在宅介護がすべてじゃない。

2年前の写真。 


発熱中の弟が

ダッフィーを抱いているのを

祖母が

”よし、よし”するの図。

10882210_695177190598103_5017715723892944839_n.jpg


10676248_695177247264764_1446404523384450120_n.jpg


10888545_695177100598112_1249888596782339318_n.jpg


介護を通じて

家族のかけがえのない時間をもらえた。
 

これは事実。 


でも、


朝から晩まで


祖母の怒鳴る声、


泣き叫ぶ声、


物を投げつける音を聞くのは


やっぱり辛い。



誇張ではなく、


祖母が不穏状態に陥るたび、


毎回、

このぐらい怖い。



l.jpg
また出しちゃった。





祖母との生活は、

週5日のデイサービスと、

月14日間のショートステイを利用して

なんとか成り立っています。
 

月半分、

友に暮らすなかで、


あともう少し、在宅でがんばりたい!気持ちと 


朝や夕、深夜に


1秒も安心できない時があると、


「もう限界かも」と考えることの繰り返し。



祖母の様子を見ていると、


ショートステイを長期利用していても、


心身ともに問題が起こるわけでもなく、


むしろ、

生活のリズムが整って

落ち着いて帰ってくることが多い。



その様子を見るたび、


イライラしてわたしが怒鳴り続けるぐらいなら


施設での時間を増やしたほうが


お互い、

安心、安全を感じられると思うのです。



特に、

不穏で暴れまわる祖母の様子を見ていると



慣れ親しんだ家で暮らすのがいいとか、 


在宅こそが安心、安全の場であるとか、、


簡単には言い切れないと感じています。
 



施設での暮らしを利用しながら


家族との時間を作っていくことって

本当に大切だと思うのです。




マスコミで盛んに伝えられる情報。


施設の利用、何百人待ち!という言葉に


「ほら、利用できないじゃない!」って声をたくさんお聞きします。


でもね、

本当に

家族も本人も、命が脅かされる状況のなかでは


相談すれば、


優先的に施設を利用することができることもある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


まずは、

相談すること、なのだけれど、



在宅介護をがんばる方の多くが、

「○○○人待ち!」と聞いて


施設は利用できないよ!


施設を利用することへの罪悪感を埋めるように

どこか、ほっとする気持ちもあると思うのです。


実際、

「○○○人待ちだと聞いて、申し込まなかった」とお話される方の多いこと!




でも、

覚えておいていただきたいのは、

もし、緊急の事態が起こったとき、


主介護者が倒れたとき、


介護を必要とする人、

介護をする人が

暴力、暴言、があったり、

認知症やその他の状態で、

お互いに命の危険にさらされるときには


施設を利用できることを、


頭の片隅においておくこと、本当に大切です。 



実際、

あるクライアントさんのケースでは、


70代のお父様が

要介護2の認知症のお母様を介護していたのですが



お父様が介護疲れから暴力に発展。


通常、要介護2では施設入居、申し込みができないのですが、 


地域包括支援センターに相談し、


入居の申し込みまで進められたケースがあります。



要介護が低いから入居できない、とか

何百人まちだから入居できないとか

たくさんの情報がありますが、


困ったときには、

「助けてください!」と声を上げることを


諦めないでください。



そして

介護をしているからとあきらめていた


自分の時間も

パートナーとの時間も


子どもたちとの時間も


あきらめないで欲しいのです。


自分ががんばっていることも

疲れていることも


心がいっぱい傷ついていることも




周囲にわかってもらえない、そう感じること


本当にたくさん起こるけれど、


あきらめないで。



介護を必要とする人を守るために


自分の時間や健康、人生そのものを犠牲にしなくちゃいけない!


その思いでいっぱいいっぱいになっている心から



自分を大切にして

自分が大切にしたいものを大事にしても


介護を必要とする家族が不幸にならない、傷つかないことを


知って欲しいし


体験、体感して欲しいと思っています。




先日開催した福岡での講座でも


介護を通じて

あきらめていた


パートナー、

子供たちとの時間、

家族団らんを取り戻したい、


その思いがたくさん出てきました。

12931286_934376553344831_6660009366161935063_n.jpg


12931123_934376520011501_2005513601968248161_n.jpg


12923178_934376540011499_6596724922292240770_n.jpg


聞いてもらうこと

わかってもらうこと

わかちあうこと


自分が休息するための場所、時間、余裕。


そんなの手に入らない!

どうせ無理!!

って思っちゃいますよね。



でも、

あきらめずに


周囲の人に助けを求めながら、



コミュニケーションのキャッチボールをする方法を


一緒に考えていけるとうれしいな。



わー。

しんみりしちゃいましたが、



ツボも、お札も売っておりませんので(爆)!




講座では

介護の悩みなのに


笑いが、本当にたえません。


今週末は東京。

来月は大阪ですわ〜。

=====================
《東京開催》
○4月10日 10時〜12時(2時間)
<介護の悩みを相談できるディスカッションセミナー>
会場:大田区産業プラザPIO(京急蒲田駅徒歩5分)
参加費:3500円
http://www.reservestock.jp/events/11461



○4月10日 13時〜16時30分(3時間半)
<介護の悩み、もやもやがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー>

 
会場:大田区産業プラザPIO(京急蒲田駅徒歩5分)
参加費:5500円
http://www.reservestock.jp/events/114622

《大阪開催》
○5月15日:16時〜19時半(3時間半)

<介護の悩み、もやもやがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー>

参加費:5500円 
会場:心斎橋徒歩5分(お申し込み後、お知らせいたします)
http://www.reservestock.jp/events/114616

===================

講座には、

介護の渦中にある方以外にも、


介護経験はないけれど、これからのために情報を得たい方

介護を卒業したけれど、心のもやもやがとれない方

ケアマネさん、介護、医療の現場で働く方など


ざまざまな立場の方が参加されています。 



様々な立場の方の声を聞くことで


「そんな考え方、あるんやー!」と目からウロコ状態になることも。



人生が変わるきかっけは、

人と出会うこと。



講座が、

人生が変わるきっかけになって欲しいと願いつつ



地道に、

講座を開催しておりまーす。


待ってまーす。


泣いて、笑ってを体験しにいらしてくださいね。


毎朝、もう限界かも!と感じながら
それでも、
もうちょっと頑張れるかもで
右往左往している
最近恋に目覚めた!?アラフォー女子に
応援のクリックぷりーずみぃ♪(。・・。)ポッ


福祉・介護 ブログランキングへ

介護を通じて、

母、祖母との心理的葛藤を解決できたこと、

本当に価値のある時間でした。





でも
家で余裕なく祖母を怒鳴ってしまう自分は

望んでいる自分ではないし、

望んでいる生活ではありません。


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

大切にしたいのは、

どう時間を過ごすのか?


どんな気分で過ごすのか?


そう感じたとき、

もう在宅介護にこだわる必要はないと感じています。



、、、、とはいえ


2ヶ月前に書いた

祖母の施設入居申仕込み書を


今だに提出できないでいます。


そんな、
こんな

迷う自分だから伝えられるメッセージもあるということで。


ぼちぼちやってます。


いろいろ、話しましょうねー。
まってまーす
(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚ヨロシコ♪
kyonchan_kaigo@excite.co.jp


*********************************************
不定期ですが
メルマガは配信してまっせ〜!!

無料メルマガ登録フォーム
ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


医療・介護現場で働く方のための
メンタルケア
●医療、介護の現場で働く方のためのメルマガ
メルマガ[医・介現場で働くひとのためメンタルケア]のご登録はこちらから!

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

*********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
昨年、母が特別養護老人ホームへ入居し、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
シングル介護歴21年目の年がはじまりました^^

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法


介け合い戦記 介護社会の現実  


親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム