ほんの、少しだけ。

今日(もう昨日だ!)の集中豪雨で、
新幹線も大幅な遅れがでたり。

各地に被害が出ていたようですが、
みなさんはおかわりありませんか?

滋賀も警報が出たのですが
おかげさまで
大きな被害はなかったようです。

強いていえば、
祖母、
母たちも、
デイサービスから少し早めに
戻ってきたことぐらい。

何事なく、
穏やかに過ごさせていただきました。


今日は、どうよ!?と思った出来事を
シェアしますね〜。


少し前に、
ちょっと悲しいできごとがありました。

とある病院で
弟が点滴をしてもらっていたとき

となりのベッドに
認知症(と思われる)女性がおられました。
その側に
娘さんらしき方が
付き添われていた。


女性は、
点滴を抜こうとしたり、
じっとしていられなくて、
見守りが必要な様子。

娘さんらしき方が
優しい声で
「大丈夫だから」
「あともう少しだから」
常に声をかけておらえたので
女性も、
少しずつ落ちつた様子に。

しばらくして、
女性が立ち上がって
看護師さんのところに行って

「おトイレに行ってきたいのですが、いいですか?」と
声をかけられたんです。

そうしたら、
対応した看護師さんが、
「え!?」とあからさまに
不満げな態度で
「おばあちゃんに、動かないでって、ちゃんと言ってから行って下さいよ!」って。

その時、
看護師さんの声と言葉に
わたしも思わず反応して
ふりかえったほど。

わたしの方からは、
娘さんの背中しか見えなかったけれど
全身から
悲しさがいっぱい伝わって来た。

娘さんは
”女性”のところに戻って来て
「おトイレ行ってくるからね」
「すぐに戻るからね」
「じっとしていてね」
そう声をかけると
走って部屋を出て行った。


たぶん、
”女性”の様子を見ていたら
娘さんは
自宅でも
ひとときも目が離せない状態なんだと思う。

病院に来ることも
待合室で待つことも
大変だったんじゃないかな?

そして
点滴をしている間中も、
ずっと娘さんは
いろいろな気苦労があったはず。


クタクタだったと思う。
トイレだって、
ずっと我慢してたんじゃないか?って
思ってしまう。


ようやく、
”女性”が落ちついてきて

点滴の部屋も慌ただしさも
落ちついてきたのを見計らって
看護師さんに声をかけたとしたら?

つい、
自分の普段の苦労と重ねて
いろいろな事を想像してしまいました。

すべては
わたしの想像!

だけど、
戻って来たその人の表情を見たら
あながち、
間違ってはいなかったと思う。


とにかく!
看護師さんの
その対応は、

どうよ!?ヾ(`⌒´メ)ノ″。。



トイレなんて、
数分のこと。

それも、
そのときは、夕方近くの時間で
点滴をする部屋も
私と
その女性の二人連れしかいなかった。

なら、
ほんの少し、
ちょっとでもいいから
その方に寄り添って

「大丈夫ですよ!ゆっくり行って来てください」って
言葉を選択することも出来たはずなのに。


「大丈夫ですよ」
その言葉があれば
娘さんも、
ほんの一瞬ほっとできたと思う。

そして、
その一瞬の”ほっ”があれば
その後の大変さも
頑張れる、
乗り切れるエネルギーがわいたかもしれない。

ほんの少し、
言葉を変えるだけで
その人を笑顔に出来たのに!!!


目の前にいる人たちを
笑顔にできないで、
良い仕事なんてできない!!!!

復職を前に
考えさせられる
出来事でした。


目の前の人を笑顔にしたい〜!
最近、やたらと鼻息があらい ( ̄‥ ̄)=3 フン
アラフォー女子への
応援お願いいたします☆!


福祉・介護 ブログランキングへ

おかげさまで
弟の入院に関せる
事前検査は
今日ですべておわりましたーー!!



あとは、
来週の入院&手術をまつだけ〜!

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

結局、
付き添いが必要とのことで
私が病院へ泊まりこむことに。

姉が仕事を休んで
ヘルプに来てくれることになりました。

姉だけでなく
姉の職場の方々にも
いつもたくさん
助けていただいています!

本当にありがとうございます!
(^人^)感謝♪


ブログの
リンクはフリー、
相互リンクも大歓迎です^^

遊びに行きますので
リンクの際には
お声かけいただけるとうれしいです^^

**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

気づき

さみしいことですが、このようなことを、
よく目にしたり、聞いたりするような
状況になってしまいました。

『ほんの少し、
言葉を変えるだけで
その人を笑顔に出来たのに!!!』

と、看護師さんは気づいていないのでしょうね。

『気づき』は、教えても難しいと思っています。

そのことに、気づきさえすれば、
自分も笑顔になれるのにね!!v-276
プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム