介護の一日は、○×△ではじまり、○×△で終わる。=1=

大切な家族だから


気持ちよくすごしてほしい!

年をとっても、

障害をもったとしても

そのひとらしく
いきいきと、

自由にのんびり家ですごしてほしい!


そのために

できるかぎり、
手伝っていきたい!

支えていきたい!


でもね。
毎日の生活は

きれいごとでは
すまされないことでいっぱい!


トレイの手伝い。

汚れた下着や服。


オムツや
紙パンツ、パットの片付け。


健康を保つためには
大切なケアだとわかってる。



でも、
うんちやおしっこの後片付けに

慣れるってことなんて、ない。


介護ははじまった直後は

「これぐらい、どうってことない」って

自分に言い聞かせてやってきたけど


どんどん
どんどん辛くなってくる。



どんどんどんどん
イヤになっていく。


部屋には

汚れた服や下着がいっぱい!



汚れたトイレ。

廊下。

じゅうたんもドロドロ。



自分の服にも
手にもついているって気づいて


「もう動かないで!それ以上汚さないで!」



思わず家族に叫んでた。




片付けても
片付けても

部屋中、
臭いがとれなくて。

自分自身にも
臭いがついている気がして


声にならない声で叫んでた。





もうイヤ!!!

トイレ、おむつの片付けも

食事介助も

なにもかもイヤ!!!!!


がんばってるのに。


がんばってきたのに、

状況はなにもかわらない。

それどころか
どんどん悪くなっていく。




どうしてわたしばっかり??




大切な家族なのに。

家族を守りたくてがんばってきたのに


家族をどなってばっかり。


先が見えない。

明日が見えない。


これからどうなってしまうの???


=================
6年前のこと。

母が寝たきりになり、
自宅に戻ってきたころの
わたしの気持ちです。


当時の母は
全介助(おむつ、パット)だった上に、
ひどい便秘状態でした。


当時、
主治医と
訪問看護さんに相談しながら
薬の調整をしてもらっていました。

でも、
下剤を使っても、
浣腸をしても、

20日間排便がなかったことも!!!


でね。
20日間でなかったものが
出るとね、

これもとんでもないことでねー。


服どころか
布団一式ダメになっちゃうこともありました。


汚れ物を洗濯するのも、
大変で。

どれだけ洗っても
臭いが取れない!

それまでは
洗っては洗っては
臭いを確かめてうんざりする日々でした。


でもね、

介護の一日は
うんちにはじまり
うんちに終わるってことも

トイレ介助が、
汚物の処理がイヤなんだってこと、

周囲の人に言えなくね。



悶々としていたことを
思い出します。


それから後、
その悶々が解決できたのは

職場同僚に思わず

「トイレの介助が大変なんだー。辛いんだ」

って愚痴を言えたときでした。


家中、うんちの臭いで
いっぱいになる!って。


それを静かにうなづいてくれていた同僚は、

「うん。あるある」って

とっても普通に言ってくれたんです。


「比べちゃいけないかもしれないけど、
我が家でもあるわ〜。

うちのチビも1歳ちょっとやん?

チョコボールだと思って拾ったら、

チビのブツだったってこと、ふつーにある!!!

洗濯もさー、

指にも、爪にも入りこんでさ〜。
やんなるよね!


うんちではじまり、
うんちで終わる一日、わかる!!!!」って。

それ聞いて


あー、愚痴言ってもええんや!

うんちネタで
笑ってもええんやーって
許可もらえた気がして

ずいぶん楽になりました。



介護のこと

特に排泄に関しては

外に話すことではない、と感じたり、

家族の名誉を傷つける気がして
言えないことも多いと思います。


でもね。

生きてれば
うんちも
おしっこも出るわけで。


そして
なんらかの不自由さが出てくると

一番、手間ひまがかかり

そして
予想不可能なのも

うんちと
おしっこのこと!!


でね。

一番つらいのは

家族が
排泄のことがひとりできなくなること、
コントロールできなくなったことに

がっかりしている自分なんですよね。



大切なひとだから、

最後まで元気でいてほしい。

最後までしっかりしていてほしい。


ふつーに感じること。

でも
なんらかのハプニングがあると

排泄のケアも
コントロールも
ひとりで難しくなるのもフツーのことなんです。



排泄のコントロールが
難しくなったとしても

その人の
価値はかわらない!

その人を思う気持ちも
変わらない!


なんらかわらないのだけれど

排泄介護は慣れないだけでなく

とっても難しい!

介護の負担がどーんと増えたと感じるので

イライラするのは普通のこと。



もし、
排泄介助が
イヤだって感じる事で

自分を責めていらっしゃるとしたら

そんなこと
せんでええですからね^^



イヤだって感じること、

家族への愛が
足りないからじゃない
ですからね〜!!!




おしっこもうんちも
下ネタも大大大歓迎!
なんでも
どんなお話もききませ!^^



励みになります♩
ワンクリックしていただけると
うれしいワンワン・ワワーンン( ̄(エ) ̄)ノ”


福祉・介護 ブログランキングへ

汚れた衣類を洗ったあとも
残る臭い。

下洗いしたあとに、
お酢を入れた水につけておくと
臭いはずいぶんへります^^



あと、
下着、衣類は
質より量で選ぶことが増えました。

介護を始めたころは
できるだけ肌触りのよいものを!と
思っていたのですが

介護歴の長い先輩から
「汚れても、捨てられる安い物がたくさんあると
気がらくだよ〜!」って教えていただいたんです。

それから、
安価の衣類もふやしていき、

ずいぶん
気持ちも
日々の手間ひまも楽になりました!

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

真っ正面から向かうことを
少し横において、


いなすことも
どんどん取り入れていきたいですね^^




セッションに関するご質問や
ご相談は
kyonchan_kaigo@excite.co.jpへ
お気軽にお問い合わせください^^

お待ちしております。

*********************************************
不定期ですが
メルマガは配信してまっせ〜!!

コーチング・カウンセリングの体験のご案内は
メルマガから発信しております!
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

*********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

25年前の母に

ああ、今日のブログを25年前の母に読ませてあげたかった。
実の母(私の祖母)が脳溢血で倒れて半身不随になり、下の世話もしていました。手伝ってあげたかったけれど、母が嫌がったのであまりできませんでした。

私はきょんちゃんのブログで予習させてもらっています。
知っているのといないのとでは大違いだと思うから。
知は力なり。
ありがとう、きょんちゃん。


Re: 25年前の母に

Corvallis さま♩
Corvallis さんの
お母様のお話を聞くたび、
多くの気づきをいただいています^^

本当にありがとうございます!


自分自身が介護しながら、いつも思うんです。

おしっこも、うんちも、あたりまえ!

でも、余裕がなくなると
いちばん辛く感じるのも
おトイレや排泄の介助とそのケア。


どうしてだろうーって、ずっと悩んでいました。

介護、ケアされる立場からしても
辛いことになっていることも
とっても心がイタい!


ただ、
悩み続けたからこそ
今だからわかることもありました^^

老いていくことも
動作や能力が落ちて行く事も
あたりまえのこと。

誰かに手伝ってもらうことも、
当たり前のこと。

だから、
「迷惑かけることはいけないこと!」の思い込みをとっぱらって

誰もが
ありがとう!と気持ちよく
介護、ケアを受ける環境を作っていきたいって^^



プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム