介護と仕事。

本来なら、
お盆明け、
8月16日から復職予定でした。

が、
な〜んと、
職場のご好意で
休職期間を
1ヶ月間、
延長できることになりました!

そして、
常勤、
非常勤の
勤務スタイルは
自分で選べる!

シフト制も可能!
相当!
優遇を
していただけることになりました!

正直、
少し前まで
退職にむけての
話し合いが
進んでいたので
自分でもほんと、
ありゃ!?(⌒▽⌒;)
ホント、オッドロキーの展開!!!

この変化は、
自分で意識して、
自分の状態を
職場へ伝えた続けたこと。

その結果、
職場全体の理解と
応援が得られた!
会社のトップが動いてくれた!

同僚、
上司の協力がなくては
ここまでこれなかった!
本当にありがたいな〜!!!と
実感しています。

実際には、
勤務スタイルを変えることで
収入は激減しますが、

今は
自由に動ける時間を
確保することを
優先しました。


ところで、
厚労省が
家族を介護する人の総数が
550万人を超えたと
発表しました。

5年前は
220万人だったので
急激に増加していることが
わかります。

※どなたか、数字の強い方おられませぬか?
日本の総人口1億2700万人。
家族介護者は550万人。
総人口から見て、
何人に一人が介護してるのか
計算できない私!!!
教えてくだされ〜!



そして、
家族を介護している人たちの
6割以上が
”退職”
あるいは
”勤務形態の変更”をした
経験がある。

そして、
毎年5〜10万の人たちが
介護を理由に仕事を辞めている。

現時点の
介護を支える制度では、
家族へのサポートは皆無。

だから、
家族に
時間的
経済的な負担がかかる。

そして、
家族を
介護している人の多くが

介護に追われる。

介護に疲れて
休職

退職

復職できず、
経済状態悪化。

この状態に陥りやすい。

わたしも、
現時点では
家族を介護する人の
王道を行っている形(爆)!

でも
今回の自分の選択で
わたしの人生がダメになるとは
思っていないんです。

あえて、
”ライフスタイルに合わせて
仕事のやり方を変えてみる”
その選択肢をとりました。

仕事に
ライフスタイルを
合わせるのではなく、
ライフスタイルに仕事を合わせる!

この選択肢が
世の中に増えれば、

技術や能力がある
働き盛りの人が
自分の希望に反して
離職する問題に
一石投じれないか?

本気で思っています。

現実は厳しい!
でも実現したいのには
理由があります。

過去に、
職場で
経験も、知識も、能力も高い先輩方が

結婚や
妊娠、
育児をきっかけに
職場から離れる方が多い現実を
目の当たりにしていました。

仕事と
家庭を
両立するには
それ相当な覚悟と努力がいる、
その状態にも疑問を持っていました。

実際に、
自分が
祖母や
母の介護にむきあったことで、

より、
仕事場を去った
先輩方の状況を
理解できました。

「本当は仕事を続けたいんだけど」
と言って
職場を離れていった先輩方と
今の自分は同じだ!と。

もちろん、
幸せそうに、
職場を去る方もおられました。

でも
ほとんどの方が
「両立は難しい」と
職場を離れて行った。

育児や
介護だけでなく、

自分が病気になったとき、
なんらかの原因で
”長時間労働”が困難となったとき、
働くわたしたちの
選択肢は少ない。


もっと喜楽に
もっと楽しく
ライフスタイルと
仕事を
両立できないのか?

そのために、
今、いろいろと勉強中です。

今、
やりたいことにむけて

安定より
リスクをとって

非常勤で復帰すると決めました。


新しい挑戦にむけて
動き出したわたし。

これからも、
応援よろしくお願いいたします!


賛同いただけるみなさま♩
カチッと応援していただけると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

おなか、
またまた
ぴーですが
元気になってきました。



なかなか
コメントのお返事ができずに
ごめんなさい!

コメント、
メッセージをいただけること
本当にうれしい!

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

しばらくバタバタしておりますが
回復は順調です^^

これからも
よろしくお願いいたしますー☆!


ブログの
リンクはフリー、
相互リンクも大歓迎です^^

ご意見・ご感想
お待ちしておりますー!



**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

(°□°;)ゲリスピーナですか!!

ベンピーナも辛いけど、ゲリスピーナも辛いでそ(>Σ<)
ヘソ出して寝ないように気をつけてくださいっ

こんにちは

介護に限らず、仕事と両立させていくのって至難の業、だけど考えようによってはどうにでもなる事なんじゃないかなって思いました。

ワタシも3月に父が亡くなって急きょ妹と弟の二人介護が始まりました。

勤務先は幸運(?)にも父の妹夫婦が経営している会社。
融通が利くような効かないような環境です。

会社の中の店舗を一人で任されてやっているため、とにかく休めない・・・退職することももちろん考えました。

でも、辞めずに何とかなっています。

会社自体、親族会社なので、ワタシが『頑張る!』オーラを出し過ぎると、逆にうっとおしがられました。自然体でいれば、周りもそれを受け入れれくれているように感じました。

気楽に!楽しく!

本当にそう思います

Re: (°□°;)ゲリスピーナですか!!

> ベンピーナも辛いけど、ゲリスピーナも辛いでそ(>Σ<)
> ヘソ出して寝ないように気をつけてくださいっ

うふふふ♩
ひめこひめさん〜!
ゲリスピーナは、今や
我パソこんの変換にスムーズに出てくるほどに
大活躍!

この1ヶ月で
いろいろなもん、出し切りました〜。
でも、
腹の肉は、どんどん増加ちゅうですが(爆)!

Re: こんにちは

ももたろうさん♩

おいでませ♩

期せずして、
この1ヶ月間、介護による離職数について
ニュースや新聞でとりあげられる機会がどーんと増えましたね〜。

とはいえ、
世間の反応は
相変わらず、低いのが問題^^;;

ももたろうさんが、言って下さるように
今の社会では
結婚、子育てと仕事を両立できる仕組み自体が
乏しいんですよね。

ライフワークバランスという言葉が
少し前からはやっていますが
「自分は無理」
「うちの会社は無理」というのが
一般的な意見かもしれません。

そのなかで
「こういう問題あるんよ〜」と
声に出して行くのも
小さな一歩かな?と思っています^^

問題解決はすぐにはできませんが
問題に向き合う機会を
私自身も
少しずつ増やしていきたいと
考えられるようになりましたう^^V

そのためにも
気楽に!
楽しく!

そして
継続できることが大切ですよね〜☆!

これからも
仕事と介護を両立されている立場からの
ご意見、
アドバイスをいただけるとうれしいです!
よろしくお願いいたします^^V
プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム