胃瘻あれこれ。

今日の
祖母の歯科受診のため、
夕方のヘルパーさんを
急遽追加したり、
なんやら
バタバタしていました。

無事、
歯医者さんについたら、
なーんと!
受診は
来週でした^^;;

介護あるあるの大失敗。
疲れました。。


さてさて!
昨日の記事で
胃瘻の愚痴を書いたとこと、

たくさんの
ご質問、
ご意見
情報を
いただきました!

ありがとうございます!

複数、
ご質問が重なったものがあったので
こちらから
回答させていただきます^^

「胃瘻を抜くことを考えた事がありますか?」

答えとしては「NO」。

理由は、
食べものは、
口から食べられるものがあるのですが、

水分は
とろみをつけても
むせてしまうので
胃瘻からの摂取が必要。

現在、
一日の摂取水分量の90%以上、
胃瘻から補給しています。

そして、
母は、
脳梗塞(右肩麻痺)
くも膜下出血(左方麻痺)のほか、
進行性の難病、
パーキンソン病ももっているので

今後、
”嚥下(飲み込み)機能”が
著しくて低下する可能性があります。
だから、
将来的にも
胃瘻を抜去できない、のが現状です。



補足すると、
母ば経口(口から)摂取の練習のために
胃瘻をつけた経緯があります。

くも膜下出血後、
経鼻(鼻から管を通して胃へ)経管栄養でした。

口から食べものを食べる練習をするのに、
鼻から胃へ通している管があると

食べる練習中、
誤嚥(あやまて、食べ物が気管へいく)の
リスクが高くなる!

このため、
鼻からの管をとるために
胃瘻をつくりました。

その後、
リハビリの成果もあり、
食べ物の口から食べられる量が増えました^^

いただいたメッセージの中にも
胃瘻を作って
しばらくしてから
胃瘻を抜去して

現在は
「口からしっかり食べられるようになりました!」との
お話も複数いただきました!

これは、
とてもうれしい情報でした^^


胃瘻を作るか、
作らないかの論争がありますが、

胃瘻をつけることが”悪”という
単純な論争では
解決できないことだなーと感じています。

その時、
その方
その御家族の未来が
少しでも明るい方向になる選択がしやすい
情報がたくさんあって欲しい!



次に多かったのが
「胃瘻へ流す時間は、どうやって決まりましたか?」

これは、
入院中の看護師さんからの指導と
訪問看護さんからの指導の
いいとこどりをして、
我が家の
”胃瘻利用時の時間”が決まりました。

ふりかえると、
入院していた病院での
退院時指導での
胃瘻の時間設定は、
厳しかった!

早朝、
起床前に水分補給。

その後、
20分以上あけてから
栄養を補給して、

栄養補給をして
1時間経過してから
再度、
水分を入れる。

、、、、て
教えてもらった通りのやり方を
まじめに、
2〜3ヶ月やってました。

だから、
当時は
母の胃瘻のスケジュールが
わたしの一日の
スケジュールになっていました。

当時は
必死でしたから
なんとかやれました。
でも、
今できますか?と尋ねられたら
絶対できません。( ´△`)
即答です。


その後、
訪問看護さんから
「そんなに生真面目にしなくても大丈夫!」

「もっとええかげんでええよ〜!」との

心が軽くなるアドバイスをもらえ、
スケジュールを大幅に改善できました。

その他にも、
訪問看護師さんからは、
チップ(注射器のようなもの)から
水分や
栄養食を
一気に補給する方法も教えてもらい、
ずいぶん簡易化できました。


母は
時々、
嘔吐することがあるので、

そのときどき、
体調を見ながら
流す時間を変えています。


ちなみに、
我が家で使っている栄養食はこれ。

1070020_424508700998288_1815999773_n-1.jpg

半固形タイプ。
保険が効かないので
お高いのが悩みタネ。

でも、
注入時間が短い(5分前後)、
容器を汚さずに
直接補給できる(洗い物が少なくすむ!)のを理由に
現在も利用しています。

保険適用が効く
補給栄養もあります。

もし、
保険適用外のものを
利用されている方で
今後、
保険適用のものに変えたい場合、
主治医の先生に相談してみてください^^


介護者の使いやすい物を
選択できれば
一番いいかと。


ご質問や
情報をいただいて
改めて感じたことは、

胃瘻一つとっても、
おひとり
おひとり
状態や
経過が異なる。

その状況で、
何が一番いいか、
どんな方法がいいのか?
情報が
あふれているからこそ、
混乱してしまう。

だから
身近に
看護師さんなど
専門家の相談相手がいてくれると
これほど心強いものはないですよねー。

今は、
訪問看護を利用していませんが

排便コントロールや、
栄養の相談など、
困ったことがでると、

デイサービスの看護師さんに
相談にのっていただいています。


たくさんの
ご意見
ご質問
情報、
本当にありがとうございました!

これからも
気づかれた点、
気になる点がありましたら

お気軽に
メッセージをいただけるとうれしいです!

我が家の経験談でのお話しかできませんが
お役に立てることがあれば、
何よりです^^


ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!


今日の失敗、
受診日間違いって
よくあるわ〜!と共感いただけましたら
カチッと応援よろしくお願いいたします〜^^


人気ブログランキングへ


祖母に例の記事のホンモノ(紙面)を
見せた所、



祖母の憂いは

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

「わたしの写りが、イマイチ」ってことでした(爆)


いくつになっても、
オトメ心を
忘れてはいけませんぬ!

**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム