さあ、はじめよう!

年末にね。

Facebookでつながっていただいている
お友達が
シェアしてくださっていた記事に大反応!

それは
セルフネグレスト!!!


これってね。

あまり知られていないことだけれど、


家族を介護されている方の多くが

セルフネグレストの経験がある!


そして
今現在も

家族を介護しているほとんどの方が

セルフネグレスとの状況にあるんじゃないかな。




実際、
わたしも

フルタイムで働いていたころ

みごとなセルフネグレスト状態でした。



起きてから
眠るまでずっと立ちっぱなし。


食事も
立ったまま、
介護をしながらだから

どんどん食べる量もへっていて。



いつも寝不足。

熱が出てたら

仕事はやすめたとしても

介護は休めない。



毎日、
化粧なんて時間どころか
一度も鏡を見ることなく

飛び出すように仕事場へ出ていました。


だから
寝癖なんていつものことで。


美容院へ行く余裕もないから
髪もバサバサ。



ときには
目やにがついたままで

患者さんに
「めやについてるでー。」って言われたりね。


でも、
恥ずかしいって気持ちすら
感じることがなかった!

自分に関心をむける
余裕がぜんぜんなかったんです。




今、

寝ぐせもなく
目やにをつけずに
職場に行けるようになったのは


わたしの心と体が

悲鳴をあげてくれたおかげなんです。

今だから
わかることがあります。


もし、
3年前に
母たちに怒ったり、
どなったりすることができていなかったとしたら、


今、
わたしは生きていないか、

あるいは
母たちを自分の手で傷つけていたんじゃないかって。





いっぱいいっぱいになって
祖母や母に叫んでしまっていたとき、

「わたしは最悪だ!」と思っていました。


仕事と
介護を両立できないのも

自分の努力が足りないからだ!

そう
本気で思っていました。



でも、
ケアマネさんや
いろいろなサービスの方々から

「きょうこさんは、もういっぱいいっぱいですよ!」

人を頼りましょう!
わたしたちを頼ってください!」

そうアドバイスをもらえてはじめて

少しだけ

「がんばりすぎているかも」と思えました。


そして
ケアマネさんが
半ば強引にわたしの背中を押してくれる形で

母の施設への入居が決まり、
少し時間に余裕ができました。


母の施設への入居が決まった直後は
自己嫌悪間でいっぱいでした。


でも、今きづくことがあります。

母が施設に入居でき、

介護負担がへったことからこそ

はじめて
体を休める時間がとれました。

そして、
体をやすめられてはじめて、

今自分がどんな働き方をしたいのか?
じっくり考える時間ができたんです。

時間も
体も
心にも余裕がないなかでは

目の前のことでせいいっぱいになって当然。


でも
当時は
いっぱいいっぱいになりすぎていて

自分が限界に来ていることすら
気づくことができませんでした。





体と心を休めることができて
はじめて

仕事も
家族のことも

自分のことも

本当は
どうしたい?って考えられるようになりました。



そして、
このことでわかったことは、

時間は
意識的に、

それも
かなり強制的に作らなければできないし、


めいいっぱいの毎日をなんとかやり過ごしているなかでは

自分で意識して

自分のための時間をつくることは不可能に近い。


自分のための時間を作るためにも


誰かのアドバイスや
助けが必要!




今、

理学療法士の仕事も大切にしながら

家族を介護されている方の
メンタルサポートをしたい!

新しい挑戦をしているのも

「自分ひとりでは、新しい選択に気づけなかった」経験から。




そして

実際に
家族を介護されている方々と
お話する機会が増え

強くなった想いがあります。

それは、


あなたの
その魅力!
その才能を

介護という制限を理由に
封じないで!
って。



才能も
魅力もあふれるひとたちが

そのすべてを封じて

仕事の時間も
プライベートのすべての時間も削って
必死に頑張っている。


がんばっているのに

それなのに、
自分を責めている。



「十分にできていません」


「家族を笑顔にできませんでした」って話されるんです。


仕事もプライベートの時間も。

自分のありとあらゆる時間を削ってきた!

がんばってきた!


でも
うまくいかなかったって。


ご相談くださる方のほとんどが
こう話されます。

「わたしがダメだから、うまくいかないんだ」って。



わたしはその度、

違います!って言い切ります。




あなたは十分にしてきました!

十分すぎるほどしてきました!!!


でも、
ひとひとりの人生を

たったひとりで
背負うことなんて


誰にもできないんだ!って。



だから、
今までしてこなかったことをしてみませんか?って。


他のヒトを頼る、
他のサービスを頼る、


介護を必要とする当事者の家族に頼る!!!


今まではできなかった、

そんなことできるはずない!と思っていた

新しい選択肢を見つけていきませんか?って。




そしてね。


新しい選択肢を探す前に
とっても大切なことがあります!って。


それは

あなた自身が
ほんとうに望んでいる人生ってどんなものですか?ってこと。


ほんとうは
どうなりたい?

どうしたい???


どんな未来を描き、

どんな未来を実現していきたい?



そのときに、
誰がいますか?


思い描く未来が実現できたとき、
どんなことが起こりそうですか?



そのとき、
大切にしたいものって
なんですか?





なぜなら
多くの方が
家族、そして介護する体験から

自分のことよりも
家族優先のなかで
自分がどうしたいかを見失ってしまっているから。

自分がどうしたいのか?

しあわせになりたい!
その気持ちにすらふたをした状態で


家族がしあわせになれるなんてはずがない!


自分のしあわせか?
家族のしあわせか?


わたしたちは
このその二者選択しなかい、と思い込んでいる。

自分か
家族がどちらかが犠牲になる。

そんな思い込みの
眼鏡をかけてしまっている。


でもほんとうは

「自分か、あるいは家族が犠牲にならなければしあわせはない」って
思い込んでいるだけ。


今、余裕がない状態だから
選択肢はない!って思い込んでいるだけなんです。



自分もしあわせ。

家族もしあわせ。


どちらも手に入る。

その世界がある、
その眼鏡で世界を見た時、


今までは気づけなかった

可能性と未来が見えてきます。



わたしたちが
わたしたちの気持ちを優先すればするほど

家族は笑顔になります!


苦しい今。

うそー!と思うでしょ?




でもね。

ほんまのほんま。





自分勝手に。

がまんをやめて

泣いたり
おこったり
すねたり。


自分の心が望むようにして


自分の時間を大切にしはじめたら



家族の笑顔も増えてきました。




今でも
認知症による記憶低下で
不安になる祖母にイライラするし。


祖母に怒ったり、
どなったりもしています。




目やにをつけなくなったけれど

必死のパッチで
職場に出かける日もあります!


それでも


怒ったり
泣いたり

笑ったり。


素直な自分にむきあっていくうちに


こんな風に
笑えるようになりました。


ブログ用1

さあ、はじめよう!

さあ、
制限のわくから飛び出そう!


ほんとうに自分が望む
しあわせを受けとろう!


自由の翼を羽ばたかせて
しあわせになっちゃいましょう!



あけまして
おめでとうございます!

さあ、
はじめよう!




笑ったり
泣いたり
怒ったり
忙しいけれど

心とつながって
自分の想いをかんじられる
言葉にできるしあわせを噛み締める
アラフォー女子へ
応援のワンクリックを
ぷり〜ず〜
ドゥモ.ドゥモ♪\( ̄ー ̄|電柱| ̄ー ̄)/ヨロシク♪


福祉・介護 ブログランキングへ

今日アップした写真は、

現場で輝く女性を撮り続ける
福岡のフォトグラファー
中野貴子さんに撮っていただいたものです。

福岡にある
貴ちゃんの個人スタジオ。



とてもリラックスして、安心した状況で撮っていただきました。




撮影のとき
貴ちゃんは必ず聞いてくれます。

今回の写真はどういう目的でなの?

どんな仕事をしていくの?

きょんちゃんと出会うことで
クライアントさんはどんな風にしあわせになっていくの?


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


そして撮影のとき言ってくれた言葉。

「きょんちゃん、未来のクライアントさんに、なんて声をかけてあげたい?なんて言ってあげたい?」

貴ちゃんとのやりとり、
言葉をかけながらの撮影を通じて

わたしは今の等身大の自分で
すでに未来の自分として出発点に立っている!と気づきました。


貴ちゃんの撮影は、
わたしが大切にする価値観をわかちあいながら
一緒に未来をみつめる
まさにコーチング!!!


自分のことは
自分では見えない。

今でも
ちゃんとできていない。
十分にできていない。

わたしはダメだって
自分のことを責めること、あります。

でも
自分では見えない部分、
ブラインドスポットを

「あなたの魅力だよ」って教えてくれるのが
貴ちゃんの写真なんだと感じています。


貴ちゃん、
今年は東京での活躍が増えるとか!

もし機会がありましたら
べっぴんで
おっとこ前で

それでいて
繊細で
美しい女性に会いにいらしてくださいね!




*********************************************
不定期ですが
メルマガは配信してまっせ〜!!

コーチング・カウンセリングの体験のご案内は
メルマガから発信しております!
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

*********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム