またまたまた、、、ごぶさたでごじゃりまするよ。

き、、気がつけば11月!

なーーーんと、
なーーーーんと、
ブログ放置、4ヶ月間!

それでも、
ご訪問を続けて下さったみなさま、、、



ほんとうに、ほんとうにありがとうございました!



プライベートが充実しているから
ブログを放置していました!ニャハハ(*^▽^*)

、、、、、、、
、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、、

なーんて
胸をはっての報告でしたらよかったのですが

逆に、波乱万丈な日々を過ごしておりました〜。


7月からの月日は、
いろいろありすぎて、言葉にならず( ´△`)アァ-


とりあえず、

またまた腹が座ったできごとからのご報告。


この1年だけでも、
すでに10回以上呼んでいる、救急車。

9月中旬、
なーんと
大正生まれのモダンガール、
みよ子さんが緊急入院!




いつも、必ず救急車の写真をとるのは
自分が冷静でいるための儀式。


タイミングも決めてるんです。

救急隊員の方に情報を伝え、
祖母が救急車の中に運ばれたあと。


なぜ、
このタイミングかというと、

搬送先の病院が決まるまで
早くても5分。
遅かったら15分以上かかるから。

この時間を使って、

入院セット(健康保険証、お薬手帳、着替え、オムツ類、おはし、コップ類)を
用意するんです。

その前に、
この1枚をとりながら
「絶対大丈夫。」と自分に言い聞かせる。

「絶対、今回も笑い話になるから」と。

自分を落ちつかせるための、儀式の1枚。


いつも、ここから始めます。



で。

今回の入院は、ちょっとひやっとする入院となりました。


10646885_641392485976574_4401928755263471727_n.jpg

診断は、
胆のう炎、膵炎。



通常だと、すぐに胆のう摘出のオベになるのだけれど、
胆のうに問題があるよりは、

胆石が原因で、他の臓器に影響しているから、
オペするにはリスクが高すぎるとのこと。

ひとまず、
緊急処置として、
背中から、
肝臓と胆のうをつらぬいて、管(ドレナージ)を入れて、流れをつくることになりました。





でね。
問題は次の日!

血液検査の結果が
午後から急に上昇し、またまた緊急の処置が必要となり、

一時期は、
いろいろなことを覚悟する、
とっても大変な状況でした。

10710698_642073575908465_5553029892766124577_n.jpg

この時点で、
とっても危険な状態が続いていました。

入院はどんなに早くても、
4週間は見てほしい、、、と言われていました。







と・こ・ろ・がです。




さすがのみよ子さん。




2回目の緊急処置後、

勝手に抜いたら命にも関わる、
肝臓と胆のうに刺してある管を自己抜去したのですよ〜。


でね。

最初、
自己抜去で大騒ぎだったのですが、

運よく、何も問題は起こらなかった!


そして、ここからが奇蹟!

お医者さんも、
ついていた研修医さんも、
毎回苦笑いするほどの急激な回復劇!



入院4日目にはベッドから起きて、
温かなお茶を飲んで。


10644441_644830055632817_8248852164182551045_n.jpg




見舞いに来た姉をお供に
病棟を散歩し、

10301278_643577589091397_9135390815008139848_n.jpg







そして、その2週間後。


予定していた日程の半分の期間で

無事、退院することができました!!!


10672421_657180791064410_190373796505141762_n.jpg






今回の入院を経て、感じたことがあったんです。


家族が入院すること。


さかのぼれば、
20年前、
癌で亡くなった父の看病から始まりました。


ひとりで、これらの”対応”をすることは

もう数えられないほどしてきたことです。



救急車の呼び方も、
その後の対応も、


病院での手続きも、
もう知らないことは何一つありません。


でもね、
今回ほど、感じたことがあったのです。



突然のことを驚くことも、

そのことを冷静に対応しよう、とすることも。



長い長い時間。
検査やオペの時間、静かな廊下で待ち続ける時間も。


医師からの説明や、
今後の治療を”決めるなければならない”、
自分に委ねられる苦しさも。



もう、ひとりで抱えこみたくない。


ひとりで、抱え込むには辛すぎる、ってこと。




慣れていたことだったけれど
今回の入院ほど、怖い!と思ったことはありませんでした。


でもね。
その自分の気持ちを外に出すことができなかったし、

誰かに苦しいんだと、

もうひとりで抱えられないんだ、とは言えなかったのです。



いつものように、淡々と。



いつものように、笑いにしながら。



甘えたい、弱音を吐きたい。

そう思いながら、できなかった。





強がりで、意地っ張り。


本当に頼りたいひとに頼れず、平気なふりをする。



友人たちは、
「どんな相談にも乗るよ!いつでも!」と言ってくれているのに

すべてが終わってからでなければ
話せない自分。



燃えつきて、
ひとりでないて、
いろいろ感じて。




で、決めたのです。

自分の人生のど真ん中を歩く、って。


人生のど真ん中を歩くっていうのは、
もっともっと
周囲のひとたちを頼りながら、
助けてもらいながら

ずっとしたかったこと、
ずっと描いていた未来に向かって歩く!と決めること。


家族の笑顔も大切だけれど

自分の笑顔を
もっともっと優先していこう!ということ。







具体的には、
ずっとしよう!と思いながら
なかなか行動にうつせなかったこと!


家族を介護する方をサポートするための
カウンセリング、コーチングを提供すること!

東京へどんどん出て行くし、
ワークショップ、セミナーもどんどん開催する!


そして、
プライベートでも!


何度も何度も
挑戦しては
がっかりして、、、

何度もあきらめかけた夢を
あきらめない、と

もう一度決意しなおすこと。




結果はわからない!

でも、やります〜。
やっちゃいます〜。


なんたって、
動物占いでは、
[根拠のないプライドがとっても高いトラ]さんだから
ヾ(@^(∞)^@)ノわはは


人生、ど真ん中を歩きますよ!



というわけで、
ずいぶん長い間、告知したままにしていた
コーチングセッションの募集を始めます^^

まずはSkype(無料電話)でのセッションの募集から!

家族を介護している方も
そうでない方も♩
コーチングって何!?って方も

もしよければ
コーチングっておもしろい!を体感していただきたい!


お気軽にお申し込みいただけるとうれしいです!


対話しながら、

自分がほんとうに望んでいること、
人生ど真ん中を歩く!最初の一歩を描いてみませんか?




詳細は、
11月11日(火)に発行予定の
メルマガ(これも1年放置!)でお知らせしますので
もし、登録がまだの方がおられましたらぜひ、お申し込みいただけるとうれしいです!

メルマガ登録はこちらから
無料・メルマガ登録フォーム♩




久しぶりにランキングを見たらえらいこっちゃな!?
ここから、まきかえすわよっっ!
鼻息あらいアラフォー女子へ
応援のクリックぷり〜ず!ヾ(。ё◇ё。)ノ
↓↓↓


福祉・介護 ブログランキングへ


ご報告したいことはもりだくさんですが

8月10日!
10月5日!

第3回、4回のLGOも無事終えることができました。

両日とも、台風の影響が出ているなか、
ご縁をつむぐ時間を過ごすことができました!


そして、第5回目!
なんと、12月28日!
年末に、さむ〜いお寺の本堂で開催いたします!





ふんどし美男子のみっつーと
薬をなくしたい薬剤師のひるPと
鼻水たらしたアラフォー女子が

本気の本気、
年末にふさわしい時間を作り出します!


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

年末年始、お忙しい時期ですが
もしよろしければ、
この時間をわかちあっていただけるとうれしいです!

LGO 第5回公演会申し込みはこちらから


明日も、素敵な一日に(^∇^)
**********************************************
ほんまのほんま。
メルマガは
そろそろ配信しまっせ〜!!

無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

*********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム