)mろm(。-_-。)mしm(_ _)mく


*********************************************
メルマガ配信しています〜☆!


ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


空メール登録、簡単です^^

このアドレスに
空メールをいただければ、登録できます!
⇒こちらteaOx@mail.os7.biz


ご意見・ご感想お待ちしております
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

10時に家族を送り出してから
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
眠って
 ↓    



目が覚めたら14時でしたΣ(゚д゚;) ヌオォ!?

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

1週間、寝不足でしたので
今日は、お休みデー。

と、言ってる間にも

もうデイサービスから帰ってくる時間だー!

ウォー (丿 ̄ο ̄)丿

ウォー (丿 ̄ο ̄)丿

、、、ぼちぼち、いきますわ〜(笑)

アリガト♪(*゚ 3゚)/~チュッ♪

メッセージありがとうございました!



お花と笑顔があふれる、”夢の国”に行ってきました。
************************************************

昨日、一昨日と、東京へ行っていました。

不在の間、はじめて「予約投稿」設定をしたのですが、

あとから読み返すと
文章がいつも以上に乱雑な感じで

自分でも「ヤだな〜」と思いました。


あらためて、「今感じる」ことを丁寧に

文章にしていきたい!と感じています^^


不在の間、

メッセージ、メールをたくさん頂いていました!

驚きとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。



ネットができる環境におらず、

お返事が遅くなり、申し訳ありません。


明日以降、お返事させていただきます!


本当にありがとうございました!

明日も、みなさまにとって

最高の一日になりますよう!

*********************************************
メルマガ配信しています〜☆!


ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


空メール登録、簡単です^^

このアドレスに
空メールをいただければ、登録できます!
⇒こちらteaOx@mail.os7.biz


ご意見・ご感想お待ちしております
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

亀の”クラッシュ”ご存知ですか?
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
大好きな”キャラ”なのですが
 ↓    



某ねずみの海の国で
”タートルトーク”で

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

大興奮!

泣いたり、

笑ったりの二日間でした。





アリガト♪(*゚ 3゚)/~チュッ♪

サービス利用のことはじめ(1)

先日、知人からショートステイの利用について

相談がありました。


利用してみて、母、祖母の状態に変わりはないのか?

なにか大変なことはないのか?

等々、
初めてのサービスを利用する時には

いろいろ心配なことがありますよね。



ショートステイや、

他のサービスの利用をためらっておられる方から

相談を受ける時、

私個人の、考えですが、

お伝えすることは、

「本人も家族も健康で、体力があるうちに、サービスを利用して、

 慣れていくほうがいいよ」と。


あくまでも、個人的な意見ですが、


人は、年齢をおうごとに、体力が低下するごとに、

新しい環境に対する「適応力」が下がって行きます。




通所サービスにしろ、入居サービスにしろ、

「はじめての利用」まで本人、

家族ともにストレスが出てきますし、

サービスになれるまでに、相当時間がかかります。


だからこそ、

元気で、

「イヤなものはイヤ!」と

言えるパワーがあるうちから

たくさんの選択と、体験ができる機会が

あったほうが、その後の生活の

本人、家族全体の満足感に

つながるのでは、と思います。


元気なうちに、

いろいろなサービスにでかける

「きっかけ」を作れる方が、

家族としても

安心できることが多いのではないかな?とも考えます。


我が家でも、

祖母のショートステイ利用であたふた中なので、

ご参考になるかわかりませんが、

我が家事情を、


明日お伝えしたいと思います^^


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

我が家でも、
祖母のショートステイ利用
前後は大騒ぎ!
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
祖母の混乱と
悲しい顔を見るのが
辛いのですが
 ↓    



今回4回目にして

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

「しょうがないわ、行ったるわ!」
と、前向きな発言が才才-!!w(゚o゚*)w

”慣れる”ことに、
時間はかかりますが、

なんとか、なるもんですね。

いつも、最後まで読んで下さってありがとうございます!

アリガト♪(*゚ 3゚)/~チュッ♪

テーマ : すこしでも参考になれば・・・
ジャンル : 心と身体

在宅介護・3ヶ月後ぐららい燃えつきるワケ

260338_390611687721323_207105239_n.png
「愛星」

またまた新しい多肉ちゃんをゲット。
かわいいですよ〜。うっとり。
**************************************
「在宅介護・最初の1〜2ヶ月は”作業慣れ”の時期」の続きです。


退院直後、

在宅介護が始めた1〜2ヶ月間は、初めての事だらけです。


初めてのトイレ介助。


初めての食事介助。



初めての通院介助。


「介護」「作業」を

「できるようになる」ことに気持ちが向きやすくなります。

一生懸命に、

「なんとか上手にできるように」

「なんとか短い時間でできるように」

「なんとか家族の健康と生活をまもれるように!」

必死のパッチ。

私も、自分がこんなに

「勤勉」

「まじめ」だと知らんかった!と思うぐらい

コツコツ、毎日「介護生活」に向きあっていました。


この時期は、

退院したばかりの”家族”は、体調も安定しないし、

家族介護者もヒーハーな時間、時期だと思います。
こんな時期だからこそ、


しっかり休息をとる。

しっかり自分の時間をとる。

しっかり遊ぶ!



そして、「家族」としての自分を見失わない。


なぜなら、一生懸命に没頭すればするほど、

3ヶ月目以降には、どーーーんと反動がきやすいから。


つまりね、

家族介護者が
頑張れるのはせいぜい3ヶ月ぐらいなんですよ!


なぜなら、

だいたい、2ヶ月目ぐらいで、

「在宅介護」の日常の形ができあがる、

 つまり
 
「習慣化」します。


「習慣化」すると、


介護がどんどん作業化していきます。


この作業化も、ある意味、必要ではあるとは

思うのですが、


介護を「作業」と感じ始めると、

その「大変さ」「量の多さ」「時間がかかる」などの

現実的な問題に直面していきます。


そして、

習慣した生活を3ヶ月目の頃の生活はこの3文字!


「同じ作業」 「繰り返し」 「毎日」



このキーワードを見て、

みなさん、どんなイメージをもたれますか?





ここ、だと思うんです!

家族介護者が最初にはまりやすい、

「燃えつきる理由」は!


「同じ作業」「繰り返し」「毎日」!!!




在宅介護が始まったころ、

「新しい生活のパターン」を作り上げるまで、

みんな「燃える」わけです。


できないことができる達成感。



一生懸命することによって得られる変化。



「変化」と「成長」は

人間にとって、とっても「快楽」刺激ですよね。



でも、なんとか、努力で


「新しい生活のパターン」が作れちゃうとね、


今度は「変わらない日々」となります。

安定はするけれど、変化がない日々。

その中に、”快楽刺激”はほとんどありません。



あれほど「安心して過ごしたい」と願っていた日々が


苦痛へと変わって行きます。


それに、
介護に関する雑務に慣れたとしても、

その結果が、

家族の健康や笑顔に結びつかない現実にも

「気づいてしまう」から。


努力しても、努力しても、家族は体調を崩す。


努力しても、努力しても、食事を食べてくれない。


自分が頑張っても、家族の状態が良くならない現実。


それどころ、体調を崩したり、身体がどんどん固くなる。

身体がどんどん動きにくくなる。


どんどん「悪くなる結果しかでない」としても、



「同じ作業」「繰り返し」「毎日」を続けなければならない。


ひたすら、繰り返し、です。




最初の1〜2ヶ月、


自分のしたいことを我慢したり


自分のことを置き去りにして

必死に頑張った人ほど

努力に対する見返が欲しくなります。


人間ですから!

努力したことの、結果が欲しくなるのが当然です!!



でも、「在宅介護」の日々の中で、

「努力に対する見返り」を得ることは、

難しいのが現状です。



「家族の健康を守りたい」

「安心して、家で過ごしてもらいたい」

その願いで一生懸命”がんばる”のに、


思う結果がでない!

でも、毎日の”介護生活”を止めるわけにはいかない。


袋小路。

閉塞感。

孤独感。


頑張ること、家族に向き合うことが

悪いことなのではありません。



自分をどこかに置き去りにして


自分のしたいことをせず、

自分の時間をとらず、


何もかも、家族のためだけに

動いてしまうこと、


「自己犠牲」でなりたった「在宅介護」は

必ず、燃えつきます。


だからこそ、

在宅介護が始めたばかりの時期、

最初の1〜2ヶ月間こそ


しっかり休息をとる。

しっかり自分の時間をとる。

しっかり遊ぶ!



なぜ、わたしがここまで断言するのか?

私自身が、「自己犠牲」の中で

家族を介護していたからです。

そして、

今、思い返すと

在宅介護3ヶ月目ぐらいには、

わたしはすでに「燃えつき」はじめていたことに

気づいたからなのです。


ちなみに、

「自分は自分の時間を取る努力をしている!

 でも状況が、環境が、それを許さないの!」

と言われる方も

「自己犠牲タイプ」の方と

同じワナにはまっていることも多いのです。


心理学的な観点からのお話になるので、

この続きは、

メルマガの方で書いていきたいと思います^^



メルマガは、
このアドレスに
空メールをいただければ、登録できます!
⇒こちらteaOx@mail.os7.biz


**********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

自己犠牲も
甘い甘い蜜なんですよね〜
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
でもね、
自己犠牲でがんばってもらうとね
 ↓    



周りの人たちが、苦しくなっちゃうのです。
「ありがとう」ではなく
「ごめんなさい」しか言えなくなる。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

だから、
自己犠牲ではなく、

まず、自分が一番幸せになることが

大事なんです^^


いつも、最後まで読んで下さって
ありがとうございます!
アリガト♪(*゚ 3゚)/~チュッ♪

テーマ : すこしでも参考になれば・・・
ジャンル : 心と身体

復職の相談



今日、8月の復職にむけての相談を

上司としてきました。


一応、常勤で復職する予定で進めています。


職場も、マンパワー不足のところを、


フォローしてくれている中の、休職。


上司から、

「落ちついたら、前倒しで復職するか?」と

質問されて、思わず固まってしまいましたが アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー


正直なところ、

嬉しいなとも感じました。


自分を必要とされている、ことは

素直にうれしい!!!

まあ、仕事が始まったら、

それどころではなくなるのは、わかっているのですが

それでも、

復帰を待っている、と言ってもらえることは

本当に幸せなことだと感じています。



これから、まだまだ課題山積ですが、


本当にしたいこと、を考えながら

たくさんの選択をしていこうと考えています。


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

理学療法の部屋をのぞくと
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
長年のおつきあいの
利用者さんとばったり!
 ↓    



待ってるよ〜!の声に

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

うれし泣きでした

(ノ_ё)ウゥ・・・ゥ・・・ゥ・・・


いつも、最後まで読んで下さって
ありがとうございます!
アリガト♪(*゚ 3゚)/~チュッ♪

在宅介護・最初の1〜2ヶ月は”作業慣れ”の時期

247631_390611751054650_1133440668_n-1.jpg

3月に買っていたの、ようやく読み出しました。
専門家むけの本ですが
著者の羽生先生の”はじめ”の文章に大泣き。
家族介護者の負担をなんとかしたい!そう思って
活動して下さっている方がおられることは

私たちにとって、救いであり、力です!
=======================

先日から

介護に縁がない友人たちに、

「ワタシからどんな情報を知りたい?」とリサーチしています。

なぜなら、

介護保険制度や施設など、箱ものの改善は

時間がかかる!


でも、「家族介護者」の周囲にいる人たち、

たとえば、職場の人

ご近所のひと、

親戚の方々の

身近な応援者を増やす事は、

わたしにもできる!と考えたからです。


応援してもらうには、

まず情報公開と、何より

その情報に興味をもってもらうことが大事になるな〜と。

そこで、

友人へアンケートをしながら

そこで出てきた、疑問や質問について

少しずつ記事にしていこうと思っています (^o^)/


さて、最初に友人に質問されたことは

「どんな感じで、介護が始まったたの?」

「何が大変だった?」でした。


自分の今までの経過を全部お話すると

大変なことになってしまうので^^;;


まずは、
母が寝たきりになった後、自宅に戻ってきた頃のこと。

その頃の状況と、自分の心理状態を

振り返りたいと思います

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
追記:母の場合は、「身体介護」が中心でした。
認知症の祖母が入・退院を繰り返して来た去年の状況と
異なるので、
また祖母バージョンでも記事を書いて行きたいと思います^^

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

在宅最初の1〜2ヶ月を思い返すと

『自宅介護の1日の流れを作るので必死』

『介護のさまざまな”作業”に慣れるのが必死』

『介護サービス利用になれるの必死』

かな〜と。

簡単に経過をまとめるとこんな感じです


5年前の夏、母がクモ膜下出血を発症。


その後、1ヶ月ほど意識が戻らず

その間、肺炎を繰り返すなど状態が安定していませんでした。

母の意識がなかった頃のエピソード
弟のこと



母は術後、2ヶ月目で

水頭症の改善のため、

VIPシャント術を受けて、


そのあとから少しずつ意識がしっかりしてきました。


救急病院には、3ヶ月弱(一般の入院より長いと思います)

その後、リハビリの病院で6ヶ月(これも、普通より長く入院できている状態です)。


9ヶ月の入院を経て、
自宅へ戻りました。

退院時は、まったく自分では身動きがとれず、

椅子に座る事もまったくできませんでした。

車いすも、リクライニング式の大型(背もたれがおおきく、角度がつけられる)。

食事は、

ペースト食とおかゆが

少し口から食べられるようになった時期だったので、

注入の栄養と、手作りのペースト食で併用していました。

胃瘻(いろう:胃に直接管を通して、栄養をとるための経路)部の処置や

痰吸引が必要な時期だったので、

この頃は、訪問看護をお願いしていました。

母が退院して時期、利用していたサービスは、

訪問看護(週2回定期的)

訪問介護(不定期)

デイサービスでした。

※ショートステイは、退院して1年後からの利用となりました。

退院直後に、

「胃瘻(いろう)」を理由に一度利用を断られました。

それ以後、ショートステイは「利用できないんだ」と思い込んで

1年利用しなかった経緯があります。


このお話も、また書きたいと思っています




母が退院し、自宅に戻って来た直後は

”訪問看護師”さんの存在は

私にとって、


「いのちの手綱」ぐらいおおきな存在でした。

母の命を預ける、

預かってもらっている、そんな気持ちでし、

実際そうでした。


退院直後の、排便コントロールや、胃瘻処置の方法、

皮膚状態の管理、受診の際のドクターへの質問方法など、

たくさんのサポートをしていただきました。



母が退院した翌日に、意識が混濁しているのを

気づいてくれたのも、訪問看護師さんでした。


残念なことですが、

母が自宅に戻って1年あまりで、

お願いしていた「訪問看護ステーション」が

マンパワー不足で閉鎖にΣ( ̄Д ̄;)

在宅1年経過したころには、

母の体調が落ちついてきたことと、

吸引など、私も問題なくできるようになったので

今は、訪問看護は利用していません。



この時期は

「絶対に在宅介護を成功しちゃる!」みたいな

アツい時期というか、、、

必死でした。




母をデイサービスに送り出すまでの準備から

食事の1つ1つ、

トイレ介助から、

着替えをしてもらうこと、

なにもかも、必死、必死で


自分の食事すら、まもとにとれない時期でした。



在宅介護開始の3ヶ月以内の時期は

とにかく、がんばって、がんばってしまう時期なので


この時期こそ、


どうやって、人の力を借りるか!

探求してもらいたいな〜と思っています。


小さなことでも、です。


例えば、足の水虫の処置を

デイサービスのお風呂の時にお願いするとか。



我が家の場合、

母は、「緑内症」なので

目薬が欠かせないのです。


でも

1日1〜2回の点眼が、忘れたりすることも多く、

心理的に負担でした。


ちょうど、

母がお世話になっているデイサービスの

責任者の方が

元看護師さんであったこともあり、

家族にとって、

毎日の処置や投薬が大変だ、

と知って下さっていました。

だから、

「うちを利用してもらっているときは、うちで点眼するわ!」

と言って下さり

平日、デイサービスを利用する際には

点眼をしなくてすみました。

これだけのことですが、

毎日、

「目薬を絶対に忘れたらアカン!」という

プレッシャーから解放されて

わたしの1日の気持ちの負担は大幅に減りました。


その他にも、

「他のこともそうやで!誰でもできることは、人に任せたらええねん!」

「きょんさんは、きょんさんにしかできないことだけして!」

 
「介護人じゃなくて、

”娘”としてお母さんと過ごして」



と言われたことを、今思い出します。

今、思うと、介護作業を必死にこなそうとしている私に


「家族は”介護専門家”にならないでいいよ!」

ということを言ってくださっていたと感じています。


在宅介護、最初の1〜2ヶ月は、

初めての介護、生活パターンになれること

目の前のことをこなすことに、

注意が向きやすい。

家族が「介護人化」しやすい時期、

「1人でなんでもできるもん化」しやすい時期だと思います。

ですから、

がんばることも大切ですが

どうやって、人の力を借りるか!
を頭の片隅におきながら、


自分のための息抜きの時間、

自分をいたわる時間、

頑張ってる自分を褒める時間を


たくさんとっていただきたいな、と思います。


ちなみに、

「誰も手伝ってくれないー!」

お怒りの方は

「自分がして欲しいことを、ちゃんと言葉にして伝えているか」



をチェックして見て下さい。



具体的に、何を、どう、して欲しいか?

誰に、何をして欲しいか?

どう言ってもらいたいのか?

一度、振り返ってチェックしてみる

面白い気づきがあるかもしれません。



自分が気づかないうちに、

「察して動いてよ」

「言わなくてもそれぐらいしてよ」と


”私を察しなさい病”

かかっていることもありますから。





明日は、在宅介護3ヶ月目ぐらいで

家族介護者が「燃えつきやすい理由」について

書いていきたいと思います^^



*********************************************
メルマガ配信しています〜☆!


ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


空メール登録、簡単です^^

このアドレスに
空メールをいただければ、登録できます!
⇒こちらteaOx@mail.os7.biz


ご意見・ご感想お待ちしております
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

この時期を振り返ると
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
無我夢中で
一生懸命な自分。
そんな自分も好きでした。
 ↓    



この時期、がんばる事も必要でしたが

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

もし、かなうなら、
その当時の自分に
「”大丈夫、大丈夫”
そんなに力いれんでええんやで!」

そう伝えてあげたい。


いつも、最後まで読んで下さって
ありがとうございます!
アリガト♪(*゚ 3゚)/~チュッ♪

キュートなキューピーさん



お世話になっている、おおにし歯科さんで発見!
許可いただいて、写メとっちゃいました^^


**********************************************

今日は予報通り、暑い一日でしたね!

滋賀でも、半袖で十分過ごせました。


一昨日まで、ストーブを利用していたので、

身体がまったくついていきませんε=( ̄。 ̄;)フゥ

特に、今日は日差しが強かった11時〜15時の間に、

祖母の通院介助で外出していたので、

夕方には「夏バテ」のような疲労を感じました。


今年2月から休職させていただいて、3ヶ月間。


運動は、週1回のヨガのみ。


しっかり汗をかく機会が減っていることに気づき

明日から、散歩から再開したいと考えています。



2月からの休職、

この3ヶ月をふりかえると、

自分の勉強のために出かける以外は、

ぼほ、通院介助で終わった気がします。


特に、先月、5月は


歯科、歯科、歯科、消化器科

内科、循環器科、眼科、歯科。

皮膚科、消化器科、眼科、歯科、

神経内科、整形外科、歯科、歯科。

なんと、15日も通院に出かけていました。

3人一度の日も、3日もあり、

がんばった、ワタシ!な5月でした。




仕事をしていると、

平日の通院が難しくて、命に関わる

内科、循環器科に月1回、行く事でも精一杯でした。





歯科や眼科の受診も大事なのですが


よっぽどの事がなければ、

先延ばしにしていました。



休みに入って、

祖母、母を先のばしていた

歯科、眼科に連れて行くと


やはり、問題だらけで、

月に何回も通院することに。



最近は、受診の度、姉や、

弟の付き添い介助にヘルパーさんを

お願いしていますが


一時期は、1人でやっていました。


くりかえしますが、その当時の自分を思うと

我ながら、アホかいな、と思います。


実際、母が退院してきた直後のことや、


一昨年の年末に、

祖母が転倒して救急搬送されて時、

母、弟が自宅にいる状況で

片道1時間かかる病院を3往復したことなど、

できごとはそれなりに覚えていますが、


いったいどうやって


「やりきったか」記憶にないんです。

恐ろしい話です。(´・ω・`)


必死になっていると、

周りが見えないし、


仕事をしている家族に

平日休んでもらって協力を求めるのも

気が引けたり。

小さな積み重なりが、

通院は
「わたしが1人でするもんだ」と

定着化するのかもしれません。


わたしもそのクセがまだ抜けず、

今日も、つい、

祖母1人だけを連れて行くんだから、と


姉には
「今日はヘルプいらんよ〜」とメールしていました。

ところが、


結局、受診時間が大幅に遅れ、

夕方、
母と弟が帰ってくる時間に戻れませんでした。



焦って帰ると


姉が、気を利かせて、我が家に来て

洗濯物を片付けながら、

弟たちの帰りに対応してくれていました。


そして、姉から
「ほら、やっぱり、助けがいるやん!」と言われて

「まったくその通り!」と自分で納得できました。




自分1人の能力で、

でできる、できないの判断せず、

通院介助には、

連れて行く人数に関係なく、


誰かの助けがいる、という大前提を忘れずに

これからは動きたいと思います。

個人的には、

運転役兼、診察券やら会計役の人と

完全付き添い役の二人はいるぞ!と

感じています。


「通院時は1人では大変です!」



「他の家族や他の人の力を借りる事が必要です〜!」



お一人で、通院介助をされている方も多いと思いますが、

誰かに助けてもらうとしたら?と

誰が助けてくれるかな?と。

ヘルパーさんに、何を頼めるかな?などなど、

妄想でもいいので、

ちょっと想像してみませんか?


 
*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

病院でも
家族介護者の方、1人で
付き添われている方が多かったです
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
通院の難関は、
車からの乗り降りと、
駐車場から病院入り口までの
距離!
 ↓    



駐車場の
身障者スペースは
いつもいっぱい。

ときどき
サーフ系の
やたら車高の高い
車があると
ムカっとしてしまいます

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

見ただけではわからない
内科的なご病気の方が
おられるのはわかっていますが

障碍者スペースが空いているから
ラッキーではなく、

必要な方が利用できるよう、

空けておいていただきたい〜!

よろしくです!

いつも、最後まで読んで下さって
ありがとうございます!
アリガト♪(*゚ 3゚)/~チュッ♪

最期の時

今日、一緒に学んでいる友人が、

話を聞いてくれる?と声をかけてくれました。


先週、お母様方のお祖父さまが急死されたとき、

切ない体験をしたんだー!と。



お母様のご実家側、つまり、

亡くなられたお祖父さまと同居されていた

お祖母さまと、叔父さまと

友人と友人のお母様との心の距離感が

あったことを話してくれました。




友人は、

初孫としてお祖父さまのから可愛がられていた。

それと、”外孫”であったので、


お祖父さまとの思い出は、いい思い出しかない、と。


でも、一緒に同居されていた

お祖母さま、叔父さまと、お祖父さまとの関係は

生前、いろいろあったようで


お祖母さま、叔父さまの


「あの人は、最期まで、迷惑をかけて!!!」


そんな言葉を聞いて、


やりきれなかったと話してくれました。





友人も、

突然死だったことで

祖母さまと叔父さまが混乱されていること、


様々な感情が入り交じっての

発言だと理解しつつも、


「最期の言葉がそれか!?と思うと切なくて」と


複雑な心境を話してくれました。


わたしは、

同居側の家族の混乱した気持ちも


嫁いで、
外からしか見守れなかった友人のお母様、


友人のどちらの気持ちもわかるので、


なるほどな〜と思いました。



一緒に住んでいる人にしかわからない、しんどさ。

「最期まで迷惑をかけて!」と発した、

お祖母さまと叔父さまの、

心の痛みの深さも感じますし



外から見守るしかないない、友人たち家族の切なさも

痛いほど感じました。


私は父が癌で他界したあと、

10年近く、たくさんの後悔と

感情のひっかかりを感じて過ごしていました。



その経験から、

お祖母さま、叔父さまも、

お母様、友人自身も、


心を整理するには、

もう少し時間がかかるんじゃないかな?と

そう感じています。




友人は、今回、

お祖父さまをお見送りした後、

気づいたことがあるんだ、と教えてくれました。


「ずっと、”死”は不幸なことだと思ってた。

 でも、実際見送ったら、違うんだな、と思った。

 ”死”が不幸ではない、と思えると、

 ちょっと気持的に楽になった」と。


「だからさ、最期がどんなものになるか、わかんないけど

 毎日の、何か、ほっとしたり

 いたわり合う一瞬でもあったら、


 それでいいんじゃないかなって」




介護に追われていると、

日々の雑務も苛立つし、


お互いがお互いを思いやれなくなることも多いですよね。


わたしも、自分の言葉の荒さに、自分でびっくりしますし、

イライラした後の、自己嫌悪は、ひどい!

丸1日を、「家族みんな優しく」はできないけれど、

朝、目覚めて”おはよう!”と声をかけるとき、

お茶を飲む、そのとき、

天気の話をする、そのとき、

何気ない、一瞬に、気持を込めることができたら、

それでいいのかな、と。


そして、最期の時、

さまざまな後悔や

ざまざまな感情が入り乱れるだろうけれど、

何気ないともにほっとできた、

ともに、笑えた、”一瞬”を思い出せれば、


後悔や怒りの気持にも

そっと、あたたかな光がさすのでは、

そうなって欲しいな、と思いました。




お祖父さまのご冥福と

ご家族の方々が、

さまざまなお気持ちをもちながらも、

おだやかなお気持ちで

過ごされることを、お祈り申し上げます。




今回ブログにエピソードを投稿すること、

許可してくれた、友人Sに感謝をこめて。


**********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

介護をしていると、
生と死の狭間で
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
たくさんの気づきがあります
 ↓    



友人たちが、私に話したい!
私の活動を応援したい!
そう言ってくれることに

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

本当に感謝します。

ありがとう!


7分

先日、

小田原から、米原までこだまで帰ってきました。



帰る時刻表を調べた結果、

途中、静岡で、ひかりに乗り換えるつもりでした。



こだまに乗ってから

念のため、静岡での乗り換え時間を

調べてみたら、

静岡駅着のひかりは15分後!

ひかりに乗り換えたとしても、


米原到着までの差が7分しか時間が変わらなったのです。

結局、

私は肌寒い夜の、それも人気の少ないホームで待つより、

各駅停車のこだまでゆっくり帰ることを選びました。




以前の、

わずかな時間も焦って


いつも走り回っていた

”せかせかした私”だったら、



この7分のために、


静岡で降りて、

肌寒いホームで待って、



ひかりに乗り換えて、、、



そんな慌ただしい”選択”を


迷うことなく選んでいただろうな、と思うと


少し笑ってしまいました。

きっと、”7分”だけじゃなかた、と思うのです。



朝のわずかな時間、


自分の食事時間、


座って食べることすら、


もったいなくて、


自分を休めることができなかった。



わずかな時間、


鏡を見ることも、”もったくなくて”


慌てて、仕事に飛び出していた。


わずかな時間すら、

自分のために

使うことことができなかった。




慌てて、慌てて、


日常の、何もかもに焦って動いて、

わずかな時間も惜しくて走り回ってたら、

疲れて当然だった!


こだまの車内で、

ぼんやり外をみながら、



昔の自分が少し、ばからしくて

でもちょっと愛おしく思いました。


さあ、本日も

ゆるゆるモードの自分でいきます!


今日もサイコーの一日にしましょう!


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    
今、東京に向かってます〜!
今日は、日帰りです!
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
今日は、人の魅力、才能を見いだす
勉強!
 ↓    



気になるテーマでしょう???

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


楽しんで勉強してきます〜!

★☆。.:*:・"゚★('-^v)Thanks(v^-')★。.:*:・"☆★

公共のトイレで困ること

線路



今日の午前中、予定を変更して

弟を連れて大阪へ行ってきました。


弟との外出は3月以来。

最近、車で移動することが多かったので

電車大好きな弟は大興奮!

切符を買うことから、テンション高めで、

改札では駅員さんに握手を求めたり、

手を振ったり、

「僕、おでかけ!」をアピールしたり。


弟は単語もあやしいぐらいで、

言えても、
「ちゃーちゃん(お母さん)」
「おっと(魚)」
「とっきゅう(電車すべて)!」

でも、
ジェスチャー、顔の表情で、弟の気持は十分伝わります。

駅員さんに切符を見せて、「ありがとう!」のおじぎ。

通り過ぎる人にも笑顔でニコニコ!

僕はうれしい!

楽しい!!

をめいいっぱい表現する様子は

見ているこちらも楽しくなってきます。



そんなワクワクのお出かけですが


一番困るのはトイレ!


ちょっとしたことなのですが、

トイレの時に、見守りや

手助けがいります。

弟は「男」です。あたりまえですけどヾ(- -;)

男性用トイレに、私が介助として入るは躊躇しますし、

女性用トイレに、弟を連れて入るのにも躊躇をします。


最近は、障害がある方や

赤ちゃん連れのご家族が利用しやすい

「多目的トイレ」が設置されている場所が増えたので

積極的に利用するようにしています。


が、最近、新しく設置された「多目的トイレ」の

「場所」「位置」にちょっと混乱する事があります。


以前でしたら、

男性用・女性用のトイレの間に設置されていることが多く

特に問題はありませんでした。


最近

男子、女子トイレの中に入ったところに

「多目的トイレ」が設置されていることも増えています。



比較的、入り口の手前に設置されている事も多いのですが、

今日は、完全に、「男性トイレ」の入り口まで入らないと

(つまり、男性用便器が丸みえ!になる場所!)

「多目的トイレ」のドアがある場所を利用しました。

運良く、誰も利用されておられなかったので

とりあえずほっとしましたが

私も、一応、女性なので


・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー


戸惑いもあるんですよね〜




男性用、女性用、

両方に「多目的トイレ」設置されたことで、


まずは数が増えたことに感謝をしています。


今まで、数が少なくて、

行列に待っている間に、弟が失敗しちゃった事もあるので。

だから、以前に比べれば、格段に

利用しやすくなっているのですが、


設置場所を見てみると

利用者の眼差しがもう少し生かされたらな〜と思います。


異性の介護者が付き添いやすい云々の前に、

入り口近くから、便器が丸見えって、

ええもんやろか?とかね^^;;


クレームやユザーの意見が、

「商品を生み出すきっかけ」になるわけだしね!

だから、気になったら、なんでやねん〜!って

突っ込みは大事だと思っています^^



大阪の地下鉄のトイレが

昔に比べて格段にきれいになっていました!


多目的トイレも、たくさんありました!

それに比べると、

JR西日本、JR東日本とも、駅の「多目的トイレ」

の設置数の少なさと、場所の問題(わかりにくい所!)が

ここ数年を見ても、まったく改善されていないのは

もったいないな〜。


こんな所からも

「企業の体制」であったり

「企業理念」が見えたりするもんですねー。

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    
大阪地下鉄のトイレで
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
ちょっとだけ惜しいのが
 ↓    



匂いと
ゴミが散乱している場所が
あったこと

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


利用者の”意識”も
大事だと思います!


(=`(∞)´=) ブーブー!!

ありがとうございますーー!

アンケートをまとめています

253352_388369094612249_1241726324_n.jpg
**********************************************
おはようございます!

滋賀県は雨。静かな朝です。


アンケートご協力ありがとうございました!

予想外の結果を1つご報告すると、

アンケートを下さった方の中で

在宅介護中の方


入居申請をされている方が0件!

今後も申請検討しないとの回答がほとんどでした。

自分、家族の選択で「在宅」であるとのこと。


また少しずつ、ご報告していきますね。


今日は、急遽姉が来れなくなったので、


弟を同行させての行動になりそうです。


弟接待デーも3月以来なので、

ついでに弟とのおでかけを楽しんできます。


今日も、サイコーの一日になりますよう!

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    
弟とのおでかけは
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
トイレ探しがいつも課題
 ↓    



異性の兄弟の介助も

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

なかなか大変!

行ってきます〜!
C= C= C= C= C= C= C= C= C= ┌(;・ω・)┘



ありがとうございますーー!
プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム