状況はどんどん変わっていくから。

2週間前、

雪がちらついていたのですが


滋賀にも春が来ました。






12936761_941803049268848_8418753177511188935_n.jpg



12718093_941803032602183_2451459052710384569_n.jpg


お天気に恵まれた今日は、

母の歯科受診の付き添いでした。


特別養護老人ホームに

入居している母を迎えに行って、


いつもお世話になっている

歯科医院に行ってきました。




よく、

ご家族の施設入居を悩まれる方から


「施設を利用するって、自分がズルしている気がする」


「自分が楽をしようとしている気がして」


申し訳ない、

罪悪感を感じるとのお声をお聞きします。 



そのお気持ち、とてもよくわかります。
 

わたしも、

もう少し、自分ががんばれば在宅で過ごせるのに!


自分が

楽をしようとして、施設を利用するなんて!

そう感じていました。 




でも

実際に

施設での介護が始まってわかりましたが


施設に入居してからも


まあ、いろいろ×∞あります。




家族がすること、しなければならないこと。



今回の受診もそうですが、


家族の付き添いが必要なことも。






だから

「施設を利用することは、自分が楽をすること」と

もし

感じていらっしゃるかたがいらっしゃったら、


それは



まったくの妄想ですから。



「施設を利用することは、楽をすること」や


「自分の都合で施設、サービスを利用するのは申し訳ない」など


施設、

介護保険サービスを利用する際のに感じる


罪悪感


と、

どんなふうに付き合うといいのか?



その情報も


これから

ぼちぼち、


またお伝えしてきますね。






さてさて。

2年前から

特別養護老人ホームに入居している母。
 


おかげさまで

大病することなく元気で過ごしていますが

歯が抜けたり、

入れ歯が合わなくなったりと


口腔内の問題がいろいろ出てきました。



昨年の秋頃まで

月1回、定期受診をしていましたが(家族が送迎)


冬に一度母が体調を崩してから


歯科受診が滞っていました。



理由は、

母が

”坐位”を保てなくなってきたこと。
 

以前は

体を支えると、短時間立つことができていましたが


今は

わたしが

抱え上げる形で

なんとか立つ姿勢を数秒とれる程度。




車への乗り移りも、

車で座って移動することも難しくなってきていました。


介護タクシーの利用で移動も考えたのですが


ずっと見てくださっている歯科医院は

段差があり、

車椅子のままでは入れない、という問題がありました。



どうしようか?

悩んでいる間に、春がきました。


そして先日、


母の歯が折れてしまい、

食事が取れなくなるという状態になり、


そして今日、

姉に力を借りて

ほぼ強行突破で受診に行ってきました。





毛布やタオルを使って

母の座る姿勢が安定するようにサポートをして、

車で片道30分の移動!(田舎なもんで、、、)

12931283_941861365929683_8600579728307999302_n.jpg



ほぼ抱える状態で

母を診察室まで移動!!



12919639_941861395929680_9130101196989533274_n.jpg


以前なら、

もっと楽に車の乗り降りも、

診察室への移動もできていましたが、


今回はわたしも根をあげるほどしんどかったー!

姉はもちろん、

先生方のお力がなかったら

受診できなかった。


正直、

わーようやったな!と感じでの歯科受診を終えると


先生が別れ際に、



「無理しなくていいよ」と声をかけてくださったのです。


「お母さんも、あなたも、もう限界でしょう?」


「でも、口の中、ケア、治療を大切だよね。


 施設さえOK出してくれたら、訪問診療するから!」



先生の言葉はもちろん、


周りの歯科衛生士の先生方も、

うんうん!とうなづきながら、



「今まで本当によくがんばってきたよ!」

「訪問診療に切り替えましょう!」と言っていただけたことが


本当にうれしくて。



だってね。


母がクモ膜下出血で

ほぼ寝たきり状態になってから6年。





救急病院でも


その後のリハビリ病院でも


退院して

在宅での生活のなかでも


いま、

施設の生活の中でも


口腔ケアは

”家族”ががんばらないと、保ててこれなかった。



今日のように、

歯科受診をしたい!と思ったら


家族が受診に連れ出すしか方法がない。




だから、がんばってきた。



でも


母が倒れてからのこの6年間で


いろいろ状況が変わってきたことを実感しています。


以前にはなかった


訪問での

歯科受診をしてくださる先生方が増えてきた!


そして

ずっと母のことを診てくださった先生が


訪問診療してくださる!



もう、家族だけでがんばらなくてもいんだ!



そして


自分が埋めてきた部分を

どんどん手放して


自分が直接ケア、サポートする方法から


他のサービス、方法に委ねる時期がきたんだ、って感じました。





介護がはじまる時、

自分が直接ケア、サポートすることがほとんど。


だけれども、

介護をすすめていくなかで

自分が直接ケア、サポートしていたことを


他のサービス、人に委ねていくことが

大きな転機になる。



仕事と介護を両立するために、

もっとも重要なことは

自分が直接手を出すのではなく、


他のサービス、人に委ねていくこと。








今日も悲しい事件の報道がありました。

12928170_941899449259208_5639993196911763717_n.jpg




加害者の82歳の男性は、

行政に相談しながら

でも、

ほとんど

自分ひとりで

認知症の奥様を介護していたそうです。




事件の背景にあることを


悲劇としてではなく


報道されることを望みます。



そして


介護は


自宅で過ごすこと


家族が介護することがすべてじゃない。



その情報を


もっともっと届けていかなきゃ!と思うのです。



どうしたら

必要な方に、

必要な情報が届くんだろう?


トライしていますが、


すぐに道が開くわけじゃないから

不安に感じることもたくさん!




いつも悩みますが、



行動あるのみ。


がんばるよーーー。

ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ ふははは


ふははは┗( ̄▽ ̄;)┓=3=3=3=3



講座もがんばって開催しておりまーす。!

今週末は東京。

来月は大阪ですわ〜。

=====================
《東京開催》
○4月10日 10時〜12時(2時間)
<介護の悩みを相談できるディスカッションセミナー>
会場:大田区産業プラザPIO(京急蒲田駅徒歩5分)
参加費:3500円
http://www.reservestock.jp/events/11461



○4月10日 13時〜16時30分(3時間半)
<介護の悩み、もやもやがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー>

 
会場:大田区産業プラザPIO(京急蒲田駅徒歩5分)
参加費:5500円
http://www.reservestock.jp/events/114622

《大阪開催》
○5月15日:16時〜19時半(3時間半)

<介護の悩み、もやもやがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー>

参加費:5500円 
会場:心斎橋徒歩5分(お申し込み後、お知らせいたします)
http://www.reservestock.jp/events/114616

===================


なかなかスムーズに進まないけれど
信頼している人と進めていけばいいんじゃない?
毎日、右往左往しながら
でもがんばってるアラフォー女子に
応援のクリックぷりーずみぃ♪(。・・。)ポッ


福祉・介護 ブログランキングへ

ある勉強会で聞いたことば、

「介護をしている人は、マイノリティー(少数派)」


「でも、もうすぐそこにマジョリティー(多数派)」になる。

 
 でも、たくさんの人がマジョリティーになったとき、

 介護に対する事前準備をほとんどの人がしていないから大変な事態が起こる」

大介護時代に入ったと言われますが

当事者にならないと「ピンとこない」のが現実。





このブログを始めた3年前

ある知り合いから

「介護のブログって興味ないし、ピンとこない」


「そんなことより婚活が優先なんじゃないの?」と言われました。

ある友人からは

「きょんちゃんだから、介護できるんだよ。わたしにはできない」

労ってくれている言葉だったかもしれませんが

どこか「わたしには関係ない」と言われたような気がして

悲しく感じることもたくさんありました。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

でも、今感じることは


わかってもらえないことがたくさんあるなかでも


情報を届ける大切さ。


実際、

ブログや講座を通じて

「楽になった!」

「仕事を辞めずにすんだ!」と

お声をたくさんいただいているから。



、、、、とはいえ



介護している人は

まだまだ「マイノリティー(少数派)」の現実。


だからこそ、

ぼちぼちやってます。

応援していただけると、うれしいです・

そして
いろいろ、話しましょうねー。
まってまーす
(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚ヨロシコ♪
kyonchan_kaigo@excite.co.jp


*********************************************
不定期ですが
メルマガは配信してまっせ〜!!

無料メルマガ登録フォーム
ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


医療・介護現場で働く方のための
メンタルケア
●医療、介護の現場で働く方のためのメルマガ
メルマガ[医・介現場で働くひとのためメンタルケア]のご登録はこちらから!

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

*********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム