癒着ではなく、本当の”つながり”って?

先週から、
猛暑日続きの滋賀でしたが

今日あたりから、
梅雨らしい空と蒸し暑さとなりました。

ニュースでも、
連日、
脱水症状、
熱中症に関する報道がされていますね。


私自身も、
朝、洗濯物を干すだけで、
湿気と気温の高さで
気分が悪くなる時がありました。

自分の体調の変化はもちろんですが、

母の体調の変化、
顔色をみていると、
”危険な季節到来”を実感しています。

母は複数の病気を患いました。

寝たきりになった主要な原因は
くも膜下出血でした。

寝たきりになる前に、脳梗塞も発症しました。

脳梗塞では、
脳幹という、
自律神経を調整してくれる場所だったため
母の身体は、
体温調整がうまくできません。

この季節は、特に、
身体に熱がこもりやすいのです。


今朝も、7時ですでに37℃。

慌てて、保冷剤を利用してクーリングと

スポーツ飲料水を薄めたものを
胃瘻(いろう:胃から直接栄養を摂取するための”入り口”)
から水分補給をしました。

この時期は、
起床時から眠るときまで
母の身体の変化にどきどきさせられます。


一般的には、
胃瘻(いろう)を造設してからの
存命期間の平均年数は、
3年だそうです。

母は、今年、
5度目の夏を迎えることができました。

もちろん、胃瘻をして、
5年どころか、
10年ちかく、
お元気な方もたくさんおられます。

それは、
私が働く職場の病院でも目の当たりにしている
”事実”です。


それでも、
母の日々の様子に、
わたしはいつもビクビクしてしまいます。

母に何かあったらどうしよう?

母の体力、
母の命、
母の人生そのものを
”信用していない”自分が
「何か起こったらどうしよう?」

そう思えて
私はずっと
起こってもいない”未来”に
怯えていました。

もちろん、
冷静なもう一人の自分は
分かっているのです。

母の人生すべてを
わたし一人の力で
支えることなんて、
できない。

どんなに完璧なケア、
介護をしたとしても、
母は体調を崩す。
身体の動きも、年々悪くなって行く。


介護は
一人で背負うものではない。

そう頭では理解しながらも

長年の介護の中で
感じ続けて来た
「母に何かあったらどうしよう」
その不安な気持ちを手放せませんでした。

だから、ずっと、
『自分が家族を守るんだ!』と
自分に言い聞かせてきました。

自分で自分に役割を持たせて、
自分を奮い立たせることで、
わたしは、
祖母、母、弟3人を
同時に介護することができました。


でもね、
母の在宅介護を初めて、
3ヶ月目には、
私はもう、
介護に疲れ果ていたんです。

自分でも
疲れていることに気づきながら、

それでも、
これがわたしの役割なんだ、
仕事なんだ!と信じて
頑張ってきました。

その結果、私は
介護に燃えつきました。

直接介護することだけが
愛情なのではない。

一緒に暮らすことだけが
愛情なのではない。

家族として、つながること。

離れていても、
心がつながる、ということ。

そのことを、
今、考えています。




今日、わたしの何気ない言葉に、

母がとても喜び、
にっこり笑ってくれました。

母が笑顔でいてくれること。

うれしいはずなのに、

私は、
なぜだか、
大泣きをしてしまいました。


もう、ずいぶん長い間
自分は頑張ってきたんだ。

十分すぎるほど、
頑張って来たんだ。
そう感じました。


母の笑顔が
”もういいよ”と言ってくれたように見えて、
涙がとまりませんでした。



母が、胃瘻造設後の、
存命平均の年月を超えた今。

いのちの
数字では表しきれない重み。

そして、
母の人生。
自分の人生。

きちんと分けて”生きる”ことについて

考えています。

 ↓

人気ブログランキングへ
 ↓
市販のスポーツ飲料水は
水分補給時に
手軽でいいのですが
 ↓    



糖分の過剰摂取に
つながる可能性があります。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

我が家では、
3倍〜5倍の濃度に薄めて
起床時前の、水分補給に利用しています。

水分補給の注意点や
手軽が案がありましたら、
教えていただけると
うれしいです^^
ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!



*********************************************
メルマガ、
今週末には、Vol4 配信予定です^^
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム