幸せは人とつながることから。

昨日の午前中、
ご近所にある
おしゃれな美容室
真空庵さんへ。

1010233_413527428763082_1043279314_n.jpg

羽田美智子に激似の
べっぴんな奥様と

男前で
情に厚いご主人の
お二人。

この日は
祖母と、
弟のカット。

祖母が
真空庵さんが
大好きなのは、

声かけから、
すべてのサービスに
心がこもっているから。


弟にとっても
ここは大好きな場所。

なぜなら
弟が障害者なんてことを
ご主人は
”関係ない”と言って
対等な関係でいて下さるから!


ちなみに、
真空庵さんとは
母が倒れる前からのご縁です。

母が倒れ、
意識がないときにも

「あのお母さんだったら、絶対大丈夫!」と
励ましていただき、

母が退院した後、
車いすの母を

「ここまで連れて来てくれたら、
 おぶって移動したる!」と!

そして、
お店の入り口から
ご主人が母をおぶって
椅子まで
連れて行ってくれたのです。


この
真空庵さんでの散髪が
母にとって
退院後の
初めての”外出”でした。

この初めての外出から
私も母も
自宅で療養することに
自信が持てました。


ところで、、、
真空庵のお二人も
102歳のおじいさまを
見送った経験をお持ちです。

わたしは、
真空庵さんのブログ内にある
祖父物語のファンでした。

我が家も似たような経験があるので

ぺっぴんな奥さんと
介護を経験した人同士の
「ある、ある!!」話で

お祖父さま亡き今でも、
介護の泣き笑いで
盛り上がっています。


去年の秋頃から
私は心理的に追いつめられたとき、

祖母の不穏症状で
寝不足になったとき、

真空庵さんに駆け込んで
ヘドスパをしてもらいながら
爆睡していました。

話を聞いてもらえる安心感。

わかってもらえる、安心感。

この安心感があったから、
わたしは
弱音を吐くことができました。

弱音を吐く事ができたからこそ、
「しっかり休もう!」と
自分に許可できました。


ふとね、
思うんです。

介護をしていて、
何が一番辛かったか、と。

そう考えた時、
トイレの後始末や
祖母の不穏で眠れないことも
もちろん
しんどし、
辛かった。

でもね
介護にまつわる作業よりも

「いつまで続くのか」
絶望間と、

「誰にもわかってもらえない」
孤独感だったな。

実際に、
燃えつききって
疲労でいっぱいで
どうしようもなくて
母たちを罵倒してしまったとき、

「このしんどさは、誰にもわかってもらえない」
その孤独感でいっぱいだった。

そんな時に
真空庵さんで
「わかる、わかる!」

「うちも、そうだった!」


気兼ねなく愚痴を言えて

共感してもらえて

わたしは何度も救われました。

そう考えると、

悲しい経験や
辛い経験は
悪いものではないな、と。

「共感」というものが

人と人との孤独を埋め、

人と人との結びつける
きっかけになるとしたら、

今、

わたしが経験していることは

けして
無駄ではないなー。

そう感じた時間でした。



ブログランキング参加中です〜!
がんばるアラフォー女子への
応援、お願いいたします^^


人気ブログランキングへ

午後からは
弟を連れて
大阪へ!



関東から
遊びに来てくれた友人と
お茶を楽しみました^^

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!

**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

ヘルプ、アシスト、サポートの違いって?(1)

今朝の滋賀は快晴!

朝から弟と二人で
洗濯物や
布団を干しました。

コーヒーはいかが?
姉と弟とのやりとりを見て以来

意識して、
弟との共同作業をすることにしています。

それまでは、
朝の準備や片付けを
何もかも一人でしていました。

だから、
母たちを送り出し
洗濯物を干し終える頃には
ヘトヘトになっていました。


最近、
弟の作業所が休みの日に
じっくり時間をかけて
弟と一緒にするようにしました。

洗濯機から洗濯物を取り出す。
洗濯物を干場まで運ぶ。
一緒に干す。

一人でするよりも
倍以上時間はかかりますが、

何やかやと声を掛け合いながら
一緒にする作業は
とても楽しい!

家事や介護をしていると
いつも時間に追われているような感じなる。

”早くしなきゃ!”と
いつも焦ってしまいますよね。


本当は、
家族が気持ちよく過ごすために
食事の準備、
掃除や洗濯をしているのに、

焦っていると
すべてが
煩わしいものになってしまう。

その上
「自分だけが!」ってイライラ!

イライラしている自分に
またイライラ。

その悪循環にハマっているとき
コーチングをしている
友人が
面白い
たとえ話をしてくれました。

ヘルプ、アシスト、サポートの違いって(2)に続きます。

1016043_413511578764667_156718704_n.jpg

去年の秋、
初めて植え替えした
カサブランカが
スクスクと成長中。


おばあちゃんに
カサブランカが引っこ抜かれない事を祈って!
がんばれ、カサブランカ!

毎朝、
ドキドキしながら庭を見る、
わたしに
ランキングバーナークリック応援お願いします(爆)



人気ブログランキングへ

今から
祖母と弟を
いつもお世話になってる
おしゃれーな美容室へ連れて行きます〜!



祖母は、
朝7時から、
美容院へ行くために
スタンバイ中。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

何歳になっても
きれいになることは

何よりも
心を元気にしてくれますね^^

ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!

**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

人間万事塞翁が馬♩

昨日は、
去年から始めている
ある”習いごと”の日でした。

疲れてるんなら
休む以外、
ありまへんでー!と

書き連ねておいてなんですが、

習いごとだけは行きたくて
車で出発したら、

アクセルがやたらにかたい!
踏み込んでも、
20kmも出ない!


936448_413305545451937_760829425_n.jpg

結局、
保険会社のサポートを受けて
急遽、
修理に出すことになりました。

慌てて、
習いごと先に電話をして
今日のレッスンを
キャンセルできたものの

今日一日どうするか、
困ってしまいました。

銀行、
市役所へ行き、
今日中に片付けないといけない
用事があったのです。


我が家の立地条件は、
まさに陸の孤島。

車でなければ、
どこへも行けない!

銀行は、
車で5分のところを、
歩いては20分!

市役所も
車で10分の道のりが
勾配のある道なので、
歩けば片道40分はかかる。



今日の用事をどうするか?
一瞬、
頭の中は
パニックに。

でもね
「しゃーないもんは、しゃーない」と
居直れると
ちょっとおもしろいことが起こりました。


どんなことが
起こったかというと、、

習いごとのキャンセルは
当日のキャンセルに関わらず、
先生のご好意で、
振替が可能となった!


提出しなければならない書類と
銀行への用事。
片道、
40分ほど歩いて行くか悩んでいたところ

午前中の仕事を終えた姉が
”あまちゃん”を見るために
我が家へやって来た!!

姉の、
予定外の来訪により、
”姉の車を借りる”ことができ

銀行も
市役所も
予定通りに行くことができた!


さらに!
車の故障は大事にならず、
今日中に戻ってきました。

それも、
普通なら
片道車で40分かかる
ディラーさんまで
車を取りに行かなければならないところ、

我が家の事情を知っている担当さんが
「お届けしましょうか?」と!!!

結果、
わたしは何の苦労もなく、
車は無事、
我が家へ戻ってきました。

そして夕方。
ふと気がつくと
身体がとっても楽になっていることに
気がつきました。


車が故障したおかげで
出かけられなくなったおかげで

身体を休められたのです。


予定を組んでいて
何かハプニングが起こったとき、
慌ててしまいますよね。

予定通りになんとかしよう!と
物事のを
”コントロールしよう”として
焦ったり、
怒ったり。

その結果、
疲れ果ててしまう。

でも
そんなとき
ちょっとひと呼吸を置いて

あるがまま
その流れにのっちゃうのも、
ラッキーな一日の
始まりかもしれません。





人気ブログランキングへ

最近、
とってもついている!と
さらに感じた事!



車を修理に出している間
メールチェックをしたら、

なーんと、
東京で開催される
心屋さんの
公開・無料セミナーの抽選に
当たっちゃった!!!!

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

たまたま、
東京へ出ている日で

当たればラッキーのつもりで応募♩

ありがたや
ありがたや
ありがたや〜の1日となりました^^

ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!

**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

疲れを感じたとき、まず一番にすること。

一昨日、
昨日と
猛烈な眠気に襲われていた件。

夕方になっても
身体重だるさがとれずに
あややと思っていたら、
唇に熱のハナが出てきました。

気がつかないうちに、
またオーバワークしていた影響でした。
先週から
ずっと動き回っていたので
当然と言えば当然の結果なのですが。


自分が
オーバワークをしていて、
なんですが、

先日、
メッセージで

疲れを感じた時、
まっさきにすることは?との
ご質問があったので

取り急ぎ!
ワタシ流の対策を。


疲れてる、と感じた時。


まずは、
”休息をとる!”こと!!!

何はともあれ、
疲れているなら
”休む”こと以外ないのですが、

休めないから
「どうしたらいいんだろう?」と
悩んでしまうんですよね。

だから、
休めるようにするために、

誰かに
「疲れてる!」と言う。

まず最初に、
他家族、
ケアマネージャーに
”疲れている”ことを
知ってもらう。

状況を知ってもらって、
周囲の人たちに
『休める体勢を作ってもらう』。

注意点は、
頑張る人は
自分が休める体勢を
自分でつくらなきゃ、と
考えやすい!

だから、
「疲れている」
「休む方法がわからない」
「助けて欲しい」と言う。

できれば、
どんな助けが欲しいのか
具体的に言えれば

一番いいのですが、

疲れている時は、
何がなんだかわかんない状態!

休まないと
何に困っているのか、
何を助けて欲しいのか
自分でもわからない。

だから、
まず、
休むため、
周囲に応援を求めることが必要!


『疲れてる』
『助けて』
この言葉たちは
最も、
言いたくない言葉かもしれません。

でもね、
心は悲鳴をあげている。

ずっと、
泣き叫ぶ
自分の気持ちに耳を塞いで
頑張ってきましたよね。

わたしたちは、
十分頑張っています。

もう十分やってきたんです。

家族に寄り添ってきたように、
自分の心に
寄り添ってあげませんか?



そして、
なるべく早くに
助けを求めた方がいい理由もあります。

「助けて!」と声に出してから
周囲の人が
私たちの現状を理解したり、

実際に動いて助けてくれるまでには
少し時間がかかります。

協力してもらえるまで、
休める環境が整うまで
時間がかかる。

だから、
できるだけ早い段階で、
休みたい!!!!と言って

休める環境を作ってもらう。



何か決断するにも、

何かを行動するにも

疲れ果てていたら
何もできないから。



そうは言っても、
「でも、誰も助けてくれないよ」

「休むって、言ったってどんな方法があるの?」

そんな風に感じてしまいますよね。

「期待して、助けてもらえなかったら?」

「何度もがっかりしてきた!
だから、もうがっかりしたくない!」

そんな気持ちになるかもしれません。

たくさん、
頑張って来て

たくさん、
がっかりしてきたこと!

わたしも、
十分すぎるぐらいわかります!

がっかりしたくないから
自分一人でがんばってきた。

そのことも
とてもよくわかります!

だからこそ、
「誰も助けてくれない!」
その言葉が浮かんだなら、

だまされたと思って
「休みたい!」と
誰かに言っていただきたいのです。


「誰も助けてくれないじゃない!」
拗ねている自分を出してもいい。

でも、
できるだけ
本当の気持ちを
言葉にして出してみませんか?

「疲れていたけど、迷惑をかけると思って言えなかった」

「甘えることになると思って、言えなかった」

その言葉を
素直に伝えられた時、

相手の言葉や態度は、
絶対に変わります。

ひつこく、
強調します。

素直な気持ちで
素直な言葉で
相手に向き合う


今まで言えなかった言葉ですから
勇気は相当いりますが

「言えない」理由探しをせず、

素直に、
誰かに弱音を吐いてみませんか?



と、
書いた以上

わたしも
しばらく
ぬれ雑巾(某友人の言葉をいただき!)よろしく

ゆるゆるに過ごします。


またきょんちゃん
オーバーワークしたの!?
そんな愛あるお叱り下さる
あなた!
バナーをワンクリックして
応援プリーズ〜!




人気ブログランキングへ

急遽、
煩雑どころか
ごみ屋敷化しかけている
我が家を
片付けなければならない
理由ができまして



ちょっと焦っておるのですが

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

見栄はってもしゃあないので
できる範囲で

きょん家美化計画実行いたします。

ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!

**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

”現状”を疑ってみる。



数日の雨で
庭の紫陽花が色鮮やかになってきました。


今朝、
祖母の
”物忘れ外来”の受診日でした。

でも
弟と母を見送った後、

洗濯機もまだ回っているなか

眠たくて
眠たくて
たまらなくなって!

”洗濯機がとまるまで”のつもりで
眠りました。

が!
目が冷めたら
12時を回っていました!(; ̄Д ̄)


洗濯物も
祖母が、
えっちら
おっちら
がんばって、
工夫して
干してくれていました。


やってもた!と
一瞬思ったのですが

物忘れ外来の受診が、
来週になっても
すぐさま問題になることがない。

洗濯物も、
いつも、
”わたしがしなきゃ!”と
慌ててしているのを
祖母が
がんばって干してくれていたので

これも
結果オッケー。

普段、
『こうなってはいけないから』と
怖れや不安から行動していることが
多いのですが、

『そうなったとしても』

『本当に大変なことが起こるのか?』
なんだろうなと。

〜しなければならない。
の呪縛を、
一つ手放せた気分を感じています。


ところで、
介護をしている人、

わたしを含めて
友人たちを見ていると

『オーバーワーク』を自覚しつつ、

「自分しかいないから」と
頑張る人たちが多い。

そして、
綱渡り状態で頑張るのって、
長くは続かない!
ことも、
わたしたちはわかってる。

介護に関する本を読んでいると
よく出会う言葉。

『燃えつきないために
 人やサービスに頼りましょう』

周囲からも
『人を頼りなさい』
『もっとサービスを利用しなさい』
言われて


「人に頼らないといけないことは、
 百も承知!!!!」


って
うんざりした経験ありませんか?



そうなんです。
わたしたちは、

『わかってる!』んです。

わかっている!のに
人に頼れない、
サービスを利用できない!


なぜか?

人に頼ることや
サービスを利用することを
躊躇する
理由が
それぞれ、
あるから。

この”躊躇”が
解決できないから、
わたしたちは
行動できない状態にある。

今まで
わたしも
様々な理由で
様々な躊躇をしてきました。

でもね、
休職して
しっかり休んでいて
心にも身体にも
余裕ができた今、

ありゃ、
なんだか違うかも?
と感じたんです。


例えばね、
本人がサービスの利用を嫌がってる。

施設やサービスの内容を信頼できない。

いろいろな、
「理由」を浮かびますよね。

その理由に

この言葉をつけて、
声に出して言ってみたんです。

「わたしは思っている」



「祖母がショートステイを嫌がる、と私は思っている」

「ショートステイを進める私を祖母は嫌っている、とわたしは持っている」

「施設は信用できない、と私は思っている」

「施設を利用することを、親戚が反対する、と私は思っている」


声に出して言葉にしたとき、
「わたしが、そう思っていたんだな」

「でも、現状はどうか、わからないよな」
そのことに気づきました。


今、
わたしたちがしている選択や
思っている”現状”は
すべて
過去のことをもとにして
『自分がそう思っている』ことが多い。



過去の出来事があって
わたしたちは、
さまざまな
選択や
決断をしています。

でも、
現時点、
どうなのかは、
わからない。

実際に、
今、
この瞬間、

家族が
親戚が
施設のスタッフが

過去と同じ状態かは
まったくわからない。

だから、
”確認する”ことが大事!

以前なら、
そのサービスを
受けられるような状態ではなかった。

でも、
今はどうか?


人は誰でも
安定、
安全な状態を維持をしたい。

人として、
当然の心理状態。

だから、
問題を感じていても、

『同じ方法でやり通せたら』と思う。


でも
人も
環境も
日々変化するもの。


だから、
その度に
『変更』は必要となってくる。


今までがんばってきて
作り上げた環境を
変えることは
誰にとっても
大変なこと!

でも、
行き詰まりを感じているなら、
できるだけ早くに
『他の方法探し』が必要になってくる。


現状のサービスの利用方法、
選択肢がない、
これしかない!と
思った時、

「ほんとに、この方法しかないのか?」

「それは、わたしの思いこみじゃないのか?」

少し疑ってみるのも
大事です。


まずは、
「ありゃ、思いこみだったかも!?」と
気づくことから始めませんか^^



「わたしなんかが、結婚できるはずないわ!」と
思い込んでいたわたしに
バーナークリックで
応援プリーズー!
(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚ヨロシコ♪



人気ブログランキングへ

友人が選んでくれた新しい服



着てみると
想像以上に
周囲から褒めていただきました!


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

今までだったら
絶対に選ばない色
形の服を着てみて

また新しい発見がありました^^

ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!

**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

自分の女性性を受け取る。

輝く女性の現場を撮る
福岡唯一の
女性フォトグラファー
中野貴子さん
に撮影していた写真が
届きました!

IMG_4440 のコピー



我ながら
びっくり!!!

こんな風に
笑えるようになったんやなー!!

わたしは
ずっと
職場で
「恐い人」って言われてたんですよー。


その”恐い人”は
心の中で
とっても
”怖がっていた”のだけれど。


わたしは、
子どもの頃、
虐待を受けていました。

ネグレスト(育児放棄)以外の
すべての虐待を
受けていました。

だから、
ずいぶん長い間、
その頃の記憶に
苦しみました。


そしてね、
ずっと
自分の”女性らしさ”を
否定していました。


思春期の
身体の変化すら
苦しくてたまりませんでした。

その当時、
身体が女性らしくなることが
とても怖かった。

また傷つけられるんじゃないか。

自分が”女”だから
こんな目にあったんじゃないか?

心の痛みは
無意識のうちに

自分の中にある”女性”を
攻撃していました。


本当に長い間、
苦しんできました。

でも、
心理学を学ぶうちに

たくさんの友人と語り会ううちに

わたしの心の痛みは、
少しずつ癒えてきました。


虐待は
自分が原因なのではない。

虐待は
親が抱えていた”
親自身の問題”

わたしに向けられただけ。


友人に昔の話をすることで、
不思議なことに。

自分が女性らしくしていても
誰かが傷つけることは
もうない!

そう思えました。

そして、
女性として
幸せになりたい!と
素直に思えました。


女性として、
幸せになりたい。

そう
自分に許可できたとき

わたしは
フォトグラファーの
中野貴子さんに出会いました。


そして、
今回の撮影会で
中野貴子さんに
お願いしたことは
一つ。

”わたしの女性らしさを撮って下さい!


そして、
その時に撮っていただいた写真です。

IMG_4419 のコピー




貴子さんの写真を見ると、

わたしが、
自分のこと
自分が女性であることが
嫌いだったなんて
きっと信じられないですよね。



今、この時に
苦しい思いをされている方からすると
もしかしたら、
信じていただけないかもしれない。

でもね、
絶対
笑える日が来ますから!

どんなに
泣きはらした日があったとしても


苦しい体験が心をズタズタに
したとしても

絶対に
笑える日が来ますから!

信じて
明日も
ぼちぼちと
いきませんか?

大丈夫

大丈夫

大丈夫!



「きょんちゃん、まだ嫁行けるで!」
と思って下さったみなさま。

バーナークリックで
応援して下さい(爆)



人気ブログランキングへ

8月に大阪で開催される
元辻悦子さん主催
中野貴子さん撮影での
撮影&ランチ会は
満席になったそうです。



中野貴子さんは
福岡、
大阪、
東京
他、各地で活躍中!

ブログで
今後の活動予定が見られます^^


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

中野貴子さんのブログは
こちら


ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!

*********************************************
〜Facebookでのリクエスト申請について〜

リクエスト、
お待ちしております^^

本名をブログには乗せられないため、
Facebookページ
から
”わたし”を探していただけると助かります!

リクエストの際には、
スパムと判別するため
一言メッセージを添えていただけると
うれしいです^^

*********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

自分のこだわりを、一旦、手放してみる。

先日、
友人が
買い物に付き合ってくれました。

久しぶりに出かけた
梅田界隈。

大阪や東京へ
勉強で
出かけることは多いのですが

”楽しむために外出をする”機会は
極端に少ない状態が続いていました。


今回の買い物の目的は、
”服を買う”。

しかも、
”イメチェン目的の服”探し。


自分一人の買い物だと
どうしても
同じようなライン、
同じような色合いになってしまいました。

だから、
友人にアドバイスを求めて
買い物を楽しもうと考えました。


ところが!

友人の審判は
わたしの想像以上に厳しく、

これは?と
私が聞く前に

「それは、ナイ!」と
瞬殺の却下。

これは?
それは?
あれは?を繰り返すたび、

友人は
ばっさり
「それじゃない」。

いろいろなお店を回りながら
その度、
えええ???と混乱を
繰り返しました。

自分が素敵だな!と
感じる服が
ことごとく
友人の選択からもれる。

少し悲しい気分になり
ちょっとしたパニック状態。

でも、
『イメチェンしたい』と思ったのは自分。

だから、
腹をくくりました。

「あなたの、言うがまま」

「なさるがまま」

「お任せします!」

ぜーんぶ、
友人にゆだねてみました。


その結果。

シャツ。

スカート。

靴にいたるまで、

初めての色。

初めて”形”。


鏡のうつる
”はじめての自分”。

思わず、
友人にも
お店の人にも

「これ大丈夫??」

「へんじゃない??」と
疑いの言葉を投げかけてしまいましたが、

友人は
「大丈夫!」と太鼓判。

買って来た服を見ると
まだ少し、
「大丈夫やろか?」と不安に感じつつ

友人の選択を受け入れました。


今までの好みを変えて
買った服が
どんな結果になるのかは
まだわかりません。

でも、
確かに
新しい選択で買った
”新しい服”は

わたしの
心に大きな変化を
与えてくれています。



『今までのやり方を変える』

『新しい一歩を踏み出す』

何か問題にぶつかったとき

行き詰まりを感じたとき、
とても大切な方法の一つ。

でも、
今までの自分のやり方
パターンを
わたしたちはどこまで意識して
行動しているのでしょうか?



例えば、

”仕事のやり方”

時間をかけて、
試行錯誤しながら

自分の成功パターンを
見つけていく作業は
とても大変なこと。

一旦、
成功したやり方は

自分の中では
”鉄板の法則”となる。

つまり、
『これさえすれば、安心!』
そんな
心の保険作用ができあがる。

誰でも
安心して
安全な環境で
結果を出したいと思う。

誰だって
リスクを回避したい。

だから、
過去の経験を使いながら

自分の『やり方』を作り上げる。

もちろん、
結果を出すために、
過去の経験を生かすことは
とても大切なことですよね。

でもね、

時間は流れている。

社会情勢も刻々と変化している。

その中で
『過去の成功パターン』が
現在の状況でも
そのやり方は
”鉄板”か?????




もちろん、

仕事でも

人生でも

”こだわり”はとても大切です。

”こだわってきたからこそ”
得られた成果も結果もある。

でも、

もし、

今、

仕事や

人生で

うまく行かない、と
感じているなら。


今までの
考え方、
やり方を
”手放してみる”。


”こだわりを、手放すこと”も
現状を打開するための
解決策になるかもしれません。





人気ブログランキングへ

わたしは
おっちょこちょい。



だから
”汚してしまう”と思って
白い色の服は
買ったことがありませんでした。


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

でも
おしゃれな友人に言わせると

「丸ごと漂白できる白は便利なアイテム」だそう。

服の素材によっては
漂白できないものもありますが

白は、絶対にダメだと
思い込んでいた私には

『目からうろこ』の情報でした。

ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!

*********************************************
〜Facebookでのリクエスト申請について〜

リクエストについて、
ご質問をいただきました^^

本名をブログには乗せられないため、
Facebookページ
から
”わたし”を探していただけると助かります!

リクエストの際には、
スパムと判別するため
一言メッセージを添えていただけると
うれしいです^^
*********************************************
メルマガ、
近々、Vol4 配信予定です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

生まれも、育ちも大阪です。



大阪のコテコテ写真。

わたしは、
れっきとした(?)

大阪生まれ。

大阪育ちですが、

ここにくると、
この写真を撮影したくなるのは
なぜでしょう?

10年ぶり?
ミナミのど真ん中を歩いてきました。

勇気をもって、小さな一歩を出してみよう!

今日は、
まったく違うネタで
書いていたのですが

ふと、
久しぶりに見た
記事で
心が揺さぶられてしまいました。


何かというと、
友人のy子ちゃん。

y子ちゃんとは、
イラストレーター。

人気絵日記ブログ
”めぐろのy子より”


雑誌のHPで
過去の彼女のブログ記事が
紹介されていました。

ムリ!とやる!

2011年2月の記事。
わたしは、
この記事を、
リアルタイムで読みました。

この当時、
わたしはy子ちゃんと
まだ出会っていませんでした。

ずっと、
ファンで!

毎日、
ブログをチェックしていました。

”憧れの人!”
だから、
とっても
”遠い存在の人”でした。


どうして、
今日、
改めてこんな事を書いているのか?

日付を見て、
びっくりしたんです。


それはね、
3年前の2月。
私はこの記事を読んで
勇気をもらった。

そして、
小さな一歩を踏み出した。

その数ヶ月後に、

わたしは、
ひょんなことから

ひょんな場所で

y子ちゃんとは知らずに、

リアル
y子ちゃんと出会ったのです。


ほんまかいな?
そんな話。

でも、
偶然が重なって
y子ちゃんと出会い、

出会ってしばらくしてから、
”y子ちゃん”だ、と
知ったのでした。


ブログを始めてから、
何度か
「y子さんと
 どうやって
 出会ったのですか?」と

ご質問を
いただきました。

その答えは、
”小さな一歩を出してみた”。


具体的に、
何をしたか?
というと。

月1回、
”研修に行くこと”
を口実に
家を出てみた。

それだけなんです。

それまで、
母が倒れて以降、

母たちのことが心配で
近所ですら
おちおちでかけられない
(と思い込んでいた)。

その状態から、

「勉強に行くから」
「月1回、外泊をするから」と

姉に宣言をして
強引に
姉に協力をしてもらいました。

そして、
半年間。

毎月、
月1回、
家を出てみました。

それが、
わたしがした
ムリ!とやる!でした。


つまり
『できる、できない』で
悩むことをやめて、

『自分の時間が欲しい』

『外に出たい』

その気持ちを優先して
行動してみた。

そうしたら、
同じ志をもった、
たくさんの友人に
出会うことができた。

たくさんの
すてきな
友人たちと出会えたことで、

安心して過ごせる
”場所”ができた。


その場所で
安心して過ごしているうちに、

わたしは、
自分のことを話せるようになった。

失恋のこと。

仕事で悩んでいること。

そして、
誰にも話せなかった
子どもの頃の
虐待のこと。


自分のことを話すようになると、

「きょんちゃん、おもしろい」

「きょんちゃん、それ、すごい!」と

わたしのことを

スキになってくれる人が出て来た!


その友人たちの中の一人が、

たまたま

y子ちゃんだった、

ということなのです。


久しぶりに読んだ記事で、
当時のこと、
忘れていたことを
思い出させてもらえました。

小さな一歩を踏み出すとき
とても怖かった。

でも、
勇気を出して一歩を出したら

本当に、
広い広い
大きな空が広がってたよー。

でも、
その感動を忘れちゃってたな。


思い出させてくれて、ありがとう^^



y子ちゃんのブログで
ワタシに激似の人が
赤裸裸に語っております(爆)


えー、
ちなみに。

わたしは
「窓の前でね」としか
言わなかったになー。

それしか、
言わなかったのになー。

アーティストは
想像力が豊かすぎて
困るわ〜(苦)



滋賀県初上陸 その1

滋賀県初上陸 その2



y子ちゃんの想像力
すごいわー!
と思われた方
拍手と
ブログランキングクリックで応援
お願いいたします(爆)



人気ブログランキングへ



勇気を出して
外に出たり

勇気を出して
自分から
誰かに愛を届けると


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

みなさんにとって
宝ものとなる
人に出会えます^^




ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!

*********************************************
〜Facebookでのリクエスト申請について〜

リクエストについて、
ご質問をいただきました^^

本名をブログには乗せられないため、
Facebookページ
から
”わたし”を探していただけると助かります!

リクエストの際には、
スパムと判別するため
一言メッセージを添えていただけると
うれしいです^^
*********************************************
メルマガ、
近々、Vol4 配信予定です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

なぜ介護をしているのか?

こどもあそぶぶろぐ

人と話す機会は貴重だな、
と思ったこと。

先日、初めての方と
お話をしていて

「なぜ介護をされてきたのですか?」と
質問をいただきました。

質問をいただいて、

自分でも、
「あれ?なんでだっけ?」と
思ってしまいました。

あれれ??
どうして?でしょう???

介護をされているみなさん、
介護を終えられたみなさん、

「なぜ介護をしてきたのか?」
この質問に
どんなことを、
お話しされますか?


わたしは、
最初、まったく
答えられませんでした。

だって、
毎日ことは、
ノルマをこなすがごとく、
とにかく、
こなす事が一生懸命。

それに、
介護は
”突然やってくる”から

その、
突然のできごとに
対処するのに精一杯で
無我夢中で過ごしてきた。

苦しくなるから、
なるべく
”考えないようにして”
こともあった。



いろいろ考えてみても、
答えがでず、
しばらく考えてみました。

そして、

最初に出て来た言葉は

「なんとなく、流れ的に」。

小さな事からの
家族間の”役割”の中で
いつのまにか、
してきたこと。

これも確かに答えの一つだな、と。

でも、
これだけでは
しっくりこない。

昨日の記事
子どもの愛は無償
で少し書きましたが

考えた中で
でてきた答えは、

”母親の笑顔をみたかった”
でした。

これが、一番、
自分にしっくりきました。

でも、
まだ何か
心の中にありそうな気がして。

そこから、
さらに
自分の気持ちを深堀してみると。。。

そうしたら、
出てきました。


”母親に褒められたかった”

自分でも信じられないような
自分の”ニーズ”!!!


正直、
ぎゃーです。

褒めて欲しい!?

これは
今までで、
最も禁止していたこと!!

時々、出会う、
『ほめて、わたしを褒めて!!!』
こちらのエネルギーを奪うがごとく、
訴えるタイプの方
とっても苦手でした。

『褒められてたくて、やるなんて、ありえん!』
そう、
怒っていました。

な・の・に、です!!

介護も
仕事も
人から褒めていただくたび、
「わたしは、褒められたくてやったわけじゃない」
そう言い放ちながら、

ホントのところは
うそぶいていた
わけですなー。

うわ〜です。

ぎゃーです。
(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!



ちょっと、
胸がイタタタ、、
となっていますが


単に、
わたしは
ほめられたかったんだなー。

そう素直に認めると、
いらん力がまたぬけました。


みなさんが介護をされている、
されてきた
”理由”はなんですか?

もしよろしければ
教えて下さい^^

ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!




人気ブログランキングへ
 
今日は大阪まで
車でゴー!

名神も、
近畿道も
阪神高速も、
最近は、
ちょろいもんよ〜!!!

ですが
    



子どものころ
自転車で走行中


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
よそ見をしていて
電柱に衝突したこと。

それも、
1度ならずも、
4度したこと、、

同乗者には
ナイショです。





*********************************************
メルマガ、
今週末には、Vol4 配信予定です^^
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

子どもの愛は無償。

昨夜、
ある人とお話していて
思い出したことがありました。

子どものころの虐待。

親、祖母との関係は不良。

なのに、なぜ
「わたしは介護をしてきたのか?」

話している間は、
答えがでませんでした。

少し落ちつくと、
これかな?と思うことが出てきました。

それは
「家族をわたしのような目にあわせない」
と思たこと。

どうしてか?

虐待を受けていたとき、
とても孤独でした。

身体の痛みより、

「わたしは愛されてない」
と感じることが

かなしくて
さびしいことが
何より辛かった。


不思議なもので、

虐待されていたときに、
母たちへ
うらみ
つらみの
気持ちは持っていませんでした。


うらみ
つらみは
大人になってから
感じたことだったなーと。

つまり、
虐待を受けていた当時は
親を恨むよりも、

「自分のような辛い思いを誰にも味わせない」と
思っていた。

不思議なことだな、と
自分でも感じていました。


先日、この話を友人にしたところ
友人が

「親の愛が無償っていうじゃない?であれはウソだよ」

「無償の愛で向き合っているのは、子どもの方だよ」

そう言ってくれました。

虐待を受けている子ども
虐待を受けていた子どもたちの多くが

「お母さんごめんなさい」
「お父さんごめんなさい」

そう謝るんだそうです。

暴力をやめてほしいから、ではなく、
自分が
”悪いことをした”そう思っている、と。

なぜなら、
どんなことをされても
子どもは

親のこと、

大好きだから!




虐待を受けた子どもの多くが
親のことを
大好きだ!と思っていること、

「自分がいい子じゃなかったから」
そう、
自分を責めていることを
不思議に思う人も多いかもしれない。


虐待を受けた、
子どもたちの代わりに、
泣きながら怒ってくれる人も
いるかもしれない。

親を恨んでいい!
あなたが悪いんじゃない!
謝らなくていい!

でもね、
たくさんの人たちが、
「あなたが悪くない」
と言ってくれたとしても

彼らはきっと、
「自分が悪いんだ」
そう、思い込んでしまう。




虐待を受けた子どもは
”被害者”なのに、

自分では
”加害者”だと思い込んでる。

親に嫌な思いをさせてしまった
親を傷つけてしまった

そう感じて、
自分を罰している子どもも
少なくない。


わたしも、ずっと
思っていました。

愛されないのは、
自分のせいだと。


いつも、
しんどそうにしていた母を
イライラさせているのは
自分だと、
思っていました。

だから、
その罪滅ぼしに、

イライラしている母に
何かできないか?

子どもごころに
そう思っていた。


そんなことを思い返していたら、
あることに
気づいてしまった!


わたしは、
”母に笑っていて欲しかった”

泣きそうなのに、
泣かない母に

イライラして
苦しそうな母に

ただ、
笑って、そこにいて欲しかった。

それだけだった。



虐待した母を、
迷わず介護したのも、

ひどい言葉で
わたしをののしった祖母を
介護をしよう!と思ったのも、

「家族に笑っていてほしかった」
その気持ちからだった。

そう思うと、
何か、身体から力がぬけるよな
感覚になりました。

そして、
これからは、
”罪悪感”で行動するのは、
やめよう。

そう思いました。


だって、
罪悪感から
頑張っても、

誰も笑顔にはならないから。

だから、
罪悪感を手放す、ことを決めました。



人気ブログランキングへ
 ↓
介護にまつわる事件の
加害者と被害者の関係性は
 ↓    



夫婦
親子がほとんどを占めています。


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

つまり、
仲が良くても、
お互いを手放せない
”癒着”関係は
問題がおこりやすい。


ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!



*********************************************
メルマガ、
今週末には、Vol4 配信予定です^^
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

癒着ではなく、本当の”つながり”って?

先週から、
猛暑日続きの滋賀でしたが

今日あたりから、
梅雨らしい空と蒸し暑さとなりました。

ニュースでも、
連日、
脱水症状、
熱中症に関する報道がされていますね。


私自身も、
朝、洗濯物を干すだけで、
湿気と気温の高さで
気分が悪くなる時がありました。

自分の体調の変化はもちろんですが、

母の体調の変化、
顔色をみていると、
”危険な季節到来”を実感しています。

母は複数の病気を患いました。

寝たきりになった主要な原因は
くも膜下出血でした。

寝たきりになる前に、脳梗塞も発症しました。

脳梗塞では、
脳幹という、
自律神経を調整してくれる場所だったため
母の身体は、
体温調整がうまくできません。

この季節は、特に、
身体に熱がこもりやすいのです。


今朝も、7時ですでに37℃。

慌てて、保冷剤を利用してクーリングと

スポーツ飲料水を薄めたものを
胃瘻(いろう:胃から直接栄養を摂取するための”入り口”)
から水分補給をしました。

この時期は、
起床時から眠るときまで
母の身体の変化にどきどきさせられます。


一般的には、
胃瘻(いろう)を造設してからの
存命期間の平均年数は、
3年だそうです。

母は、今年、
5度目の夏を迎えることができました。

もちろん、胃瘻をして、
5年どころか、
10年ちかく、
お元気な方もたくさんおられます。

それは、
私が働く職場の病院でも目の当たりにしている
”事実”です。


それでも、
母の日々の様子に、
わたしはいつもビクビクしてしまいます。

母に何かあったらどうしよう?

母の体力、
母の命、
母の人生そのものを
”信用していない”自分が
「何か起こったらどうしよう?」

そう思えて
私はずっと
起こってもいない”未来”に
怯えていました。

もちろん、
冷静なもう一人の自分は
分かっているのです。

母の人生すべてを
わたし一人の力で
支えることなんて、
できない。

どんなに完璧なケア、
介護をしたとしても、
母は体調を崩す。
身体の動きも、年々悪くなって行く。


介護は
一人で背負うものではない。

そう頭では理解しながらも

長年の介護の中で
感じ続けて来た
「母に何かあったらどうしよう」
その不安な気持ちを手放せませんでした。

だから、ずっと、
『自分が家族を守るんだ!』と
自分に言い聞かせてきました。

自分で自分に役割を持たせて、
自分を奮い立たせることで、
わたしは、
祖母、母、弟3人を
同時に介護することができました。


でもね、
母の在宅介護を初めて、
3ヶ月目には、
私はもう、
介護に疲れ果ていたんです。

自分でも
疲れていることに気づきながら、

それでも、
これがわたしの役割なんだ、
仕事なんだ!と信じて
頑張ってきました。

その結果、私は
介護に燃えつきました。

直接介護することだけが
愛情なのではない。

一緒に暮らすことだけが
愛情なのではない。

家族として、つながること。

離れていても、
心がつながる、ということ。

そのことを、
今、考えています。




今日、わたしの何気ない言葉に、

母がとても喜び、
にっこり笑ってくれました。

母が笑顔でいてくれること。

うれしいはずなのに、

私は、
なぜだか、
大泣きをしてしまいました。


もう、ずいぶん長い間
自分は頑張ってきたんだ。

十分すぎるほど、
頑張って来たんだ。
そう感じました。


母の笑顔が
”もういいよ”と言ってくれたように見えて、
涙がとまりませんでした。



母が、胃瘻造設後の、
存命平均の年月を超えた今。

いのちの
数字では表しきれない重み。

そして、
母の人生。
自分の人生。

きちんと分けて”生きる”ことについて

考えています。

 ↓

人気ブログランキングへ
 ↓
市販のスポーツ飲料水は
水分補給時に
手軽でいいのですが
 ↓    



糖分の過剰摂取に
つながる可能性があります。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

我が家では、
3倍〜5倍の濃度に薄めて
起床時前の、水分補給に利用しています。

水分補給の注意点や
手軽が案がありましたら、
教えていただけると
うれしいです^^
ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!



*********************************************
メルマガ、
今週末には、Vol4 配信予定です^^
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

いろいろありますが。



先週土曜日、
義兄が入院しました。

義兄の入院、
今年だけで3回目。

前回の入院では、
いつ何が起こっても不思議ではない状態でした。

おかげさまで、
体力、気力ともに持ち直して
5月に、退院できました。

ところが、先週、
またもやの緊急入院。

ありがたいことに、
前回の入院と違い、緊急性は低く、
状態も安定しているとのことでした。

それでも、
入院は大ごと。

なにかと、
用事も重なる。

姉は忙しいにも関わらず、

先週末、
義兄のいる病院と我が家とを何度も往復。

不在のわたしの代わりに、
我が家でがんばってくれていました。


今日も、姉は
ひょっこり我が家へ来ました。

そして、
勝手しったる我が家で
義兄の洗濯物を洗いはじめました。

洗濯機が回っている間、
自分でアイスコーヒーを入れる。

勝手にテレビをつけて
録画していた韓流ドラマを
のほほんと見る姉。

姉の行動を見ていて
おいおいっと
思うところもたくさんありましたが、

姉と私の性格の違いがあって良かったな〜と
ふと思いました。

私みたいな、
猪突猛進
力技で問題解決しようとするタイプ。

それも、
燃えつきたり、
深刻ぶるタイプが
二人もいたら!?

、、、、二人いなくて良かった。
本当に。(-_-)ウーム


ふと、
昔のことを振り返ると、
姉はいつも、
どこか冷めている子どもでした。


母と祖母が、大声で争っていたとき。

母が、アルコールの問題を起こしたとき。

父が危篤になったとき。

なんとかしよう、として
うまくいかずに、
自分も泣き出していた私とは対象的。

姉は、静かに見ていた。

そして、
いつもまにか、
その場から消えて、
自分の部屋へ閉じこもっていた。


わたしはずっと、
姉のことをずるい、
と思っていました。

大事なときに、いつもいない。

わたしにすべて、
押し付けてる!!

でもね、
今考えると、

姉は
「そっと消える」ことで
自分を守っていたんじゃないか、と。

自分の感情を凍らせて、
争わないことで、
自分も家族も守ろうとしていたのではないか、
今日は、ふと、姉を見ていて
そう、感じました。


姉も平気な顔をしていても、
怖かったんだろうな。

姉も苦しかったんだろうな。

だから、自分の存在を、
そっと消して過ごしていた。

自分から家族から離れた。


思い返せば、
姉は、小さいときから

家族からも、
学校の先生、
周囲の大人からの受けがとても良かった。

『成績優秀』
『言われたことを、きちんとやる』
『とてもいい子』

でも、
そんな風に褒められても
姉を笑うことは、一度もなかった。

今日は、そんなことを思い出す一日でした。


そして、
韓流ドラマに出てくる俳優さんに

うはうは喜ぶ姉をみながら、

「ま、ええか。」

ほっとさせてもらっている
自分にも気づきました。



BS NHKで放送中だった、
韓流ドラマ『太陽を抱く月』。

もう終わっちゃったの!?と嘆く姉に
共感してくださる方、
ブログランキング クリックで
応援お願いいたします(爆)!


姉は最近、
BS NHKや
ケーブルテレビの
海外ドラマチャンネルを目当てに
我が家へ来ます。

 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
姉のおかげで
韓流ドラマやその役者さんを
見る機会が増えました。
 ↓    



たしかに、男まえ、
べっぴんさんの世界やわ〜。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


兄弟、姉妹で協力しながら介護。
それぞれの生活環境を守りながら
どう協力したらいいか、
迷いますよね。

もしよろしければ、
ご意見、ご感想いただけるとうれしいです^^
ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!





*********************************************
メルマガ、更新、遅れております!
今週末には、Vol4 配信予定です^^
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

キラキラしちゃいましょう〜☆!


”天空のチャペル”
アルモニーアンブラッセ大阪


先週の木曜日
アルモニーアンブラッセ大阪で開催された、
撮影ランチ会に参加してきました。

主催者、フォトグラファーともに”女性”。

お二人とも、わたしの憧れの人!

主催者は、
笑顔がとてもチャーミング!!
存在そのものが、人を癒す。

南大阪最大のコミュニティ
Smile Community』、
代表の元辻悦子さん。

そして、フォトグラファー。
真の強さ。
力強さ。
女性としての輝きがまぶしい!

輝く女性の現場を撮る
福岡唯一の女性フォトグラファー、
中野貴子さん。

この、
撮影ランチ会のために用意された
コース料理。

前菜から”あゆ”。
970721_408046102644548_1002848326_n.jpg


なんとか豚と
アスパラの原種?のお野菜添え。
固有名詞に弱いワタシ。
995807_408046125977879_1565769268_n.jpg

もちろん、
デザートも
おとめ心をわしづかみのもの!

でも、食意地が勝ってしまって、
写真を撮るのを忘れてしまいました(爆)

そして、
繊細で美しいランチをいただいた後に
今回は
サプライズが用意されていました。

ホテルのご好意で、
建築家・安藤忠雄さんがデザインされた
チャペルで撮影したいただきました!

”天空のチャペル”


中野貴子さんの思いは
「その人らしさ、
 その人が本来もっている魅力、
 美しさ、心を
 写真を通して”受け取って”もらいたい」。

だから
自然光だけの撮影。

もちろん、
写真には、一切”修正しない”。

とても不思議なことですが、
ファインダーを通して
中野さんの思いにふれるだけで
心がとても軽くなります。

実際に、
写真が苦手なわたしでも、
カメラに向かって、
自然に
にっこり微笑んでいました。

わたしを撮影していただいている風景を、
参加者の方が、
撮って下さっていました。
1008982_421649997942799_64813026_o-1.jpg

写真を見ると、
自分がどれだけリラックスできているか
楽しんでいるか、
わかりました。

自分のための時間。

自分が楽しむ時間。

本当に大切だなーと思いました。


でもね、
家事や介護、育児、
そして仕事に追われていると
自分のための時間を作るのは
なかなか難しいですよね。

家族の笑顔を守りたい、
そう思って、頑張るうちに、
自分の身体も
心もクタクタ。

気がつかないうちに、
時間も生活スタイルも
パターン化してしまう。


毎日の時間の使い方、
生活パターンを変えることは
自分一人ではなかなかできない!


だから、
わたしは、
”自分も家族も笑顔!”を実践していらっしゃる方々と
お会いする機会を増やしています。

つまり、
実践されている方から
自分が今まで気づかなかった方法、
選択肢を
直接お会いして、教えていただいています^^





”等身大のあなたの素敵に出会う撮影ランチ会@大阪”
次回は8月!
詳細は
こちら



育児、介護、仕事に奮闘されている方々、
忙しい中でも、こんな工夫があるわ!
輝けるわ〜☆!と感じておられる方、

自分の時間がとれない、と悩む
たくさんの方々へ
ちょっと心が楽になること、
ちょっとほっとできる
”ヒント”を教えて下さい。

ご意見お寄せください^^

ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!



アラフォー、
アラフィフ女性もいいんじゃない?
と感じられた方、
ブログランキング クリックでの応援お願いいたします☆!


美しい、
元辻さん、中野さんですが
 ↓

人気ブログランキングへ
 ↓
じつは、
天然の元辻さんを
笑いにうるさい中野さんがつっこむ
絶妙な”コンビ”。
 ↓    



エレガントな空間で
笑いが耐えないランチ撮影会でした!

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

愛っていうのはね。。。(なんちゃって)

ha-toburogu


今月、3度目の上京で、お部屋に籠って勉強しました。

少々、疲労が溜まりますが、たのしっっっーい時間でした。




最近、なぜだか恋愛相談を受けることが増えました。

アラフォー、シングルのわたしくに

何を聞くんじゃ!ってなもんですがゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

おかげさまで、友人たちは、わたしと話すると、

すっきりするそうで、お役に立てて、なによりだわ〜。です。



さて。

友人たちの悩み聞いていて気づいたこと。
その多くが
「○×してくれなかった」と怒っていることが多い。

これは、恋愛問題にかかわらず、子育て、会社での人間関係での悩み。

多くの人が、共通して感じていることでした。

この共通点に気づいたので、
わたしは「○×してくれない」と悩んでいる友人たちに、
同じ質問をしてみました。

「”○×して欲しい”という自分の希望を、ちゃんと相手に伝えられてる?」


メールでも、直接でもいい。

ちゃんと「わたしはこれを望んでいます!」と言ってるか?

この質問をすると、ほとんどの人が、

「言っていない」と、返事がありました。


具体的には、
「メールの返事ちょうだい、電話してって言えない」

「相手が迷惑かな?と思う」

「重たいオンナになりなくない」

だから、「言わない」「言えない」。

でも、「察して欲しい」。

「察して、動いて欲しい」。

「察して、わたしが望んでいる行動をしてほしい」。

わかってくれない!
行動してくれない!!
愛してくれない!!!

と怒ってる。


でも
エスパーじゃあるまいし!!!

ヾ(・ω・o) /です。

もちろん、
冷静に、考えれば、

「言わないで伝わるはずない」ことはみんな分かってる。

でも、
「当事者」は見えなくなっちゃうんですよね。

わたしもそうです。
よくやっちゃうこと!!!


だから、
人にアドバイスを求めることも大事だな〜と感じています。


あと、もう一つ、気づいたこと。

わたしたちは、
相手の行動、一つ一つに、勝手な意味付けをしている、ということ。

○×してくれたから、わたしは愛されてる。

逆に、
○×してくれなかったから、わたしは愛されていないと感じる。

例えば、
自分が望んでいること

自分が欲しいこと

自分を満たしてくれること

それをしてくれたから「愛されている」と感じる。

それは、確かに「愛されている」かもしれないけれど、

それだけが「愛の証」なのか?


逆に、

望んでいた自分の希望を満たしてくれなかったことが、

「愛されていない証」になるのか?????

実際には、わからなーーーーーい。


わたしたちは、

相手の望むこと、

希望すること、要求にできるだけ応えたい。

でも、時と状況、場合によっては、
すぐに、そのことに「応えられないこと」もある。

でもね、すぐに「応えられないこと」が
「愛していない」わけではないでしょう?

もちろん、
そんなこと、わかってるよ〜。

わかってるけど、つい、思っちゃうのっっ!

だって、不安になるやんっっっっ!!!

ですよね。

そう!
「わかっちゃいるけど」この感覚が大事だと思っています^^

すぐにはできない。

でも、「そうそう、そうなんだよ〜」と、
うだうだしちゃう自分へ「てへっ」笑いをする余裕。


「また一人拗ねをしちゃった」

「またこのパターンで、ケンカしちゃった〜」

「また被害妄想で、人を攻撃しちゃった〜」


そんな、自分に「てへっ」と笑ってあげて、

自分のことを「そんな自分も、スキ!」と言えること。


「○×して〜!!!してして!!!!なんでしてくれないの!!」と
怒ったり、
相手へ要求と突きつけたり、
相手から奪うばかりではなく、

相手へも、
自分へも「てへっ」と言える余裕も、

愛じゃないかな、なんて

最近感じています。



*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

して欲しいことを、言葉にしてみると
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
想像していたことより
 ↓    



ずっっっっといい結果がでることがあります^^

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


欲しいものを欲しいという。
直球ど真ん中で、言葉にしてみる。

Yes、Noは相手にゆだねる。


お友達から、言葉にして練習してみるのもいいかも^^V

とりいそぎ。

ブルブログ

今から、祖母の通院の付き添いででかけます。

昨日、いただいた、メッセージの中で、はっとすることがあったので、
取り急ぎ!

決断(コミット)する、ことは、
一人でがんばる、
一人でなんとかする、
一人ですべて背負う、ことではない、と思っています。

どんな決断をしてもいいのですが、


・決断した理由(どうして、そうする、と決めたのか)

・決断したことで、したい結果(どんな、結果が欲しいのか)

・決断したことで、どんな感情が生まれるのか(どんな気持ちになるのか?)

この3点から、振り返ることも大事だと思います。

決断した理由、欲しい結果、感じる感情が、
「自分がこうなりたいから!」という、「自分がそうしたいから」
問題はないのですが、

「誰かに頼らないため」「誰かとの縁をきるため」「誰かを驚かせるため」

などなど、「関係をおわらせる」「誰か、思惑からのがれるため」「誰かをぎゃふんと言わせるため」に眼差しがいくと、
方向性がぶれることがあるから。


そして、何より大切なのは、

その決断した結果、

心も、身体も、経済も!豊かになる、という方向に向いているか?


我慢したり、

自分を押し殺したり、

自分の存在を押し殺す方法ではなく、


自分が満たされること。

自分の心が安心すること。

自分の身体も休まること。

自分の身体も心も、
「幸せになる」
「幸せになるための方向性」
「幸せになっていい!安心してほっとしていい!!!」

そう!「幸せ」が基準です。


育児も、介護も、会社での人間関係でも、

「一人」でできることは限られています。


人に頼る事。

人からいただくこと(受け取る事)。

受け取ったものを、しっかり咀嚼して、

「自分のものにする」
「自分を豊かにする」
「自分を幸せにする」。

自分が幸せだ!と感じてはじめて、

周囲のことも、社会のことも、世界のことも、

自分を攻撃する世界ではない、と感じられるから。


どうか、一人で孤立しないでください。

どうか、一人で、苦しまないでください。

どうか、一人で、闇の中へと行かないでください。


長い間、お一人で頑張ってこられたのですね。
とても大変でしたね。

いつも、苦しいお気持ちを、お一人で飲み込まれて来たのですね。
どれだけ、たくさんの涙を、お一人で流されて来たか!

その苦しさを、いつも、お一人で、抱えてこられたのですね。
苦しいお気持ちを、言葉にしてくださってありがとうございます。


あなたの悲しみを、苦しみを、怒りを、

みんなは、すべてを理解することは、できないかもしれない。


でも、

「何かできないか?」そう感じている人はたくさんいます。

苦しいお気持ちのメッセージ、ありがとうございました。
言葉にするときの、お辛いお気持ちを乗り越えて、書いて下さってありがとうございます。

またいつでも、お越し下さい。
いつでも、コメント欄を自由の利用してください^^
お待ちしています^^

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

滋賀の朝は、夏のようです。
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
今から、祖母の歯科受診
 ↓    



午後から、職場へ行ってきます。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


ばたばたしますが、
今後の仕事について、相談してきます。


そうそう!
映画、「くちづけ」とても良い映画なので、
おすすめです!
映画くちづけの公式サイトは
こちら

映画「くちづけ」を観てきました。

貫地谷しほりさん、竹中直人さんが出演されている
映画「くちづけ」を観てきました。


元人気マンガ家の父。
知的障害がある娘。

娘の「居場所」探しに奮闘するなか、ようやくみつけた「場所」。

でも、現実は、親子にさまざまな問題がふりかかります。



父には娘への愛があった。

愛はあふれるほど、あった。

でも、「事件」はおこった。

ちなみに、この映画は、
実際に起こった事件をベースに作られています。


父と娘との間には愛があった。

父と娘は、他の人との交流もあった。


何がなかったのか????


わたしは、竹中直人さん演じる「父」が、信用すること、ができなかったのではないか?
そう感じています。

つまり、
「娘の未来を、信じること」

社会問題が山積みの、この時代のなかでも、娘が生きて行く力がある、と信じること。

自分以外の誰かと、娘が幸せに生きていくことできる、と信じること。

これからの長い時間、娘が、誰よりも幸せになっていく、と信じること。

先が見えないとき、「信じること」は難しい。

でも、出口が見えないときこそ、
「信じること」を、諦めてはいけない、
そう感じています。



映画を観ている間中、共感を通りこし、胸が苦しくなりました。

我が家でも、弟がショートステイを利用する度に、
自分で自分の髪を抜く”自傷行為”が出ます。

施設のスタッフの方々がみなさんが努力され、

がんばってくださっている事は十分わかりつつも、

家族としては、辛い現実があります。


手荷物はすべてスタッフが預かり、
本人には必要な時に手渡される。

いつも読んでいる本やおもちゃを持ち込みは禁止。

フロアで、テレビを観て過ごすだけの時間。


入り口、廊下はすべて施錠され、

どこへ行くにも、”カギ”を開けてもらわければ、出入りできない。


ショートステイを利用から戻って来たとき、
弟は、自傷行為が激しくなります。

施設の環境が、

「住む場所」とはほど遠い、
「管理する場所」になっていることに、

私は苦しい。

でも、
「仕方ない」

「お世話になっている身だから」

「利用できなくなると、困るから」

そんな言葉で自分自身に言い訳をしながら、
目をつぶってきました。


どこか、諦めて、言葉を飲み込んでいたのです。

でも、
このまま声を出していかなければ
介護、福祉、医療の現場、その環境は
”変わらない”、と感じています。

だから、
一度、利用前後の弟の様子を伝えること、
家族の気持ちと
今後の利用についての迷いを、
スタッフの方々へ伝えてみようと思います。

施設の運営上、
管理上、
リスク上、
解決できない問題もたくさんあると思います。

だから、
「弟が自傷行為をして帰ってくる姿を見るのは、
 家族としては辛い。悲しい。苦しい。」

その気持ちから、伝えていきたいと思います。


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

セミナーで、一緒に勉強さえていただいている方が
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
以前、「くちづけ」の舞台(東京セレソンでラックス!)を
観劇されたそうです。
 ↓    



そのお話を聞くだけで大泣きでしたが


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


実際に映画を観ると
作品のあたたかさに、また大泣きでした。

映画くちづけの公式サイトは
こちら

Are you ready?

ぶるたん。

「磨けば光る、原石!」

「やればできる子!」

「本当はいい子!!」

わたしは、子どものころ、親や、先生たちに、耳にタコができるぐらい、
”本当のあなたは”と付け加えて、よく言われていました。

まだ、小学校の低学年だったわたしは

「本当は、ってつけてるところで、すでに疑ってるやん!!!」と
大人たちの会話が悲しくてたまりませんでした。


本当は、光るものあるよ、でも今のあなたは、そうじゃない。

そう言われているように聞こえて、
大人って、いい加減だ!と不信感でいっぱいでした。


わたしも、大人になって、少しは、「大人の事情」を理解できるようになり、

子どもの頃に言われた、「言葉」と、その言葉を「発した大人たち」のことを
少しは理解できるようになりました。

それでも、子どもの頃の、これらのやりとりは、
けして、良い思いでとは言えません。

だから、
自分が言葉を誰かに発するときは、

「リッピサービスを言わない。書かない」をモットーにしています。

そして、
できるだけ、伝えたい言葉のど真ん中を表現するようにしています。

子どものころ、
大人たちの何気ない言葉に傷ついたからこそ、
言葉の一つ一つ、丁寧に、誠実に向き合いたいから。



先日、友人たちと話していたときのこと。


友人のAちゃんが、これから実現したい夢について話をしてくれました。

「海が見える場所で、人が集う場所を作りたい。」

彼女の目標のお話は、映像になって、わたしたちの心に届きました。


その「夢」を語りだした、Aちゃんの表情はキラキラ!
目の輝きもどんどん増して行きます。


そして、ひとしきり、その夢を語ったAちゃんは、
「で、その夢を実現できるのには、時間がかかる、と思うんだ」


「だから、まず、手頃な場所で、、、、、」と話を続けていきました。

でも、「まず、手頃な場所で」と言葉が変わったとたん、
彼女の表情や目、言葉からキラキラが一気に降下。

同じ夢の話をしているはずなのに、「手頃な場所で」と言い出したとたん、
彼女をとりまく空気感まで、変わってしまいました。


その話を一緒に聞いていた、Bちゃんは、

「その夢、すごいね〜。楽しみだね!!!」と言った後、
 でもね、と言葉を続けました。

「人ごと、だから言えるからかもしれないけど」

「どうせ目指すんなら、どうして、

最終ゴールの”海が見えるその場所”を最初から狙わないの?

この、Bちゃんの、超ストレート、ど真ん中豪速球に、
当のAちゃんだけでなく、わたしも、見逃しの三振状態。

わたしは、しばらく、
次の言葉が出てきませんでした。



夢を語るとき、人は希望、夢、未来にワクワクして
エネルギーに満ちあふれます。

でも、「行動化」する段階になると、急にエネルギーが低下します。


「本当はAに行きたいけど、最初から狙うのは怖いから、まずはBでいいや」

そうして、
一番、したいことより、

一番、欲しいものより

一番、実現したいことよりも、

「ある程度のまあまあのことろでいいです」と
自分から直球ど真ん中を投げない。

直球ど真ん中のボールが来たとしても、「受け取らない」。



「準備ができていないから」

「最初から、そこを狙うのは、難しいから」

「だって、あの人がそう言ったし」

「できない理由探し」をしている時、
わたしたちの表情は、曇っている。


夢を語る時、キラキラするのは当然。

夢のまま、語っていれば、「夢は無限大」のままで残せるから。

無限大のままの夢を、語ることは、とても楽しい。

でも、
夢を実現するためには、
様々な、面倒な問題や課題を目の当たりにする。


行動する、と自分で決めなければならないし、

自分から動かなければならない。

その作業中に、「難しい問題」もたくさん出てくる。

予想していなかったこと。がっかりすることも、たくさん出てくる。

一番大切にしている夢であればあるほど、
「現実を目の当たりにして」がっかりしたくないから

「行動すること」が怖くなる。



成長している人、変化をしている人、結果を出している人たちを見ていて、
気づいたことがあります。

課題、問題、難題が出て来ても、

「それでも自分はやる!」

「実現しないかもしれない。でも、挑戦する!」

「挑戦することは、誰でもなく、自分が決めたことだ!」

決断し、行動し、自分自身で責任をとった人が、結果を出している。





でも、多くの人は、人が「変化」「成長」「成功」した部分だけみている。

「あの人だけ、目立って、ずるい」

「あの人だけ、応援してもらって、ずるい」

「あの人だけ、成功して、ずるい」


あるいは、「自分にはないから」とそんな理由を口にするかもしれない。

「その人たちは、勇気がある人だから、できたんだよ」

「その人たちには、特別な才能があるからできたんだよ」

「力も、コネも、金もない自分にできるはずない」


わたしも、自分への言い訳ばかりしてきました。

自分に”がっかりしたくない”から、
夢に向き合わないでいいように、たくさんの言い訳をしてきました。


自分の力、価値、才能をを否定する言葉で、

自分を傷つけていること、
何度も、何度も、何度も繰り返してきました。


自分のことが信じられなかったとき、
私を信じて、側にいてくれる友人がいました。

自分の力を信じられなかったとき、
「あなたはすばらしい!」そう、応援してくれる人がいました。

もうがんばれない、そう思った時、
「みんなでバックアップする!しっかり休め!」と言ってくれた人がいました。

あるがまま、自分の弱さ、怠慢さ、傲慢さを自分で認めて、
あるがままの自分で人とつながろう、と決めました。

あるがままでいよう、と決心してから、

人からの信用、応援、協力をいただけて、
わたしは、自分のことを、もう一度、信じよう!と思えました。

自分自身のことを信じられないときは、他の誰かのことを、その人の言葉を信じてみる。


人を信じられない、と思ったときは、自分のことを、未来のことを、信じてみる。

未来を信じられない!!!!と思ったとき、
過去のできごと、自分、人を信じてみる。


思うようにならないとき、

あきらめてもいいと思うんです。

拗ねたり、ごねたり、だだっ子になって、八つ当たりをしてもいいと思うんです。

立ち止まって、しゃがんで、穴に隠れても、いいと思うんです。


でも、いつでも、どんなどきでも、どんな瞬間でも

自分が「がんばろう!」と決意できたとき、

かならず、「誰かの応援、協力、サポート」が出てくる、わたしはそう信じています。




人に認められないかもしれない。

失敗するかもしれない。

人生が終わるまでに、たどり着けないかもしれない。


でも、挑戦したい、と思うことが、
自分の目の前に出てきました。

怖さを感じながら、それでも、

「挑戦する」ことを、決めました。

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

「やる」と決めると
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
突然、「協力する!」と言っていただける方に
出会う確立が、増えます。

 ↓    



熱意や想い、愛だけでは
事を成せませんが


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


まずは、決心をしましたなり。
直球、ど真ん中、いっちゃうよーん



怖いものは怖い。そりゃそうです。 〜お化け屋敷に入らない人が、一番怖い〜


写真:ゆいchan


みなさんは、遊園地やテーマパークの
絶叫系の乗り物?アトラクションはお好きですか?


わたしは、正直、まったくダメなんです。

乗り物だけではなく、お化け屋敷もまったくダメ!!

過去に、何度か、絶叫系マシーンにチャレンジしたこともありましたが、
あまりの怖さに、

自分のマイルールの中では
「わたしは今後、人生が終えるまで、絶対に乗りません」と
決めていました。


ところが、

先日、友人たちが、わたしの誕生日記念で、
ディズニーシーに付き合ってくれた時のこと。

友人のゆいちゃんが、

「わたしはこれだけは、絶対に乗りたい!」と宣言したのが

写真の「タワーオブテラー」でした。

高いところから、急降下する乗り物。

一瞬ためらったものの、

「おうっっ」とおとこ前な返事をしたわたしでしたが、

内心は、右往左往。(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

過去の記憶が読みがえり、乗り場が近づくにつれ、テンションダダ下がりに。

「あかんねん。ほんまあかんねん。」

乗り場手前で、だだこねるわたしに、
友人は

「きょんちゃんらしからぬ、その往生際の悪さはなに!?」と驚かれる始末。

「本当に怖いんだね。じたばたするきょんちゃんを見るの、はじめて!!」とまた驚かれたり。

そうなんですよね〜。

わたし、なんでも、どんなことでも、どんなハプニングでも、

即決、速攻行動、即時解決するような生き方をしてきたので、

本来のびびり姿を、親しい人にも見せてなかった。


本当は、とってもびびりで、恐がりで、泣き虫。

小さい頃、たくさん怖い思いをして、大人の理不尽さも、闇の部分も見て来た。

たくさん、泣いたし、

心が崩れるぐらい悲しんだ。

思い出せないぐらい、怯えてきた。



その中で、自分で決めたこと。

こんなに泣くことは、二度としない。

こんなに悲しむことも、二度としない。

こんなに、怖い思いを、二度としないために、わたしは強くなる。


「泣かない」
「悲しまない」」
「怖がらない」


そう!「強くなる!!」
自分で決めて、今まで成長してきました。


強くなると決めてから、
自分自身にも、友人にも自分の弱さを隠してきました。
でも、いつのまにか、

自分ですら、怖がりの自分を「隠していること」を忘れていました。



アトラクションを待つ間、
自分がどれだけ、びびり屋なのかを友人たちに素直に話しました。


「恐がりで、小学校のとき、インフルエンザの予防注射の行列から逃げたことがある!」

「本当は、優柔不断のヘタレ。弱虫、泣き虫、恐がり!!」


「今すぐに、ここから逃げ出したい!本気で思ってる!!

不思議と、自分の弱さを声に出してしまうと
「逃げ出したい怖さ」は少なくなりました。

それでも、「やっぱり乗りたくない〜!!」と
最後まで、ジタバタは続きましたが、
「お上際が悪いー!!!」と友人につっこまれがながら、
無事、アトラクションに乗りこむことができました。


結果、、、、もちろん、
怖いのは、むちゃくちゃ怖かったのですが

絶叫系好きの姉にいわせれば、タワーオブテラーはたいしたこない、と言い切るのが、わからん!

のり前に想像していた「怖さ」より怖くなかったのです!!Σ(・ω・ノ)ノ

乗る前、行列に並んでいるときの方が、

本気で逃げ出したくなるぐらい、怖かった ウォー (丿 ̄ο ̄)丿


そう思うと、私たちが感じる「恐怖」は、

「記憶」「想像」「空想」をからめて、

頭のなかで倍増しているだけ!

実際に、動いて、体験してみると

想像していた”怖れ”にくらべれば、「へ」みたいなものかもしれません。




今朝の早朝のハプニング。

母が、ベッドから抜け出し???(普段、寝返りすら打てないのに!∑(-x-;))

ナゾの転倒をしていた件。

背中を数カ所、擦り傷ができただけで、大事にはいたりませんでした。

ご心配をおかけいたしました!ありがとうございます!



早朝のハプニング、母の対応をしながら、
わたしは、ずっと、絶叫アトラクションのことを思い出していました。


素直に、悲しいと感じていい。

素直に、怖い、苦しいと感じていい。

泣きたければ泣いてもいい。

母をベッドに連れていきながら、
いつもとは違う、冷静さを感じていました。



母も私も、興奮気味だったので、
一日、二人で静かに家で過ごしました。


その時間を使って、
今日は、どんな感情も抑えこまず、素直に感じました。

びっくりした!!

どうしようか、混乱した!!

怖かった!!!

感情が次々出てくるので、身体も震えますし、

動悸も続く。


過去を、思い返すと、

弱い自分、恐がりな自分、怯える自分を押さえ込まないと

いろいろなハプニングに対処できない、と感じていたのです。

何事もないように、次から次へとおこるハプニングに対処するため

わたしは自分の感情を凍らせていました。

でも、感情を凍らせても、いつか、どこかで

その時に感じていた

悲しみ

怖れ

恐怖は、とけだして、鮮明によみがえってくる。


よみがえってくる「恐怖」を押さえ込むために

わたしは、いつも、

身体と心を緊張さえて過ごしていました。

常に緊張した日々。
だから、毎日、とても疲れやすかったのかもしれません。



でも、今日のように、

ハプニングがあったその時に、

できるだけ、自分の素直な気持ちを感じきることは、
とても大事なことだ!と思いました。

実際に、ゆっくり休んだ後、心、身体も重さは激減していました。


怖い気持ちを素直に感じると、

素直に身体にも症状が出ますが、

そのときに、一息をつく、心を整える、身体を休める時間をとれると

溜め込むよりずっと早くに、心も身体も回復する、と

今日、休息をとってみて、感じています。



ちなみに、アトラクションに乗る前後でびびりまくる私を見て、

友人たちは、「こんな姿みたことない!!」と大受けでした。

笑って、わたしのヘタレ具合、弱さ、優柔不断を友人が受けとめてくれたことに
自分でも、ビビりながらも、
友人の笑顔で癒されました。


今まで、弱さを見せることは、

生き恥さらすぐらい、恐れていましたが

人からみると、それが、「可愛らしい」そうです。

まじめに、強く、がんばる自分もいいですが

それと同じぐらい、よわっちぃ自分も大事にしていこうと、今思っています^^




*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

ビックダッフィーのおかげで

 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
いつも留守番役をしてくれている姉も
「わたしも行きたいー!!」となりまして

 ↓    



急遽、また、計画を練ることになりそうです!


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



巨大ダッフィーをええ仕事、しております(爆)


びっくりしたーなぁ〜。もう〜

夢の国から帰って来て、夢うつつの早朝。


祖母が「おかあさんがいない!」と大騒ぎ。

また、祖母の不穏か!?と思ったら、

母の部屋、
母のベッド上も
ベッドの下にも
母の姿なし!

顔面蒼白。

ぎゃーと思ったら、

「ここ〜ここーー」とどこからか、母の声。

でも、

1階、どこを探しても、いない!!


まさか、と思って2階に上がったら、

いるはずもない、床に転がっていました。
、(-_"\)(/"_-)

両手足に麻痺があって、
目も、ほとんど見えていなくて
パーキン病からの、影響で、自分の気持ち通りには身体が動かない母。

その母が

なぜ、2階にいるの??????だし、

どうやって、2階から1階へ連れて戻れたか!?ってとこなのですが。。



ともかく、

火事場の馬鹿力で、1階まで連れて戻り、

念のために、病院へ連れて行って、

今帰ったところです。

結論は、特にけがもなく、良かった!ということなのですが、、、

疲れたので、、、今からちょっと休みます。。

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

母の身体を抱えて
階段を降りる自分を

 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
冷静に見ている自分もいて

 ↓    



役に立てる反面

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


なんでもできることが
ええってわけじゃないよな〜と。

そう考える
理由も、たくさんあるのですが


とりあえず、心も身体も疲れたので
巨大ダッフィーを抱いて、現実逃避します。。。。(`ロ´;)

東京から戻りました



この人をアツく抱きしめて
東京より戻りました。



*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

正直に告白すると、
つい数週間前

パーク外で
ぬいぐるみを抱いて歩く人たちをみて

どんびきしていたにも関わらず

 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
よもや、
「特大サイズ」を
抱いて連れて帰ることになるとは!!!

 ↓    



ダッフィーを抱いて連れて帰るつもりはなかったのです。

でも、
買った時にもらった袋が小さすぎて、
ダッフィーのおしりすら入らなかった!!!!Σ(・ω・ノ)ノ!!

ので、
新幹線も抱いて乗り込んだわけですが

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


正直、抱いて連れて帰る道中

予想外の楽しさとワクワクを感じている自分にびっくり!


これは、ハマる(爆)

わたし、うらやましかったんだなー!

昨日から、おおまじめ?なお勉強で、東京滞在中です。

そして、連日の食事会で酔っぱらいです。
ウィー ヘ(~~▽~~*ヘ))))... ...((((ノ*~~O~~)ノ ヒック

贅沢な時間を、いただいています。



昨日、勉強のあと、友人たちと食事をしました。

おなかいっぱい、リラックスして、友人たちとしゃべっていると、

背後から、突然、

「きょんちゃーーーーん!!!!!」


ぎょっとして、振り返ると、

「Happy Bityhdy!!! きょんちゃんーーー!!!」



かわいらしいお花と

ケーキと


花火がパチパチ、チカチカ輝いている、

お祝いプレートが!!!!


びっくりしすぎて、

口を開けたまま、

呆然としていると、

友人たちが、いっせいに「おめでとーーー!!!!」とお祝いの大合唱。

突然のことで

何がなんだかで

でも、
みんなが笑顔で大合唱してくれるもんだから、、




泣かされちまいました。。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。


泣いてる自分に、また、びっくりして、

ぎゃー。。。でした。



突然でびっくりしたんです。

友人が、こっそり、
仲間に声をかけて、

急遽、サプライズの準備をしてくれたこと。

ケーキとお花と花火。

そして、自分の名前とお祝いのことば。


自分が、お祝いしてもらえるなんて、思ってもいなかった。



なんで泣いたのか。

自分が「あきらめていた」ことに、気づいたから。



数日前、お誕生日当日に、
友人から
メールやFacebookを通じて、
今までは、考えられないほど、
たくさんの方々からお祝いメッセージをいただきました。

わたしは、「お祝いしてくれる人がいる!」

それが、とてもうれしくて、
その日も、酔っぱらいながら、一人で大泣きしていました。

せつないやら、
ありがたいやら、
うれしいやら、

メッセージをいただけただけで、
もう、それだけておなかいっぱいいっぱい。

とても満足していたのです。



それが、昨日、サプライズのお祝い。

大合唱のお祝いの言葉。

ケーキとお花と花火のお皿。

まさか、自分に「おめでとう」が届けられるなんて!


それで、気づいたんです。

わたしは、今まで誰かがお祝いされている風景を、見る度、


誰かの喜ぶ笑顔を見て、とても幸せだった。

でも、ほんとは、とてもうらやましかった。
いつか、自分の、「お祝いされる番」が来て欲しい、本当はずっと待ってた。

でも、心の奥底で

「自分にその順番は来るはずない」そう、自分で諦めてた。




自分のために、計画してくれたこと。

ケーキとお花と花火。

自分を「祝ってくれる」言葉。


自分のために届けられるはずがない、そう思い込んで拗ねていたのは自分。

すねたいた自分に届けられた愛。

受け取っていいんだ、そう自分に許可できたこと。

たくさんのことで、

頭がいっぱいいっぱいになって、

呼吸苦を感じるくらい、

うれしくて、泣きました。


悔しいですが、
今これを書きながらも、

よっぱらい きょんは、泣いております。


みんな、ありがとう。


972074_402951919820633_1074875440_n.jpg

べっぴんのMちゃんが、
きれいに取り分けてくれたケーキ。
Mちゃん、あんがとー!
*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

どうもね
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
花火チカチカケーキに
憧れてたみたいで
 ↓    



うわーーーん
・゚゚・(>_<)・゚゚・。状態でした

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


誰かのための”花火チカチカ”。
わたし、
今まで、
ずっと
うらやましかったんだな。

受け取る袋はもってるかーい!?

ハート ブログ用



知的障害がある弟は、

好きなことを、いくつか、言葉として「表現」できます。

母のことを「ちゃーちゃん」

新幹線のことを「とっきゅー」

お刺身のことを「びーる」(わたしがお刺身をアテにビールを飲むからなのか??)

家族ならわかる言葉。

でも、他の人には、伝わらない。



ある日の夕方。

わたしは、勉強のため、上京する予定で、バタバタと動き回っていました。

最終の新幹線の時間を気にしながら、

夕食の準備と片付け、

母たちの介護、

そして、自分が出かけるを準備を同時にしていました。


私がスーツケースを出して来ると

弟は、私の側に来て、
荷物を詰めるわたしの周りを、うろうろと、歩き回りました。

そして、
わたしの荷物を、スーツケースに入れて、
”手伝い”をしようとしました。



わたしは、弟の様子を見ながら、

イヤだ、と感じました。

弟の行動が、
「僕も連れて行って」と言っているように、思えたからです。


「最終の新幹線まで時間がない!」

「ウロウロされたら、準備に時間がかかるやん!」

「せっかく、家族に気づかれないまま、出かけたかったのに!!!」

わたしはイライラしながら、荷物を詰め込みました。


わたしが荷物をつめ終わるのを見て、

弟は嬉しそうに、そのスーツケースを持って、玄関まで行きました。


その様子を見て、私のイライラがさらに増し

邪魔しないで!!!

そう、私は叫びそうになりました。


その時、弟は、

「はい!」にっこり笑って、運んだスーツケースを私に手渡してくれました。



弟は、「自分を連れて行って!」と訴えていたのではなく、

バタバタと動き回るわたしの、「手伝いをしたかった」だけでした。


そして、
うれしそうに、スーツケースを玄関に運んでくれたことも、

「いってらっしゃい」

言葉にならない想いを、伝えようとしてくれたのです。






休職する前から、

わたしは、「自分だけ」が出かけることに、
罪悪感を持っていました。


「わたしだけが、出かける」

「わたしだけが、楽しんでいる」

「わたしだけが、自由になっている」


外に出て、自分の世界がどんどん広がるたび、幸せなのに、

なぜだか、

家にいる家族を「置き去りにしてしまっている」そう、感じて

自分を責めていました。


自分が自分を責める気持ちが、

弟が差し出してくれていた「愛」に気づかず、


私を引き止めないで!

私の邪魔をしないで!!

私を責めないで!!!

そう、「思いこみ」ました。



わたしたちは、

誰でも

認められたい、

愛されたい、

大事に扱って欲しい!

人に対して、いつも求めています。


でも、

目の前にある”愛”に気づかないときがある。


気づいていても、”受け取らない”ときがある。

気づいても、自分から”いらない!!!”拒否することがある。


何故?


わたしが欲しかった”言葉”ではなかったから?

わたしが欲しかった”行動”ではなかったから?

わたしが欲しい、”その時”ではなかったから???




言葉を話せない弟は、

自分のできることで、わたしに愛を届けてくれていました。

でもその愛に対して、私は

気づかず、

受け取らず、

それどころか、

腹を立てていました。



その時の自分を振り返ってみると

わたしの心の中は、自分の罪悪感でいっぱい。

「自分だけ勝手なことをしている。家族は私を責めている」

そう、感じていたから

「弟が喜んで見送ってくれる」ことを、想像すらできませんでした。


弟が純粋に

わたしの手伝いをしたい、

わたしの荷物を運びたい、

わたしの見送りたい。

そう思って、行動してくれていたことを、

自分の罪悪感のフィルターを通して「見ていた」。

だから、
弟が「連れて欲しいと思って、わたしの側にいる」
と思いこみをした。



わかってもらえない。

大事にしてもらえない。

愛してもらえない。


そう感じた時、

相手に問題をゆだねるのではなく、

少し、自分のこころを振り返ることも、大切かもしれません。




楽しく生きていきたいなら、
与えるための袋と、
受け取るために袋を持って行け。
ゲーテ

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

昨日滋賀に戻ったばかりですが
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
明日からまた上京します
 ↓    



なんや、ようわかりまへんが


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


春から、加速がついて
飛んで、飛んで、飛んでぇ〜 


着地点、どこだっけ????
~~-v(* ̄・ ̄)。。

おめでとう!おめでとう!!おめでとうっ!!!

お誕生日




昨日、酔っぱらってホテルへ帰ってきたら、日にちが変わりました。

そして、

友人からメールが届きました。


わたしの誕生日をお祝いしてくれるメールでした。



酔っぱらい状態で、

この友人のメールに大泣き。


友人のメールで、今までのわたしの人生、

子どものころ、学生のころ、大人になった今、

すべての苦しいことも、良かったわー!と思えました。



ちっちゃい頃、虐待を受けた人。

学生時代、いじめにあった人。

大人になって、人間関係に悩んだ人。

おそらく、小さな頃の家族との”関係”が、

今の”人間関係”に影響している人は、多いんじゃないかな。


わたしも、ずっと、人間関係に悩んでいました。

友達とうまく付き合えない。

先生と上手にコミュニケーションがとれない。


上司と険悪な関係となってしまう。

人のことはもちろん、

自分のことも大っっ嫌いでした。


アラフォーになりまして、今、思う事。

生きてさえいれば、なんとかなったな〜。


大丈夫!

大丈夫!!

大丈夫!!!



友人が送ってくれた「お祝いメッセージ」は

たくさんの方の応援メッセージになる、と思いました。


友人の言葉をかりて、

たくさんの方々へ、わたしからの、

応援と、

新しい人生への「おめでと!!!」を!





****************


今まで、生き抜いてくれて、ありがとう。

どんだけ血の涙飲んだが、想像絶するが、よくやったよ。

しかも1人でよく抜け出したよ。

その後は色んな人の手を借りながら前に進んでるけど、

あの状況から生き抜いてきた、その勇気を私は心から称えるよ。

どれだけつらかったか、しんどかったか。

それは今後の人を救うための試練だったんだね。

あなたを待ってる人はいっぱいいるよー!








*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

大好きな友人が
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
”大人の人”への絵本を
再販することに!!!
 ↓    



友人の愛がこもった本


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


こちらで、申し込めます^^

ブログの記事はこちら

絵本の申し込みサイトはこちら
大丈夫

大丈夫

大丈夫!!!




たくさんの、お誕生日のコメントを送ってくれた、

すべての友人たち

本当にありがとう!!!



┌U・ェ・U┘♪└@(・ェ・)@┐♪┌U・ェ・U┘♪└@(・ェ・)@┐ワンキー♪モンキー♪ベイベー

真っ白のキャンバスに描くように。



えー、ばらしちゃいますが、
今、酔っぱらっております。

先ほどまで、一緒に勉強している友人たちと

熱く、熱く、熱くっっっっっっ!!!語り合ってきました。



今日(もう昨日ですが)

月一回の勉強会、
こちらで勉強をしてきました。




理学療法士がなんで話し方の学校?

アラフォーオンナが、なんで今、話し方の学校??

シングル介護、休職中の身分で、なんで、話し方の学校???


なのですが、

これには、

「相手に自分の辛さが伝わらなかった」経験があるからです。


介護にヘトヘトになっていた時、

誰かに助けを求めたい、と思った時、

心も身体も、ぼろぼろで泣き叫んだ時、

人と話していて、「伝わらない!!!」と何度も感じました。


どうして、伝わらないの??

どうして、どうして、どうして????????


その時の不安で、悲しくて、苦しかった気持ちが、


「介護の大変さを、介護が身近ではない人に上手に伝える方法を知りたい!」

そんな、強いエネルギーに変わりました。



話し方の学校 スタンダードクラスで学んでみてわかったこと。

「伝わる話し方」は、
話し方のスキル(技術)を学ぶだけでは、”できない”。

話し手の「こころの在り方」があってこそ、「伝わる」。



なぜ、自分がその話をするのか?

どうして、その話を相手に伝えたいと思ったのか??

どのようにして、その話を、”人に興味を持ってもらえる”形にしていくのか???


徹底的に、向き合っています。



年代も

職業も

住まう地域もまったく異なる受講生たちが、

朝早くから、夜遅くまで、語り合っています。



実際に、話し方の学校で学び始めて、わたしの何が変わったのか?


人と話していて、「伝わない」と感じることが、劇的に減りました!

人と話していて、「すぐに返答しなきゃ!」と焦ることがへりました!

人と話していて、「相手のすばらしいこと」「自分のすばらしいこと」に気づき、人も、自分のことも大好きになりました!!!




西任先生が話してくれた言葉。

「相手の頭の中は、白いキャンバス。そこに、映像を映しせるよう、言葉を選んでいく。言葉を研ぎすませて行く。相手を思う、愛の言葉を、届けて行く」


伝わらない、伝わらない、伝わらない!!!!と腹を立てていた私が

行き着いたのは、

「相手へ思いやって、言葉を届けること」でした。

自分から、先に、相手に届ける勇気。


それに気づくことができたとたん、わたしの

「伝わらない!!!」不安や悲しみ、苦しみが、少しずつ、解決していきました。


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

尊敬する、講師の先生方
私たちを支えてくれている、スタッフのみなさま
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
共に、
自分に向き合って、チャレンジを続ける仲間たち
 ↓    



みんなのおかげで、

わたしは、今までで一番

自分が大好きになりました。

ありがとう!


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


酔っぱらってて
酔っぱらってて

文章おかしいですが

愛を込めてっっっっ!!!



┌U・ェ・U┘♪└@(・ェ・)@┐♪┌U・ェ・U┘♪└@(・ェ・)@┐ワンキー♪モンキー♪ベイベー

この木なんの木?気になる木〜♩

この木なんの木?気になる木♩

今日は、バタバタ、西へ、東へ、走り回り?

今、築地におります。


いっぱい、いっぱい素敵なお話を聞けて、

たくさん、報告したいことがあるのですが、

今日は、自分も、ちょっといっぱいいっぱいでして^^;;

また、落ちついてから報告させていただきたいと思います。



先日、とても大切なお友達(と、言い切っていいと信じて!)が

自分自身に
「幸せになっていい」って言ってあげることができたら、

びっくりするような、素敵なことが起こったと、

教えてくれました。

とっても、とっても
素敵なお話でした^^

ブログでシェアしていいよ〜!と快く承諾していただいたので

「怖さを乗り越えて、”受け取ったら”幸せになっちゃった!」

「手放したら、むふふっふになっちゃった!」ってお話、

シェアさえていただきいと思っています^^

なんのこっちゃかわからない表現ですが(笑)


考え方一つで(なんでも、かんでも、ポジティブシンキングで片付けるのは、マユツバだと思っていますが)

私たちは

どんな花でも、

どんな実でも、つけることが可能なんだーー!!と
そのお話を聞いて、ワクワクしました。



今日も、アッつい、いい一日でした!


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

名古屋へ車で行って、帰って
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
家事をしてから
最終の新幹線に飛び乗って
 ↓    



上京しました。

明日は、大好きな仲間たちと

アツい勉強をしてきますー!

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


それにしても、
素敵なお話、早くシェアしたいな むふふふ。

テーマ : すこしでも参考になれば・・・
ジャンル : 心と身体

選択肢は、いつも自分の手の中。

空 女の子 自由

今朝、朝イチでの特集、「もし私が介護できないと、言ったら」を、
バタバタ用事をしながら、見ながら、ふと、

母の施設入居について悩んでいるのは


「今の生活、家族を手放せないのは、自分なんだ!」と改めて思いました。


わたしは10代から、母の心の病と向き合って来ました。

最初は鬱病。

そして、アルコール依存症。

脳梗塞、脊柱圧迫骨折、パーキンソン病。

次から次へと病気が出て来て、
母はどんどん動けなくなっていきました。



母が心を病んでいた時、わたしは呪いの言葉をつぶやいていました。

「こいつが倒れたら、絶対に施設にいれる」

ずっと、母が憎かった。

ずっと、母のケアをしている自分にも腹を立てていたのです。


それが、母は突然、クモ膜下出血で倒れ、意識不明状態に。

「倒れたら施設に入れる!」と自分で誓っていたのに、

母が意識が戻らないときから、自宅へつれて帰ることをずっと考えていました。


そして、実際に、母を自宅へ連れて帰ることができました。


母を介護してきたことに、後悔はありません。

大変なこともたくさんありましたが、

理学療法士として必要なこと、人間として必要なことを

母の介護を通してたくさん学びました。



でも、ずっと頑張ってきた結果、

介護に燃えつき、疲れきってみて、気づいてしまったのです。

たくさんの思いこみをしていることに。



「自分が直接ケアすること」が愛だ、と信じていた。

「家族がいるから、わたしは家を出ることができない」と信じていた。

「家族全員が幸せになってから、自分が幸せになる権利がもらえる」と信じていた。

これらは、すべて無意識の状態。
無条件に、「わたしの世界はこれしかない」と思っていた。

そして、
ひとりですべてを抱え込み、

疲れ切って燃え尽きた。



ある人から、こんな言葉を投げかけられたことがありました。

「あなたが明日死ぬ、とわかっていても、今の生活に執着をしますか?」


答えは、NO。


疲れて、

母や祖母に怒鳴ってしまう

今のこの状況を望んでいるわけじゃない。



それに

わたしがいなければ

家族が成り立たない状況のままでいることは


ほんとうに
愛なのか?



家族だけで

みんなぴったりとひっつき、

誰の手助けもいれない状態が、本当にいいことなのか?



「誰か一人、欠けてもダメ!」なんて状態はおかしい!


家族のつながりを大切にしたくてがんばってきたけれど、


今の家族の状況は
”つながり”ではない。

「依存している」だけ。


つながりではなく、「癒着」

べったりひっついている状態なのだと。



実際、
私が母たちの入居手続きを進められないのも、

自分が家族に「執着」し、「癒着」しているからだと気付きました。




プロの手を借りることが

「当人」や

「同居する家族」が嫌がるから、と理由を語る人も多いですよね。

それは、事実だけれど、もう一つの事実

「家族が嫌がるのを見る事が、

 自分がイヤなのだ

ということに

きちんと向き合う必要があると思うのです。


嫌がる家族を見るのが辛い。

嫌がる家族を見るのが悲しい。


家族が悲しむことが見るのが辛いのは、”自分”で

見るのが辛いから、

サービスを使えないのだと気づくことが大切だと思うのです。



そして、

「自分が家族を手放せないのだ」という事実に、

目を向ける必要があると思うのです。




介護サービスを利用すること、

通所サービスを利用すること、

入居サービスを利用すること。

それぞれの場面で、


わたしも

何度も、
何度も、
何度も、

迷い
苦しみながら
様々な選択をしてきました。


苦しかった当時は、

自分には選択肢がない!


どうしようもない!!!

そう感じていたけれど


振り返ってみると、

いつも、

どんなときでも

「自分が選択した」のだと気付きました。


重度の身体障害を持った母を

在宅介護をしよう!と決めたのも、


介護休業を取得して介護に集中する、と決めたことも、


自分だけの時間を作るために休職したことも。


すべて、

自分が選択して、行動してきた。



どんなときでも

自分が選択している、ということ。



どんな時にも、自分の手の中に選択肢がある、ということ。

それに気づくと、

母の特別養護老人ホームへの入居手続きを進めたくないから

「300人待ちだし」と申請すらしなかったことも、


祖母がショートステイの利用を嫌がるのがみたくなくて

ショートステイの利用を控えてきたことも、


結局は


自分が選択したことなんだなって。



今、この生活は

すべてわたしの選択したことで成り立っている。


そう感じたとき、

なにかふっと落ち着く感覚を得て


今朝、
特別養護老人ホームへ

母の入居書類を提出してきました。



面談やら、なんやらあるか?と思いきや、何にもなし。

窓口で、書類を受け取ってもらうだけでした。

拍子抜け。

行動するまでに、いろいろと「妄想」していましたが、

実際、行動していみると「へ」みたいなものでした。


一歩前に出るまでは、不安。怖い。

でも

一歩前に出れば、そこには安心がある。


いま、そう感じています。


923457_394082274040931_430890064_n.jpg

敏腕ケアマネG原さんの文章を読んで

ああ、わたしがんばってるかも、とようやく思えて

泣いちゃいそうな今日は

晴天です。


いつか、

今日の苦しさも笑い飛ばせる日が来ると信じて。


今日も1日よくがんばったー!



*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

自由になっていい!
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
そう、自分が自分に「許可」できると
 ↓    



家庭だけでなく、
仕事でも、
新しい選択肢がどんどん出てきました。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


幸せになる。
自由になる、そう”決めるだけ”で
物事は動き出します 

どんな選択をしても、いいのだと、いうことも、
今回、改めて感じています。


今日もいい日だ!
σ( ̄(●●) ̄)!ぶひ。

そんな時も、あるよね〜。

風と女の子

滋賀では、曇りの中でも、風がある、

とても気持ちが良い1日でした。



昨日、姉が、ぽろっと、祖母に
来月、7月のショートステイの予定を話したことで、

祖母の不安、不穏状態が、一気に上昇中。



普段、いろいろな事を忘れるのに、
”またショートステイに行かなければならない”ことだけは

きちんとインプットされたみたいで、

「いつなの?」

「何泊なの???」

「その日、デイサービスはどうなるの?????」
朝から大騒ぎでした。

まだ1ヶ月以上あるっちゅうねん( ̄ω ̄;)エートォ...

よっぽどイヤなんでしょうね。。

ひとしきり、大騒ぎしたあと、

階段を上がったり、降りたりの繰り返しをしていました。

祖母は92歳ですから、年相応に、普段はふらついたり、
杖を使っているのですが、

階段の上がり下りは、手すりがあるとはいえ、
しっかりしている。なぞです。

まあ、階段運動が、どんな運動よりもいい運動なので、

こちらも、イライラしつつ、危険がない程度に見守っていました。



今日のような、過活動な状態で不穏(不安な気持ちで落ちつかな状態)時に、

祖母がする行動があります。

一つは、掃除。

有り難いのは有り難いのですが、
かならず、物をどこかに”しまって”くれるので、

いくつか、行方不明になるものが出ています。

”物”だとまだいいのですが、

食べ物が「忘れさられた状態」で数ヶ月後、出てくるので、

時間差で衝撃的な「状態」で再会することも!




もう一つは、「草木をひっこぬく」。

「不穏」なとき、なぜだか、わたしが育てている庭の植物や
植木物を、ひっこぬきます。

本人は、「雑草」だと思うみたいです。

これがねぇ、、、、。

無意識だと思うのですが

わたしが一番大切にしているものが、

そのとき、必ずといって標的になる!

春先に祖母がひっこぬいたのが、シルバーリーフ(白っぽい、葉の植物)だったので

「枯れてた」という、祖母の訴えを、10000歩譲って、

しょうがないかな、と思ったのですが。


今日はねえ。。

去年、大事に育てて、タネもうまくとれて、

今年、タネから育てていた小さなお花でした。

花の中心が藍色で、花の周囲が白。
とっても小さなキク科の花。

今年も花が咲き、タネが取れるかな??と思っている矢先でした。

最近、とても楽しみに眺めていたので、

「ひっこぬかれたそれ」と

「空っぽになっている鉢」を見つけた時、

思わず、叫びました。




スプラッタ映画が、なんかの映画の登場人物、いや、

楳図かずおさんのキャラのように、



「ぎゃぁぁぁぁっつつつつ!!!」

叫びましたがな〜。



「嫌がらせ!?」

「これ、嫌がらせかぁっっっっ!??」




嫌がらせではない、のは頭でわかってるんですよ。

わかってるんだけど、ショックとパニックと、

悲しいやら、腹がたつやら、もう自分でもワケがわからず、

玄関先で、外で、叫びまくりました。

冷静になれば、
ご、、ご近所さん、どう思ったやろか、などなど、

小市民のうろたえ状態になるのですが。

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ



イライラしちゃいけない。

怒ってはいけない。

いつも、そう自分にいい聞かせてることも多いのですが、

それは、無理!

だし、怒って当然だと思うのです。

なのに、普段から、おこっちゃだめ、おこっちゃだめ、と
自分に呪いのように、暗示をかけて、我慢しているから

ふとしたときに、大爆発をしてしまう!


そういれば、先日、知り合いが

「ちゃん怒る事が大事なのに、怒れない人が増えている

「理不尽な扱いをされたとき、きちんと怒ることは、とっても大事!」と。


そして、
「”怒れない”人増えて、どうせわたしなんてって”拗ねている人”が増えている!」と。



「これは、雑草じゃないから!引っこ抜かないで!」と怒ることはいい。

あとは、

叫けばすに、上手に感情を出せれば、なおいいわけで。


本当に伝えたいことは、「叫んだ言葉」とは、まったく違うから。


大切に育てていた花を傷つけられた事が悲しいのに、

怒りで爆発したとき、とっさに出てくる言葉は

「嫌がらせか!?」ですからね( ̄ω ̄;)


どれだけ、わたしたちは、普段、心と言葉がかけ離れているか!?

今は、爆発をして、自分の感情を解放する方法しかできないけれど、

ぼちぼちと、
「爆発せずに、自分の欲求を言う」

「爆発せずに、自分の気持ちを伝える」ことを

少し、先の目標、ということで。


本日もお疲れさまでした。

明日も、ぼちぼちいきましょう σ( ̄(●●) ̄)!

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

この間、標的にされたのは
多肉植物ちゃんたちで
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
多肉たちの、頭?すべて
ぶちっっと。
 ↓    



地面に並べられた
”多肉ちゃんたちの頭”を見て

やはり、
楳図かずおさんのキャラになる、私でした。


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


σ( ̄(●●) ̄)!ぶひ。

コーヒーはいかが?

コーヒー、ブログ用

弟を紹介します で少し書きましたが、

弟には、
知的障害があります。

弟は姉が来ると、
声をあげて大喜びをするのですが、

その理由が、
今日、
姉と弟とのやり取りを見ていてわかりました。



お昼すぎ、
姉が予定外で来てくれました。

姉はリビングに座るなり、
弟に、
「お姉ちゃん、コーヒーが飲みたい」と
声をかけました。

弟は、
うれしそうに台所に行くと、

たくさんの鍋の中から
ミルクパンを探し出し

ミルクパンに水を入れて

いそいそと、
ミルクパンをコンロの上におき、

コンロの”スイッチ”を押して、
火をつけました。


そして、
弟は
うれしそうに、
「できた!」とドヤ顔で私をみました。

弟がお湯を沸かす準備をした、
だけのことですが、

わたしは
弟の一連の動作を見て
声がでないぐらい驚きました。


知的能力は3歳にも満たない、
と言われている弟には、
連続した作業がとても難しいのです。

その他にも、
手の感覚が過敏なところがあり、
弟は「両手での作業」がとても苦手です。

その弟が両手動作をした!
ミルクパンを片手で持って、
反対手で蛇口から水を入れる作業をする!!

もう、
びっくりしすぐて
言葉がでませんでした。


わたしは、
普段、
火の管理もあるので、
弟には台所のものを
”触らせていなかった”のです。



姉は、
私が不在のときに、
手伝いに来てくれています。


時々、
姉が弟に「指示」(それも態度でかく!)をして

弟がコンロのスイッチを入れる様子を
見たことがありました。

でも、
ミルクパンを探し出す。

水を入れる。

火にかける。

弟が
一連の動作ができるようになっていたことを、
まったく知りませんでした。



姉は、
我が家にくる度、

弟の”お手伝いをしたい”

”役にたちたい”

気持ちを上手に引き出しながら、
根気づよく教えていたのです。



お湯が沸いたあと、
姉がインスタントコーヒーを入れ、

そのコップを2つ、
自分のコップ
姉のコップ
うれしそうに、
”両手”でテーブルへ運ぶ弟。


今日は本当に、
姉と弟のやりとりのすべてに驚きました。


私は、
弟の何を見てたんだろう!?

危ないから、
危険だから。

いろいろな理由で、
わたしは弟に”させなかった”ことを
増やしていました。


なぜなら、
弟が”できない”方が、
私にとって、
安心できるし、
楽だったから。

私にとって、
”できない弟”の方が、
都合が良かったのです。


でも姉は、
危ないから、
時間がかかるから、
そんな理由はつけず、

「できるから、させる」という態度で
弟に付き合って来た。

弟も、
いろいろと新しいことを
「させてくれる」姉のことが大好き!

だから、
姉がくると、
弟は「大喜び」で歓迎していたんですね。

姉に思わず、
「すごいねー!!!姉、やるねー!!」と
私が褒めまくると

姉はしれっと
「わたしはめんどくさがりだし、自分勝手だからね」

「仕えるものは使う、それだけ!」
と言っていましたが、

姉の器の大きさにも、
ちょっと感動しました。


火の管理や、
いろいろな問題はもちろんありますが、

明日の朝から、
さっそく、

朝のコーヒーのお湯は、
弟にお願いしてみようと思います。



昨日も思いましたが、

今日もみんな、本当によくがんばった!!!

d(>_< )Good!!


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

とってもいい仕事をする姉ですが
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
今日、祖母に、来月のショートステイの予定を

ついポロリと言っちゃって
 ↓    



まだ1ヶ月以上先のことなのに、

祖母が不安、不穏で大騒ぎになりまして(〃゚д゚;A 
焦りましたが、、

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


まあ、それも、
ご愛嬌ということで

ホントに自分が望んでいるものは何?

鳥かご自由(ブログ用)

今日から6月!
梅雨の晴れ間の週末、みなさんはいかがお過ごしですか?

本日、我が家のテーマは「共同作業」に設定して、遊びながら過ごしています。

弟と野菜直売所へ行って買い物。

買って来たスナックエンドウのすじ取りを、祖母にお願い。
昨日のグリンピースと同じように

スナックエンドウの中身を
祖母が取り出そうとしたのには、ちょっとびっくりしましたがΣ(゚д゚;) ヌオォ!?


弟と洗濯を干す。

時間をゆっくり使える、と思うだけで
いつも煩わしく感じている家事も、楽しく感じています。


さてさて、母の入居手続きの件!

1週間経過して、まだ有耶無耶(←うやむやって、漢字あるんですね!?変換でびっくり)。

6月入っちゃったじゃない〜!?状態ですが、

姉とも話し合い、少しずつですが、気持ちの整理がついてきました。



書類を出す、出さない、が問題なのではなく、

「何に対して自分がこんなにも抵抗しているのか!?」を

自分で整理したいんですよね〜。

理屈っぽい、左脳オンナなもんでo( ̄ー ̄;)ゞううむ



時間をかけて、考えることで、
だいたいのことは整理できてきました。


父の死後、母たちを守りたい、と思ったのは、

「家族という安心できる場」を自分で作り、

自分望んでも手に入らなかった

”家族のあたたかさ”を作り出したかった。

そして、
子どもの頃、自分が感じていた

「自分は家族に迷惑をかけた」(←虐待を受けていた子どもの多くが、感じることだそうです!)

「家族を守れなかった」

「家族を幸せにできなかった」という罪悪感を解決したくて、”していた”こと。

つまり、
「役に立てなかった自分」が罪滅ぼしをするために、

「自分は家族の役に立っている」と感じたかった。

そのために、”家族の介護”を利用していた。



家族の介護やケアで、長年、無意識にしていたことがあります。

それは、
「自分にしかできないこと」を作り出して、

施設への入居手続きはもちろん、

姉や、周囲からの助けを拒んでいた。


「自分が直接ケアしなければ、家族は不幸になる」


と、思っていた。


家族を守れるのは自分だけ、そう、本気で信じていたのです。


でも、介護は、1人で抱え込んでできるものではない!!


実際、”1人で介護を抱え込んだ結果”、私は実感していいます。


これは、人生におきるできごと、すべてに言えることだと思いますが、

生きていれば、誰かの手助けが必要なことがたくさんある。

その度ごと、”助けて下さい!”と言わなければならないことが出てくる。

人に、頭を下げなければならない時もでてくる。

そして、
人から差し伸ばされた手を、”受けとる”勇気も必要となってくる。




周囲から、差し伸ばされる”手”や励ましの言葉は、

もしかしたら、

自分の
”欲しい言葉”でも

自分が欲しい”手助け”でないかもしれません。


「自分の欲しいもの、欲しい形」ではないとしても、

一旦、”受け取ってみる”ことも、

家族を守るため、

そして、自分を守るために、

大切なことだと感じています。


そしてね、イヤだと思って、悔しいと思いながらも、

勇気を持って

人からの”助け”を受けとってみるとね、気づくんです。

「これは欲しいものじゃない!!!」と抵抗していた自分だったけれど、

差し出されたもの、その奥深くに

自分が欲しかった愛や思いやりが、
たくさん詰まっている、ということに。




今、わたしは、悩んだり、拗ねたり、抵抗したり、

ありとあらゆる自分の気持ちと向き合っています。

結果を先延ばしにしたくなりますし、

何もなかったように、逃げたくもなります。


でも、うやむや、と悩んでいるうちに、

ようやく、

自分の本当の気持ちに向き合うことができました。




幸せになっていい!

もっともっと、幸せになっていい!!

そして、


自由になりたい!



家族は大切。

家族を愛している。

でも、

”自由になりたい!!!”

この一言を、わたしは自分に許可できていなかったんだ!!!

そう感じられただけで、

泣きながらも、とても心が軽くなりました。

自由になりたい!!

自由になっていい!!!



ケアマネや、たくさんの人からのアドバイスを”受け取り”、

今、ようやく、私は、私の気持ちに、正直になれることができはじめています。


*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

今夜は、春キャベツで
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
お好み焼きにしようっっっ!と
 ↓    



意気込んでたのですが

豚肉を買い忘れて、
一気にテンションだださがり。。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


大阪生まれの大阪育ち。

お好み焼きの基本は
豚玉なんです。ううう。
プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム