母を送ってきました。

風が冷たい、
でも
青空のなか、

特別養護老人ホームへと
母を送り出してきました。

施設では
季節柄、
インフルエンザやノロなど
外部から感染源が入りこむことを
さけておられるそうで、

入り口で
バイバイする形での
お別れでした。

今朝の母は
いつもより元気で、
声も
いつもより良く出ていました。


でも
施設へ向かうとき。

バタバタと荷物をつめこみ、
息を切らして
運転席に座ったわたしに

「無理したらあかんよ」と
小さくつぶやくように言った

その言葉を聞いて

母は
あえて
明るく振る舞ってくれていたんだと
気付きました。

母は
高次脳機能障害があり、

ときどき
とぼけたことも
口にするのですが

今日はずっと
強くて
やさしい
”娘を思う母”でした。


母の思いを感じながら

胸が
ぎゅっとなりながら、

でも
姥捨山でもあるまいし!
と自分に言い聞かせながら、、

母といっしょに
施設へ向かいました。


在宅か?
施設か?

どうして
二者選択なのでしょうか?


どうして
多くの家族が
施設を利用することへ
罪悪感を持つのでしょう?


今日ほど、
自分の中にある怖れを
感じた日はありませんでした。

わたしだけでなく
多くの家族介護者が
施設申し込みすら
躊躇してしまう。
次のステップに進めない理由。

ひとそれぞれ
その理由は異なると思うのですが

わたしは
実際に体験したからこそ
他の方が
迷う気持ちが痛いほどわかります。

そして
実際に決断し行動したいま、

ほっとしている
自分もいます。


わたしは
家族を介護するひとりとして、

また
医療・介護の現場で
働くスタッフのひとりとして、

今日感じた
さまざまな気持ち、
疑問を

これからも
大切にむきあっていこう!と
決めました。


正しいか
正しくないかではなく、

あるがまま
生まれた感情を受けとめる。


在宅で過ごすことも

施設をですごすことも

どちらも
たくさんの
笑顔を生む世界を作る。


今日も
あらたな決意をした一日となりました。




今週、
風邪で寝込んでいた弟。



奥に写っている
汚れて、ほつけて
ぼろぼろになっているミッキーは

家族で初めて
ディズニーランドへ行った時に
買ったもの。

どれだけ
新しいぬいぐるみが増えても、

このミッキーは
弟にとって特別な存在。


離れて暮らしても
思い出がなくなるわけでも

つながりが
なくなるわけでもない!


離れたからこそ
また新しい関係が作れる!


だから、
これからも

もっともっと
みんなで
笑っていこうね。



グスグス鼻をまっかにさせた
アラフォー女子へ
カチッとクリック
応援お願いいたします〜☆!


福祉・介護 ブログランキングへ

入居手続きが終わったて
そのまま
市役所へ行き、
母の転居とどけを出しました。




施設に
住所を移すことで

わずらわしい
介護保険の更新手続きや
その他の申請書類も
すべて
施設の方がしてくださるそう。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

あと
母の単独世帯になるので
食事代が、今までの半分以下に!


知識として
知っていたこともありましたが

知らなかった情報もたくさん!

日々、
勉強だなぁ〜!!!!と
感じています。
σ( ̄、 ̄=)ンート・・・
**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム