NHK あさイチ特集 認知症×データ分析 

あさイチ特集

認知症×データー分析


 
○認知症の方への言葉かけをビデオ映像を見て、分析(否定語→肯定語へ)

ユマニチュード(マグニチュード、といつも言い間違えるアタくし(^^;;)の実践的な紹介。
 
○グループホームでの、認知症の方が生き生きと生活される工夫の紹介 


○精神科医への情報提供、何を伝えればいいのかの紹介。
 
そして、
メッセージの募集では

「認知症の方へのうまく言った方法、工夫を!」と呼びかけで

事実と異なることを話した家族の言葉を

否定せずに受け入れたら、状況が変わった事例などが寄せられて

 
盛りだくさんの内容でした。 



本当に内容が濃くて、


これだけたくさんの専門家の方々が


認知症の方々の安心、安全の暮らし、生活をまもろうとしてくれている!


今日の特集で

認知症の方、

家族が

安心して生活するためのヒントが散りばめられていて



今回の特集、本当にうれしいな!と感じました。



それと同時に

嘆きも感じています。




どれだけすばらしい技術があっても、


その技術を発揮し、


生かすためには


心の余裕がなけれ難しいこと。
 



うちに家で言えば、


ほぼ毎日、


深夜、早朝、


祖母の怒鳴り声で、


心臓はドキドキ、

胃はキリキリ痛みながら目覚めたとき、


わたしの心と体は悲鳴をあげている。


自分の体が悲鳴をあげている状態で


相手を否定せず、


肯定的に受け入れることはできないもの。



わたしも、医療介護の現場で働き、

そして、コミュニケーションの技術を学んできたから


認知症の方への対応方法を知っています。



でも

医療、介護の専門職として現場にいるときと


家族として家にいるときの心と体の状態はまったく別物!




仕事モードで


家の中で過ごすこと、、、、、


それも

家族だからこその心の葛藤、痛みを抱えるなか


24時間、

外の顔でいることは、できない。




だからもし


「正しい情報を教えてもらった。でもわたしにはできない!」と


自分を責めたり


悲しい気持ちになっている方がおられたとしたら


そんな罪悪感持たなくてもいいですから!




専門家としてお話しされた方の中で


実際に家族を介護している方(いたのかもしれないけれど)


自分も家でしています!なんて話し、

なかったでですよね。


あくまでも

専門家として

第三者としてかかわる眼差しからのお話しが中心だった。

そして

あくまでも技術だから、

技術を発揮するまでに、トレーニングがいる!


できるまでに時間も必要!


トレーニングを受けていない家族が

いきなりできないのはあたりまえ!



情報も技術も


あくまでも

自分を楽にするたの”手段”にすぎないから




手段に、振り回されることないんです^^



もし

自分に余裕があって


なにかいつもと違う対応する元気があるときに


記憶が曖昧になって

混乱している家族に


「そうそう」と受け入れたり


「ありがとう」

と伝えてみることができれば、十分だから!



だから、安心してくださいね^^




そして

これはわたしの自論ですが、、


家族は、専門家にならなくていいんです。


家族は、家族のまま、


落ち込み、笑い、泣くことが大切だと感じているんです。



無理して

「いい介護者」

「できる介護者」になる必要はない。



ダメダメ介護者でいいんです。



ダメダメで

ありのままの自分を出して

ありのままの自分を受け入れられたとき


はじめて


家族の変化に向き合えることを実感しているからこそ、


家族は、専門家にならなくていいんです。


このことを

お伝えしたいのです。








話しは変わりますが


今年2月にマウイ島で受けてきた

コミュニケーションスキルの集中トレーニングでのこと。

12321243_929860677129752_6078529191246779716_n.jpg

世界中から、

対人支援、

カウンセラー、ソーシャルワーカー、セラピストが集った場。



10日間の集中トレーニングで、


繰り返し伝えられていたワンメッセージは


「まずは、自分が先に酸素を吸うこと!」




飛行機に乗っていて、緊急事態になったら?


そんなたとえ話が出てきました。


酸素マスクが降りてきたとき、



ひとにマスクをわたし前に


自分が先にマスクをつけて


それからひとにマスクをわたしなさい!


それが、基本です!



このメッセージが伝えられていました。


誰かを支援するとき、


まずは

自分の身の安全、心の安全を確保すること。


それがない状態で

ひとをケア、支援することはできない
、と。



この基本がないと、


どんなすばらしい技術があっても


生かすことはできない!



だから、


まずは、


介護するわたしたちが


「まずは、自分が先に酸素を吸うこと!」

を意識していきませんか^^



自分が先に酸素を吸う方法を


講座でお伝えしています。


次は大阪!


介護の専門書にも載っていない、

介護の専門家も知らない、

実際の介護の大変さと
実際に解決したケース例の数々!

ここでしか聞けない話し、
ここでしか得られない情報があります^^
 
次回大阪、東京開催の日程が決定いたしました!
 
○大阪開催は
5月15日(日)16時〜19時30分
http://www.reservestock.jp/events/114616

○東京開催は
5月21日(土)13時〜16時30分
http://www.reservestock.jp/events/118557




家族は専門家にならんでええんです。
家族は家族として
泣いたり、笑ったりすることが大事!
そのメッセージを伝えたくて
がんばってるアラフォー女子に
応援のクリックぷりーずみぃ♪(。・・。)ポッ


福祉・介護 ブログランキングへ

認知症の家族との生活で大変なのは

何度も聞き返す、

辻褄の合わない話しに付き合うことだけじゃない。


廊下や部屋にまきちらされた汚物。

汚物がついた洗濯物のやま。




深夜、朝、

悲鳴のような怒鳴り声で叩き起こされる毎日。

その中で

「ありがとう」って言えない。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

さらに苦しいのは

ちゃんとした対応をとりたい!と思っている気持ちと


でも

怒鳴ってしまう現実。

自分への怒り。



苦しいよー。

だからこそ、

誰かに話しを聞いてもらう必要がある。


わたしも、

話しを聞いてもらっています^^


だから、、


こんなこと言えない、と思ったときこそ、


よかったら

講座に遊びにいらしてくださいね^^

待っています。

=====================

《大阪開催》
○5月15日:16時〜19時半(3時間半)

<介護の悩み、もやもやがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー>

参加費:5500円 
会場:心斎橋徒歩5分(お申し込み後、お知らせいたします)
http://www.reservestock.jp/events/118557


○5月21日 13時〜16時30分(3時間半)
<介護の悩み、もやもやがスカッと解決!
心が軽くなるワークショップセミナー>

 
会場:JR恵比寿駅徒歩3分
参加費:5500円
http://www.reservestock.jp/events/118557



===================



いろいろ、話しましょうねー。
まってまーす
(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚ヨロシコ♪
kyonchan_kaigo@excite.co.jp


*********************************************
不定期ですが
メルマガは配信してまっせ〜!!

無料メルマガ登録フォーム
ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


医療・介護現場で働く方のための
メンタルケア
●医療、介護の現場で働く方のためのメルマガ
メルマガ[医・介現場で働くひとのためメンタルケア]のご登録はこちらから!

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

*********************************************

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム