お付き合い、ありがとうございました。

昨夜の
ダラダラ文章に
おつきあいくださって

ほんとーに
ありがとうございました。
(T-T)人(T-T)

自分でも
読み返せないぐらいの

ダラダラぶり。

くどい言い回し(爆)!



結局、
「〜してあげる」と言われることで

わたしの
高い、たか〜いプライドが
許せんかったわけやなぁーと

一晩すぎて
考えています。


手伝ってもらっているという
罪悪感と

べつに
あんたに手伝って
もらわんでも
なんとかなるわー!という
意地っ張りが混在。


でも、
昨日も
今日も、

やる事は山ほどありましたが

とっても楽でした。

もう、
罪悪感は

そこらに
ぽいっと
捨てちゃいましたし

いい意味で
居直れたというか。


去年夏からの取り組みの
成果、
”ええ人をやめる”

その覚悟が
腹の底から
できました。


とは言っても
自分の苛立を
そのまま吐き出すことが

最善とは思っていない。


腹立つからって

石を投げていいって
わけじゃない。

まあ、、
そう言いながらも
去年は
何ヶ月にもわかって
巨大な
石を投げ続けましたが☆\( ̄ ̄*)バシッ


拗ねても
泣いても
わめいてもいい!

ただ
その出し方が問題。

石を投げる以外の
方法を模索中です。


自分にも
相手にも
ウソをつかない
出し方をする、と決めた今年。


明日、
さっそく

とあることを
終わりにしてきまーす。


これから
どんな人生を生きるか、が
はっきりしたし、

欲しいもの

欲しくないものも

はっきりしたから。


何かをはじめるのなら

まず

何かを
終わらせることから。



祖母が大切にしている
金のなる木が
今年も花をつけました。

1002491_506557462793411_523921010_n.jpg

太陽の光が弱まり、

さむーーーいこの時期に

莟をふくらませ
花をさかせる。

なんだか
とっても愛おしく感じるのは、

自分もそうありたいからか???


多肉植物女子、

冬ですが
花をさかせまっせー!
(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚


生成りのスカートに
フォンダショコラを
がばっと落とした
アラフォー女子へ
慰めの
カチッとクリック
応援お願いいたします〜☆!


福祉・介護 ブログランキングへ

1週間の食材の買いだめと
保存のために
ありとあらやるものを
”麹づけ”にしました。




魚も肉も
長期保存できますし、

何より美味しーーい!!!


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

しばらく、
鍋料理か
圧力鍋でがつんと調理で
乗り切りまーす。

ああ、、
やっぱり

自分が嫁にいくより、

嫁がほしい、、、まじで。

**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

「お姉さんにわだかまりはありませんか?」と質問した者です。質問がケンカのきっかけに…?だとしたらごめんなさい。

私も上手く思ったことを言い返せず、あの時ああ言えばよかったと、後からいつも思います。

でも今回のきょんさんは気持ちを整理してイライラの理由を理解してケンカに挑んだ(?)ために言いたいことを言えたのですね。

言いたいことを言って、謝れることをお互い謝って仲直りできたら最高だと思います。

お姉さんと上手く仲直りできますように…!

No title

きょんさん、初めまして。
時々拝見して前向きな気持ちをいただいています!

私も20代頭から実母を在宅で7年、施設で7年(5年前に亡くなりました)、30代からは実父の介護も始まり、介護歴20年ほどになります。
私にも姉がおりまして、週数回、介護の手伝いにきてくれています。

今回、きょんさんのお姉さんに対する気持ちや関係性が、
私の状況に似ているような気がして、なんていうか・・・

そう、不平等なんですよね、でも、そうなんです、仕方がない。
仕方がないから今があるわけで。
姉は姉なりに思いやっていてくれて、姉の許容範囲で精一杯やってくれている、というのもわかるし。
そして姉妹といえど考え方も性格も違う。

でも、それでもどこかでもっと期待してしまうんです。したってしょうがないのに。だって介護しているのはお互いの血のつながった肉親であるわけで。
私の場合、自分のこととして介護に当たっているのは実は私だけなんだ、ってことを色々なことがある中で実感し、そこでいらっとしてしまう、という。


きょんさんを励ましたい!!けど、よい言葉が見つかりません。
色々なこと、良い方向に向かわれるよう、応援しています・・・!!

No title

言葉に表すのはむずかしいなぁ~~と、つくづく感じました。

お姉さまとの言い争い
お互いの言い分、両方とも、もっともだと思う。
でもこれって、ずーーっと埋まらない事なんだとも思いました。

ワタシとは介護の状態が根本的に違うので
比べようもないし、比べることに何の意味もありません。

ここ数日のきょんちゃんのブログを読ませていただいて
率直な思いは

きょんちゃん、真面目だな
考えすぎだよ
もっといい加減でいいのにな・・・

年末年始、妹を病院で預かってもらい
家に居るのは弟だけ
弟には割とヘルパーが手厚く入るので
ワタシはもっとのんびりしてもいいはずですが
それが出来ず、毎日毎日病院に通い
妹のベッドサイドに何時間も張り付き
そのほかの時間は娘と出かけることもせず
弟の食事作りに明け暮れていた

ワタシこそ

『もっといい加減になりなーー、人に任せなーー』

と、周囲から言われ続けています。

似た者同士でしょか・・・
ワタシとあなた



Re: タイトルなし


> 「お姉さんにわだかまりはありませんか?」と質問した者です。質問がケンカのきっかけに…?だとしたらごめんなさい。

あーまったく違いますよ〜!
そのことと、
ケンカはまったく別ものですぅ〜!!

わたしは
心理学を学んでいるので
葛藤とか
心がざわざわすることを
あえて言葉にしたり
思考化(が好きなんです)しただけなんです。


ケンカは大事だ、と思います。

できれば
あれ!?と思ったその時に、
きちんと言葉にして伝える事が。

あとから
「あの時!」といっても
お互い、妄想レベルの合戦にしか
ならないなぁーと反省中。


たぶん
今回はわたしから
謝らないといけないのが
気に障りますが(笑)!

そんなところで
意地はっても
仕方ないので
もう少ししたら
謝ろうかと(爆)!

いつもご丁寧な
メッセージをありがとうございます!

またお待ちしております^^

Re: No title

ちゃこさん
ありがとうございます!

ちゃこさんも
長い間、ご家族と向き合われているのですね!

励ましのお言葉、ありがとうございました!
とても嬉しかったです^^

> 仕方がないから今があるわけで。

この言葉は深い!

そうなんですよね〜。


だからこそ
今まで通りにそのパターンで行くのか?

新しい
方法を模索するのか?

今問われている気がしています。

それに
家族が一番、手強いですよね^^;;

お互い、甘えもあるし、容赦ないですし。

だからこそ
良いことも
ちょっと気になることも

あえて
言葉にして
”わざわざ言う”必要があるなぁと。

たぶん、
わたしがバカになったほうが
展開は早いので

どこかで
ごめんね、と言うつもりです。

前なら
もっと意地はったのですが
そんなことしていたら
時間がもったいなくなってきて(笑)!

他の方からも
姉のことも
わたしの事も両方わかるわ〜って
メッセージをいただいて

本当に、
そうだ!と思った次第。


だから
ケンカしたのも
ここで
愚痴言ったのも
ぜーん良かったわ〜!と思っています!

グダグダいながら
ぼちぼちいきます!

またぜひ、
こちらにも書き込みしていただけると
嬉しいです^^

Re: No title

ももたろうさん♩

ふふふふ。

> 似た者同士でしょか・・・
> ワタシとあなた

そうだと思います(爆)!

ええ加減にできたら
こんなにしんどい思いせんで
ええですのにねぇ〜。

ほんまの
ほっまにぃ!


でも
今回は
少しいつもの趣向をかけまして

いつもなら
一番困難な解決方法を選ぶのですが

今回は
「わたしから謝る」一番イヤですが
一番楽な解決方法を選択しようと思っています。

結局、
私も、姉に甘えていたし
姉もそうで。

だから
きちんと謝るところは謝って
あとは
姉の判断にまかせようかと。

「あんたのために!」と言われて
「ほんまに、ありがとうーーー!」と
受け取れるぐらいの
器に、、、、なれませんが(爆)!


お互い、
ぼちぼち、、、ええ塩梅を
選べる一年になりますよう!

今年もよろしくお願いいたします^^
プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム