座って食べられない日。

母が
特別養護老人ホームへ入居して
6日目の朝。

母のケアも
介護もしなくていい分
楽なはずなのに

ここ数日、
立ったまま
食事をする日が
続いています。


祖母は
認知症状に加え、

骨折後の影響で
歩き方が不安定。

そのうえ、
歩行器を
利用する意味がわからず、

歩行器を
「じゃま!」と
そのへんに置いて、


一歩、
二歩、

何ももたずに
ヨタヨタ歩いたところで
動けなくなって
立ちすくむ!


立ちすくむ状態の祖母を
みつけては、

歩行器を持って
走って駆けよる!!!


わかってるんです。

ええ。

こちらでも
書きましたし

この映像
何度も見ましたし

たくさん勉強もしてきました。

認知症の方への対応、


怒っても何も解決しない

むしろ
状況が悪くなるってことは

頭では
わかってるんです!


それでも
つい

「何してんのぉーー!!!!コラ!( ̄⊿ ̄)o"」

と朝から
何度も


何度も


何度も!!!
わめいてしまいます。

良くない対応だと
頭でわかってはいても

つい
口走ってしまう。

言葉で
コントロールできるなら

誰も困らない!!!

わかってる!

でも
叫んじゃう。


それが
今の自分の精一杯だと
腹をくくって
毎日を過ごしています。



ところで
祖母と入れ替わりのように

特養への入居した母。

入居のお話が出たのが
急すぎて
正直、
未だに気持ちは揺れています。

でも、
現時点で
祖母の対応だけで

いっぱい
いっぱいに
なっている現状を考えると

ケアマネさん、
そして
施設のソーシャルワーカーさんが

わたしが
母の入居を決断するまで

強く強く
背中を押してくれました。

ほんまの
ほんま、

よくぞ背中を押して下さいました!!!


入院時から
祖母が退院したら
ひとときも
目が離せなくなるだろう、と
覚悟はしていましたが、

それでも
母の入居について
ひとりでは
決断はできませんでした。


どう考えても
2人同時に介護をして
その上、
仕事をするのは
無理な話なのに!


無理は承知!

それでも
このまま
自宅で一緒に暮らしたい!

そう
かたくなに重い、
意地はってしまった
自分の心の奥にある

執着も
そろそろ
手放すときがきたようです。




自分を後回しにせずに、
一番さきに
幸せになること。



とても
シンプルで

でも
ひとりで
頑張っているひとには
難しいことを
実践中。




先日の
エリア28で撮影していただいた1枚。

1619207_10152007037244542_1396630489_n.jpg


その昔、
y子ちん
うっふん
あっはんさせた
このハンドパワーで

世界を変えるんや〜!!(意味不明)


って
その前に

ちゃんと座って
ごはんが食べられる余裕を
持ちます。
ヾ(_ _。)ハンセイ…



暖房をつけても
寒すぎて
網走用に買った
ネックウォーマーと
腹巻きが手放せない
アラフォー女子へ
カチッとクリック
応援お願いいたします〜☆!


福祉・介護 ブログランキングへ

予想していたことですが
歩行器を使わなければ
歩けない祖母ですが

いつのまにか
階段の上がり下りが
ひとりでできるようになりました。



もちろん、
杖歩行ができるようにと
退院後は
みっちり
特訓をした成果をあるのですが


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

99.9%祖母の底力。

大正10年生まれ、今月で93歳!

このエネルギーと力強さを
しっかり
真似て
いただこうと思っています。
(゚д゚)(。_。)ウン!

**********************************************
メルマガは
不定期で配信中です^^

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

**********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム