自分のご褒美日〜☆!を通して感じたこと1

943334_385986168183875_135737084_n-1.jpg

*************************
大阪・天満にある [Cafe Toki onaさん。
休日に、遅めのランチを愉しまれる”おなじみさん”が多く、
素敵な空間でした^^
*************************

GW後半に入った、昨日、
大阪に遊びに出かけてきました!

目的は、おいしいごはん♩を食べること、

そして、以前から気になっていた、
「タロット」に触れること!でした。

タロットと聞くと、
「え!?占い?」と不思議に思われるかもしれませんね〜。

今回、私が教えていただいた「タロット」は占いというよりも、

カード1枚1枚が「語りかけてくれる」エネルギーを感じ取ることを
教えていただきました。

カードに描かれた世界観を教えていただいたあと、
じっくりカードを見つめて、

そこから感じるものを、
自分の言葉にして表現してみる作業を一日かけてしました。

こう書くと、さらに、あやしげな感じになりますね 笑)


タロットカードを「リーディング(読み解く)」する作業を
実際に体験して、感じたことは、
「自分の奥底に隠した、眠ったままのこころを感じる作業」
だと思いました。

私は3年ほど前から心理学を学んでいるのですが、

その時に教わった言葉「投影」
「投影を取り戻す作業」だな!と思いました。

投影とは、

自分の中にある想い、心の状態、感情を

「外で起こるできごと」や

「他の人」を通して、表面化させて

「見ている」状態ことをいいます。

例えば、
「あんな事するなんて、あの人最低な人!」
と感じたとします。

この「あんな事」とは、
自分が「絶対してはいけない」と

自分が怖れ

自分自身に禁止している事
である事が多いのです。


「最低な人」と感じている自分の心は、
自分自身が一番おそれている

あの人のようになったらどうしよう!」

という怖れを持っていることを表すこともあります。

これは自分の中に無意識ある、
「あんな事をしたら、自分は人から馬鹿にされる」
「嫌われる」
「相手にされない」という思いこみ、

そして、
「あんな人にならないよう、ガンバらなきゃ!」

「努力しなきゃ!」

「今のままではダメだ!」

という自分への「禁止事項」を増やしたり、

自分へのダメだしをたくさんしたり。

「同じできごと」
「同じ困った人」に遭遇しても、

「腹が立つ!」と感じる人と
「たいしたことないやん?」と感じる人がいるのは、

それぞれ、
「禁止しいてる」

「ダメだと思っている」
ことが
人によって違うからなんです。


これは、心のネガティブな面からのたとえ話でしたが、

逆に、
「良い面」を投影
を通して、感じることもあります。

例えば、「あの人素敵!」と憧れの人を見る時、

「自分にはあんな魅力がない
と感じるからこそ、”憧れる”ように見えますが、

じつは、これも投影で

「自分自身の中にある素敵な部分」

「自分が自身が大事にしている価値観」

「自分自身が本来持っている魅力」

自分の内面に備わっている、持っているものを、

「憧れの人」を通して
見ている、と言われています。

つまり、
「自分の中にあるもの」しか、
人は、
「見えない」
「気にならない」のです。

投影を取り戻す作業とは、

人や出来事を通して自分が感じた「感情」、
嫌悪感、
憎悪感、

憧れなどなどの気持が

「相手が与えたもの」ではなく

「自分自身の心が感じているもの」と

「自分自身が生み出したものだ」と気づく事なのです。

何かイヤな、ことに出会うと
それを「した」人に嫌悪したり、
「あの人があんな事をしたから!」と腹が立ち、

相手に、「このイヤな気分になった私をなんとかしてよ!」と
解決法、解消法、責任を相手に求めてしまいます。

でも、「この感情」は
「自分の心が感じている」ことだと気づくと、

「イヤな気分を、自分で解消することができる」事に気づきます。

スポーツドクターで、メンタル面の重要性を話をされている
辻秀一先生
提唱されてる「フロー理論」でも説明されている

「自分の感情を人に任せず、自分で責任を持つ」ということと
同じだな!と思いました。


タロット 講座のお話に戻すと、
今回は、カードの意味を”覚える”のではなく、
1枚1枚の世界観を教えていただいて、
その後に、
カードから感じることを

自分の言葉にしていく作業をしていきました。

このタロットカードを「リーディング」すること、

タロットカードに描かれている「世界」から感じることは

「自分の心」を感じることであり

「感じたこと」を言葉にすることで

自分の心に気づくこと、

自分の心を整理すること、
につながるんじゃないかな?と感じました。


今回の講座で使ったタロットカードは
「THOTH」のタロットカード。
絵柄の美しさ、神秘的な世界に魅了された1日でした。

ご褒美日ネタが、少しそれてしまいましたね。

続きで、私がずっと、自分に禁止していた
「自分の時間をとる」
「自分がわくわくすることをしだしたら」

予想外の事がたくさん起きたこと、
を書いていきたいと思います^^


197674_386397118142780_1983955058_n.jpg

[THOTH TAROT]Fortune 「運命の輪」

「昨日のできごと、はどんな意味がありましたか?」と
カードに聞きながら、引くと、
このカードが出ました。

このカードをごらんになられどんな事を感じられましたか?

どんな事を思い出されましたか?

よければ教えて下さい^^

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

料理研究家の辰巳芳子さんが
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
「目に見えないことを、信じられる、ということは、
 心を育みます」と話をされていました。
 ↓    



思考、理論はもちろん大事ですが

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
「あるがまま感じたこと」
「理屈では説明できないこと、でも
 現実におきていること」を
大事にしていきたいな〜と思った1日でした!

ヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪
ありがとうございますーー!

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム