それまでの家族関係が影響すること

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

弟に障害があったので、
私は幼いころから、障害がある人(子どもさん)とその家族に出会う機会が
とても多くありました。

我が家も含めて、
障害をもつ人とその家族が抱える問題の中で

”感情のもつれ”が問題をこじらせるんだなぁ〜と子どもごころに感じていました。

たとえば、
我が家では弟が障害があったことで

祖母の兄弟が、
「(障害がある子が生まれたのは)あんたの血筋のせいよ!」
と言った出来事がありました。

そのやりとりは、「一瞬」のことでしたが、
母はこの時から心を病んで行きました。

私は三つか、四つでしたが、その光景を
今でも鮮明に覚えています。

「あんたの血筋のせいよ!」と言った人は、
言ったことをすっかり”忘れている”のですが、

母の心に残った傷は、その後も
母の人生そのものに影響していきました。

母の心の中では常に、
「嫁Vs姑とその親族」という形が出来上がったり、

自分が傷ついたことを上手に言葉にできなかった母は、
自分自身を傷つけ、

おさまりきらない、悲しみ、怒りを
子どもにむけて、虐待が始まりました。

その後、鬱病を発症し、
アルコール依存症になった頃には、

「その事を覚えていない」祖母と親族たちを
ひどい言葉で攻撃し、傷つけました。


私はその様子を間近に見ていたので、

母の傷ついた心を癒す方法はないのか?

”感情のもつれ”を解きほぐす方法はないのか?

そう感じながら、成長しました。

この、子どもの頃から感じ、考え続けた
”心を癒す方法探し”と

”感情のもつれを解きほぐす方法”探し
から

学んだ知識と経験が

理学療法士として、
患者さんとのスタッフとの関係、
患者さんと家族さんの関係を「理解する」軸になっています。


おもしろいもので、
幼いころに虐待を受けていたのは、

3人兄弟(姉、私、弟)の中で、
わたし1人だけでした。


ネグレスト(育児放棄)以外の、
ありとあらゆる虐待を受けました。

私が3歳から小学校4年までのことで、

思えば、この時期が、
一番「家族が荒れていた時期」だったのだと思います。


兄弟の中で、唯一、虐待を受けていた私が

これまた、

1人で家族を介護することになるなんて Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
状態なわけですが、



ある時、

「虐待を受けていたのに、
 その親を介護してる。
 優しくしたいのに、できない!」


と相談を受ける機会がありました。


「私だけやないんや!!!」


とても大きな衝撃を受けました。

「私だけじゃない。
 
 たくさん、辛い経験や思いを抱きながら、
 
 介護をしている人がいる!」


と思えたことが、

介護に関する自分の体験を語ろう!と思ったきっかけになりました。



過去にひどい言葉で傷つけられた、
関係が悪かった人を「介護すること」の辛さ。



元々、良好な家族関係の中で、介護をしている、できている人は
稀なのではないでしょうか?

妻、夫、姑、舅、子ども。

それぞれの立場で、それぞれの心が傷つく、傷つけ合う。


私自身も、
祖母を、母を守りたい、でも、過去の出来事が自分を苦しめるときがあります。

不穏状態の祖母を、感情的になって言葉で攻撃するときに、
私は復讐しているのかもしれない、
そう感じて恐ろしくなることもあります。

自分に、家族に対する愛情と憎しみを同居させ、
複雑な気持ちを抱きながら、
今まですごしてきました。

でも、介護をしていく中で

絶対に解決しないと思っていた「感情のもつれ」がほぐれることもありました。

私自身が癒される瞬間もたくさんありました。


私の心も、まだ整理ついていないので、
いますぐは難しいのですが、

少しずつ、書きたいと思っています。


いつも読んで下さって、本当にありがとうございます!

 過去のことで
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
傷ついている自分を
 ↓    



一番責めているのは
誰でもなく

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
私自身でした

ありがとうございますーー!

テーマ : すこしでも参考になれば・・・
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

超人きょんちゃん♪

きょんちゃんは凄いわ・・・。
過去に虐待を受けた親を介護するなんて・・・。
そして3人も同時に介護するなんて・・・。
私には想像もつきません・・・。

自分の6年間の在宅介護など、屁のつっぱりにも
ならないと感じています・・・。
私はもっと頑張れたのではないか・・・。
そう思わずにはいられません・・・。

でも、その時は100%の心を込めて、
やってきたつもりです・・・。
まぁ結果的には85点ぐらいの介護者
でしたがね・・・。

でも100点を目指しての85点なのだから、
今はよしとしています・・・(自分に甘いかぁ (~_~;))。
5月・・・月も替わりました。
何とか潔く受け入れようと、努力する毎日を送って
いるブレンディーでございます・・・。

Re: 超人きょんちゃん♪

ブレンディーさん、ありがとうございます!

いつも、ブログをご訪問いただき、またメッセージをいただき
本当にありがとうございます!

「超人きょん」!うひゃ!

ありがとうございます!!サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
このまま、超人・介護ロボ化しないようにだけ
気をつけたいと思っている今日この頃です 笑)


改めて、周囲をみてみると、
「辛い関係の末」なぜだか
介護されている人も少なくないんですよね〜。

我が家では、結果的に、いい方向に向かっていますが、

周囲の人たちの「心の葛藤」や「厳しい現状」を聞くと、
「我が家は運が良かっただけかも」ととても複雑な気持ちになります。

わたしも、
まさか、3人を1人で介護していくことになるとは
想像していませんでし、
成り行きで「そうなってしまった」感じなんですよね。

間違いなく、どこかで自分が”選択したこと”ではあるんですけど^^;;


ブレンディさんが6年間の介護とおみおくりをされたこと、

100点を目指して!かつ、85点て、とってもすごい事だと思います!

お母さまをお見送りされたこと、

それを今、「良かった」とおっしゃっていただけることは

介護継続中のわたしにとって、大きな希望です!

はじめまして。

私も母の介護をしていたときに、子ども頃に嫌な思いをさせられたことを思い出したりしていました。激しくバトルする日々だったので、母にひどい言葉を言ったときに「子どもの時の仕返ししてるんだよ!」と言ったことがあります。きっと母は何のことかさっぱりわからなかったと思いますが、自分の気持ちをいつもぶつけていました。

でも、しばらくしたら出し切ったみたいで(笑)母への愛情の方が多くなってきました。大好きな気持ちが素直にでてきました。けんかしても昔のことで怒ってるのではなく・・その時の腹が立ったことが原因だったので解決すればまた母のことを愛おしく思ってました。

やっとそう思えてこれからは二人でもっと穏やかな生活が出来るかなと思っていた矢先に旅立ってしまって・・とても悲しくて寂しかったですが。

亡くなった今はもっと愛おしくて大好きで・・母の深い愛にも気づき感謝しています。でも、やっぱりもう少し一緒にいたかったですね・・2年くらいは大丈夫かなあと思っていたので・・。


サクラさん、はじめまして!

サクラさん、はじめまして!
ご訪問、メッセージ、ありがとうございます!

お母様とのエピソード、ありがとうございました。
気持をしっかり出し切ったからこそ、お母様とのつながりが
一層増したのかも。

お母様と正面から向き合い、気持を伝え合ったご様子が
目に浮かぶようです。
ありがとうございます^^


我が家も、なにかと問題はありますが
家族の絆は年々深まっている気がします。

介護は大変な事が多いですが、

家族の絆や愛を再確認できる事も多いと感じています。

サクラさんのお話で、それを再確認できました^^
ありがとうございます!
そして、
お母様のご冥福お祈り申し上げます。

連休の後半がやってきますね。
サクラさん、ご家族さまの穏やかな日々を、お過ごしくださいね。

私も

って言うか私は父に虐待?しつけと言う名の暴力?骨折したりするくらい。昔はそんなこと思っても無かった、私が悪いことしたからだと。
だんだん大人になっていき、取っ組み合いの喧嘩になり、また怪我をする。

父が病気をして高次機能障害がひどく、感情のコントロールが難しくなってからは、私はやられっぱなし。だってやりかえせば私が虐待してるって言われる。

そうならないために格闘技を始めました。習いにいってるから罪が重くなる、だから、手を出さない。自分を押さえるため。


何で父を介護するのか…親だから?体裁のため?わからないです。大嫌いなのに。


でも、捨てるわけにはいかない。


これでも親だから。


両親を介護するために産んだの?と罵った。私は我慢ばかり!って。


そんなはずないのに…


私だってたのしいときはあった。
きっと、他人の介護だけに関わってたときだけは。


私はプロだからって意識に疲れてしまう。私だってみんなと同じって言いたいけど仕事柄、大丈夫よ慣れてるからって言うことが辛い。


誰かに言いたい!私だって疲れてるってね。


と、つまらない愚痴でした。


同じ思いがあるんだって、ブログ見て私だけのために泣きました。

ありがとう、少し、素直になれました。

Re: 私も

ここさん、大事なお気持ちをシェアしていただいて、本当にありがとうございます。

ご自身のためだけに、泣く事ができこと、本当に良かったです。

仕事を一生懸命に、そして、利用者さん、そのご家族さんの事を思うからこそ、
弱音を吐けないこと、
ここさんのお気持ち、とても伝わってきました。

前回もそうですが、その大切なお気持ちをシェアして下さった事に、感謝します。
本当にありがとう。

前回、メッセージにも書いて下さいましたが、
一番の理解者であったお母様を亡くされたあと、
とても大変な時期に、お父様とむきあわなければならなかったこと、
本当にお辛い時期を過ごしてこられたんですね。

メッセージを読み返すたび、心が痛みます。


私の体験のお話になりますが、
一番私が荒れていた時期に、うれしかった言葉を思い出したんです。
私個人のお話になってしまいますが、ご紹介しますね^^

我が家に出入りをしてくれていたヘルパーさんが
「私も一緒よ!ダメダメ娘よ〜」とご自身の介護体験を話してくれたことがあるんです。

「仕事だから、できるんであって、家族の立場になると、笑ってばかりなんていられないよねー、腹がたつし、
毎日、きーっっって叫んじゃう」と話してくれたとき、

私はとても安心したんです。

この人は分かってくれる!

この人に話ても大丈夫!って^^


とても安心して、あとはぼろぼろ泣いた記憶があります。

人は、問題にぶちあたったとき、
問題そのものを解決したい!のはもちろんですが、

どうしようもない、解決できない問題であればあるほど

「わかってほしい」気持が一番大きい気がします。

「わかって欲しい」

「わかってもらえた!」

そう感じられた時、人は勇気を持てたり、力を取り戻せるんじゃないかな?と
感じています。


ここさんの、お辛い体験、苦しい体験は、
誰かとつながる「カギ」になると感じています。

ここさんだかこそ、「分かる」「理解できる」「共感できる」こと、
たくさんお持ちなんだと感じています。


今回、シェアしてくださったことで、よりそう強く感じました^^

もしよろしければ、またお気持ちをシェアしていただけると嬉しいです^^

いつでも、ここは、安全な場所として開いています^^

いつでも、お待ちしています^^


プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム