Are you ready?

ぶるたん。

「磨けば光る、原石!」

「やればできる子!」

「本当はいい子!!」

わたしは、子どものころ、親や、先生たちに、耳にタコができるぐらい、
”本当のあなたは”と付け加えて、よく言われていました。

まだ、小学校の低学年だったわたしは

「本当は、ってつけてるところで、すでに疑ってるやん!!!」と
大人たちの会話が悲しくてたまりませんでした。


本当は、光るものあるよ、でも今のあなたは、そうじゃない。

そう言われているように聞こえて、
大人って、いい加減だ!と不信感でいっぱいでした。


わたしも、大人になって、少しは、「大人の事情」を理解できるようになり、

子どもの頃に言われた、「言葉」と、その言葉を「発した大人たち」のことを
少しは理解できるようになりました。

それでも、子どもの頃の、これらのやりとりは、
けして、良い思いでとは言えません。

だから、
自分が言葉を誰かに発するときは、

「リッピサービスを言わない。書かない」をモットーにしています。

そして、
できるだけ、伝えたい言葉のど真ん中を表現するようにしています。

子どものころ、
大人たちの何気ない言葉に傷ついたからこそ、
言葉の一つ一つ、丁寧に、誠実に向き合いたいから。



先日、友人たちと話していたときのこと。


友人のAちゃんが、これから実現したい夢について話をしてくれました。

「海が見える場所で、人が集う場所を作りたい。」

彼女の目標のお話は、映像になって、わたしたちの心に届きました。


その「夢」を語りだした、Aちゃんの表情はキラキラ!
目の輝きもどんどん増して行きます。


そして、ひとしきり、その夢を語ったAちゃんは、
「で、その夢を実現できるのには、時間がかかる、と思うんだ」


「だから、まず、手頃な場所で、、、、、」と話を続けていきました。

でも、「まず、手頃な場所で」と言葉が変わったとたん、
彼女の表情や目、言葉からキラキラが一気に降下。

同じ夢の話をしているはずなのに、「手頃な場所で」と言い出したとたん、
彼女をとりまく空気感まで、変わってしまいました。


その話を一緒に聞いていた、Bちゃんは、

「その夢、すごいね〜。楽しみだね!!!」と言った後、
 でもね、と言葉を続けました。

「人ごと、だから言えるからかもしれないけど」

「どうせ目指すんなら、どうして、

最終ゴールの”海が見えるその場所”を最初から狙わないの?

この、Bちゃんの、超ストレート、ど真ん中豪速球に、
当のAちゃんだけでなく、わたしも、見逃しの三振状態。

わたしは、しばらく、
次の言葉が出てきませんでした。



夢を語るとき、人は希望、夢、未来にワクワクして
エネルギーに満ちあふれます。

でも、「行動化」する段階になると、急にエネルギーが低下します。


「本当はAに行きたいけど、最初から狙うのは怖いから、まずはBでいいや」

そうして、
一番、したいことより、

一番、欲しいものより

一番、実現したいことよりも、

「ある程度のまあまあのことろでいいです」と
自分から直球ど真ん中を投げない。

直球ど真ん中のボールが来たとしても、「受け取らない」。



「準備ができていないから」

「最初から、そこを狙うのは、難しいから」

「だって、あの人がそう言ったし」

「できない理由探し」をしている時、
わたしたちの表情は、曇っている。


夢を語る時、キラキラするのは当然。

夢のまま、語っていれば、「夢は無限大」のままで残せるから。

無限大のままの夢を、語ることは、とても楽しい。

でも、
夢を実現するためには、
様々な、面倒な問題や課題を目の当たりにする。


行動する、と自分で決めなければならないし、

自分から動かなければならない。

その作業中に、「難しい問題」もたくさん出てくる。

予想していなかったこと。がっかりすることも、たくさん出てくる。

一番大切にしている夢であればあるほど、
「現実を目の当たりにして」がっかりしたくないから

「行動すること」が怖くなる。



成長している人、変化をしている人、結果を出している人たちを見ていて、
気づいたことがあります。

課題、問題、難題が出て来ても、

「それでも自分はやる!」

「実現しないかもしれない。でも、挑戦する!」

「挑戦することは、誰でもなく、自分が決めたことだ!」

決断し、行動し、自分自身で責任をとった人が、結果を出している。





でも、多くの人は、人が「変化」「成長」「成功」した部分だけみている。

「あの人だけ、目立って、ずるい」

「あの人だけ、応援してもらって、ずるい」

「あの人だけ、成功して、ずるい」


あるいは、「自分にはないから」とそんな理由を口にするかもしれない。

「その人たちは、勇気がある人だから、できたんだよ」

「その人たちには、特別な才能があるからできたんだよ」

「力も、コネも、金もない自分にできるはずない」


わたしも、自分への言い訳ばかりしてきました。

自分に”がっかりしたくない”から、
夢に向き合わないでいいように、たくさんの言い訳をしてきました。


自分の力、価値、才能をを否定する言葉で、

自分を傷つけていること、
何度も、何度も、何度も繰り返してきました。


自分のことが信じられなかったとき、
私を信じて、側にいてくれる友人がいました。

自分の力を信じられなかったとき、
「あなたはすばらしい!」そう、応援してくれる人がいました。

もうがんばれない、そう思った時、
「みんなでバックアップする!しっかり休め!」と言ってくれた人がいました。

あるがまま、自分の弱さ、怠慢さ、傲慢さを自分で認めて、
あるがままの自分で人とつながろう、と決めました。

あるがままでいよう、と決心してから、

人からの信用、応援、協力をいただけて、
わたしは、自分のことを、もう一度、信じよう!と思えました。

自分自身のことを信じられないときは、他の誰かのことを、その人の言葉を信じてみる。


人を信じられない、と思ったときは、自分のことを、未来のことを、信じてみる。

未来を信じられない!!!!と思ったとき、
過去のできごと、自分、人を信じてみる。


思うようにならないとき、

あきらめてもいいと思うんです。

拗ねたり、ごねたり、だだっ子になって、八つ当たりをしてもいいと思うんです。

立ち止まって、しゃがんで、穴に隠れても、いいと思うんです。


でも、いつでも、どんなどきでも、どんな瞬間でも

自分が「がんばろう!」と決意できたとき、

かならず、「誰かの応援、協力、サポート」が出てくる、わたしはそう信じています。




人に認められないかもしれない。

失敗するかもしれない。

人生が終わるまでに、たどり着けないかもしれない。


でも、挑戦したい、と思うことが、
自分の目の前に出てきました。

怖さを感じながら、それでも、

「挑戦する」ことを、決めました。

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    

「やる」と決めると
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
突然、「協力する!」と言っていただける方に
出会う確立が、増えます。

 ↓    



熱意や想い、愛だけでは
事を成せませんが


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


まずは、決心をしましたなり。
直球、ど真ん中、いっちゃうよーん



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ド真ん中

行っちゃうよん!

Re: そのとおりですね

#86さま

大きな決断をされたんですね!!!

不思議なもので、わたしの周囲で、さまざまな決断をする人が増えています^^


たくさん悩まれて、考えられて、いたったこと。

悩めば悩むほど、心がかきみだされますが
どうか、お疲れがでませんよう。

どうぞ、ご自身のこころを、いたわって差し上げて下さい^^


悩んだ時の、解決策はありませんが、

経験上、「深刻にならない」ことは、自分で心がけています。

深刻にならない。

笑う。

他にも、寂しがる、拗ねる、怒る自分の気持ちを素直に、大切にしたいと感じています。

そして、しっかり悲しんで、拗ねて、怒るとき、

解決できないままの状態でも大丈夫なので、

どなたかに、苦しい心のうちを、伝えてみてくださいね^^

こちらのコメント欄も、どうぞ活用してください!

Re: ド真ん中

> 行っちゃうよん!

ちゃこちゃん、いっちゃえ、いっちゃえ、いっちゃえ〜 !
(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)

超ストレート、ど真ん中豪速球

自分に教えられた。
人にはあんなにストレートに言えるのに、
私、傷つくのが怖くて、逃げてた。

「自分にとって」ど真ん中のこと、
もう一度欲しい!って言ってみようかな^^

Re: 超ストレート、ど真ん中豪速球

Bちゃん、やっほー!!!

直球ど真ん中返し、させていただきました^^

お互い、パワーもってるから、いつでも豪速球なげられうからねん。

今はとりあえず、一休み、一休み、一休み〜☆!
プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム