いろいろな人に助けてもらいながら、やっていってます。

今週の月曜日。
 
総合病院で

「肺の音もきれいだから大丈夫!」

と大小判を押してもらえた祖母でしたが、



微熱がそのあとも続きいていました。


そして、
数日前から

トイレの失敗が増えただけでなく、

トイレの場所、使い方がわからなくなった!!



そして、

深夜、早朝にかかわらず、


「助けてーぇー!殺される!!!」と大騒ぎ。 



体調が悪いことを、

だるいとか、
辛いとか、

自分では
自覚できなかったり、 

言葉で上手に表現できない祖母。


だから、

機嫌の良し悪しや

いつもできていることが、できなくなったりとか、、


ささいな変化から見るしかないんです。



今回のように

状況判断能力が著しく低下したり、  

混乱して興奮する

”せん妄”状態のときは、 


体に

何かが起こっていることが多い。 



だから、

この状態は何かが起こっている!!と判断して、


近くの診療所に電話をして、

診察していただくことになりました。 
 
 

行った診療所は、

昨年のこの時、

とってもお世話になった場所。



結果は、肺炎


でも、

血液検査と

レントゲン結果から、 


現時点では


自宅で過ごせる程度ということで、



点滴治療のあと、

自宅に戻りました。 



ちょっと心配だったのは、

休日を挟むこと。 



肺炎って、

急変することがあるから。


夜中や、 

休日の日に悪化したら大変やなーと思っていたら、



先生が


1枚の紙を手渡してくれました。




12688004_903669819748838_102023984518109677_n.jpg


「血液データだと、それほど心配することないって感じなんだけどね。 


 ご高齢の方って、急に変化することがあるから。 


 もし、おかしいって思ったら 

 迷わず、救急車を呼んでね。 

 
 そのとき、この紙を渡せばいいからね。」

 


o(;△;)o エーン


週末、

連休のときに限って

介護を必要とする人が体調を崩すこと。 


救急車を呼ぶか?

このまま様子を見ようか、、?


自分で

すべて判断しなければならない。



自分で判断して行動するって、 


ホント、怖い。


怖さを抱きながら過ごす週末、





「迷わずに、救急車を呼んでね」


先生のこの言葉があるのとないのとでは、

ぜんぜん安心感が違う!



そして、

この一言を伝えられるのは、


普段から、

患者さんのこと、

家族の心配に寄り添っていらっしゃるからだろうなぁ〜。
 

そう想像したら


うれしいやら

ありがたいやら、、


泣きそうになりました。


何か病気になると、

施設が大きな総合病院へ!と思いますが


日々の変化に

細やかにに対応してくださる診療所は

どれだけ安心できる存在か。
 
こうして
安心して相談できる場所があるからこそ、

地域で暮らせるんだなぁーと


改めて感じています。 





せん妄については

こちらのサイトで、

わかりやすく書いていたので、

リンク先を載せておきますね^^

認知症ねっと
せん妄の原因と対応






今回、

祖母の体調の変化に気づくことができた

”せん妄状態”。


祖母にとっては

不調を伝える”サイン”なのですが、


せん妄状態を対応する家族とすれば、


もう、

お手上げ状態。┌┤´д`├┘ ふぅ…



うちの祖母、

とっても小柄ですが、

せん妄状態で大混乱のときは、

歩行器とか、

鍋とか、

フライパンとか、

余裕で投げつけますから。。



今はまだ、


わたし自身が


疲れて混乱しているので、


祖母の大混乱事件のことをかけないのですが




また落ち着いたら書きますね。



とりあえず、

手に負えない暴言、暴力のときは、


逃げていい!

いや、

逃げないといけない、実感中です。





介護を必要とする人の体調の変化も

暴言も暴力も



介護する人が

すべて負えるものではないですから、、、、。



すべてを

自分の責任だと抱え込まず、


いろいろな人に話しながら

相談しながら

やっていきたいですね。





辛い時間が続きましたが、


いいこともあって。


ご近所さんが


八朔を

たくさんおすそ分けしてくださって。


12669727_904355653013588_7104684797035449951_n.jpg


小さいけれど

みずみずしい八朔をいただきながら


夜を過ごしています。


そして、

麹から作った甘酒を

明日は祖母に飲んでもらおう。

飲んでくれたらうれしなぁ、、と思いながら

明日の準備をしています。


はぁー。疲れた。
そして、よくやったよ自分!
春きたりなば、
冬とおからじ?かもよー、、が

ちょっと信じられなくなってきた
アラフォー女子に
応援のワンクリックぷり〜ず!
(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚ヨロシコ♪



福祉・介護 ブログランキングへ

次の講座は

東京蒲田での

2月13日(土)19時から!

の予定でしたが、


祖母が肺炎、自宅加療のため

予定を変更させていただきます。

お申し込みいただいている方々には

個別にメールでご連絡させていただいております。




変更は、

3月5日 13時〜16時(3時間)に変更となりました。

場所は、JR品川駅から徒歩5分の場所です。

詳細は

こちらから




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
 

講座についてのお問い合わせも、
気軽にお寄せください^^

まってまーす
(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚ヨロシコ♪
kyonchan_kaigo@excite.co.jp


*********************************************
不定期ですが
メルマガは配信してまっせ〜!!

無料メルマガ登録フォーム
ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


医療・介護現場で働く方のための
メンタルケア
●医療、介護の現場で働く方のためのメルマガ
メルマガ[医・介現場で働くひとのためメンタルケア]のご登録はこちらから!

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

*********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれさまです

いつもきょんちゃんブログを拝見して、元気を頂いております。

我が家も、実父の在宅介護が本格的になり、精神的にも右往左往しています。先日やはり父も体調を崩し、通院するべきか、そのタイミングはいつか、思い悩んでいたところなので、激しく共感いたしました。

そう!大事な判断を、ポーンと委ねられてしまう心細さ。
きょんちゃんのような方でも、そう思われるのですね。

どうぞきょんちゃんこそ、お身体にお気をつけてくださいね。
いつか、講演会へもうかがいたいです!

Re: おつかれさまです

komuko さん
 
メッセージありがとうございました!
うれしいです^^ 

一つ一つの決断を、
家族がしなければならないこと。

とってもプレッシャーを感じますし、
怖いですよね〜。 

怖い!わからない!って
感じること、
自分に許してから

ずいぶん楽になっていました^^

これって、
介護に大変さ、見えにくい部分ですよね〜。

だからこそ、
もっともっとメッセージを発信したいと思っています^^

そのなか、
「わたしも〜!」ってお声を頂戴できて
とってもうれしかったです(^人^)

ブログ拝見しました〜!

くすっと笑えて

ご家族のご様子から
きゅんとなったり^^

これからも、お邪魔させていただきますね!
 
そして、今後とも、宜しくお願いいたします。

助けてくれる人が、居てうらやましい、母の介護私ばかり、面倒みさせて!他の兄弟は、外の風にあたれ、私は、家に、閉じ込め、働く事すら、だめ!買い物も時間制限ストレスたまって病気になっても介護の疲れなんて思ってもらえない

Re: タイトルなし

匿名さま
 
ご訪問、そしてメッセージありがとうございました。
わかってもらえない、本当に辛いですよね。
こんなにがんばっているのに!こそ、感じるお気持ちですよね。
 
私事で恐縮ですが、、
今年で介護21年目に入ります。
そのうち、15年間は、近くに住む姉にまったく助けを求めることができませんでした。
 
お願いしても、姉が露骨に嫌そうな顔をするので^^;;
それだったら、自分でする!って、一人で抱え込み、
結局燃え尽きて、ボロボロになりました。 
 
ボロボロになってようやく、
姉や職場の上司に助けて!と言えるようになり、、

それでも、
今回のように長期不在ができるようになるまで6年の月日がかかりました。
長かったです。。

でも
小さなお願い、
「紙おむつ買ってきてくれる?」
「買い物行けないから、野菜買ってきてくれる?」

小さな、そして一つだけお願いをするなかで

少しずつ
姉との距離が縮まっていきました。
 

最近わかったことですが、
わたしは大変なことを姉に伝えていたつもりでしたが、


手伝ってくれるようなったあとも
姉は、わたしが大変だったこと、まったく「知らなかった」そうなのです!
 
ちょっと!と正直腹が立ちましたが、

それぐらい
身近な人であっても、
「伝わらない」のはどうやら「当たり前」のことのようです。
とても残念で、悲しいことですが、、、、


ただ、安心していただきたいのは、
「具体的に、どうしんどいのか」
「具体的に、何を手伝ってほしいのか」を

周囲に伝えることをはじめると

ゆっくりゆっくりですが、周囲の反応が変わってきます^^ 

ただ、最初はあまりに小さな変化であったり、
自分が期待していたこととは違う変化でがっかりすることも多いのですが、、

まずは、トライアンドエラーで伝えることも、
少しずつ挑戦していただければうれしいです。

ヒントは、
兄弟、家族に伝わるのは一番難しいので、
ケアマネさんや、専門職の人たちに
「兄弟から協力が得られなくて苦しい!」
「本当は仕事をしたい!」
その苦しいお気持ちを、
伝えてみる挑戦を検討いただけるとうれしいです。 

わたしにくださったこの言葉、
そのままでいいんです^^

最初は、伝えても
相手から思うような反応が得られなくても
少しずつ、少しずつ、、全体に変わっていきますから^^
 

そして、
誰かに気持ちを伝える準備体操として、

今、とっても悲しいと感じていること、
苦しいと感じていることを

どうぞ、吐き出すことがとても大切担ってきます。

すぐにお返事できないことが多いのですが

安心して気持ちを出せる場として、
この掲示板を利用していただけるとうれしいです!

ここで、苦しいお気持ちをしっかり吐き出してくださいね。

いつでも、お待ちしています^^

> 助けてくれる人が、居てうらやましい、母の介護私ばかり、面倒みさせて!他の兄弟は、外の風にあたれ、私は、家に、閉じ込め、働く事すら、だめ!買い物も時間制限ストレスたまって病気になっても介護の疲れなんて思ってもらえない
プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
昨年、母が特別養護老人ホームへ入居し、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
シングル介護歴21年目の年がはじまりました^^

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法


介け合い戦記 介護社会の現実  


親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム