その時にならないと、わからないから。

東京と滋賀を
行ったり来たりしている間に

大好きな季節がやってきました。





毎年、
不思議に思うのだけれど

トラクターが田んぼを耕し始めたとたん、

カエルが鳴き出すのです。

そしてその直後に

雨が降って

カエルの大合唱が始まる。


我が家の裏は

一面田んぼなので(上の写真は私の部屋から見える光景です)


毎夜、

カエルの大合唱を聞きながら入浴タイムは


家に帰ってきたなぁー!と

実感する時間です。



バタバタする中ですが、

少しずつ情報を発信する責任と、

なんのために情報を届けるのか?


そのことを考える機会が増えました。



より強く感じたのは、

昨年の夏、母を看取った経験です。


「がんばらない介護」

出版に向けて詰めている最中に

母が

不慮の事故による影響で、

亡くなりました。



父が亡くなって、21年目の夏。

それこそ、

物心をついた時から

母の精神的なサポートをしてきたのですから、

悔いはない。



悔いはないけれど、


どうして、

大病を乗り越え、

大きな障害を持ちながらも

「今がいちばんしあわせ」と言っていた母が

些細な不注意から

命を落とさなければならなかったのか?


もし、

在宅で過ごしていたら

こんなことは起こらなかったんじゃないか?


どこにも

持っていきようがない憤りや

無力感に陥ったことも、


大切な経験だと

今、ようやく感じられるようになりました。



そして

ネットや勉強会の席で


医療、介護の専門職の方々が

終末期(命が終わるまでの時期)や

看取りの時について語られる際に

「家族に情報がないから自然な看取りができないんだ」

とか

「もっと家族を教育しなきゃいけない」

そんな言葉が聞こえてくると、

大きな違和感を感じます。


そして、

息が止まるほどびっくりするし

心臓をぐっと掴まれたかのような

痛みと苦しさを感じます。




”情報があれば、迷わない”

”教育ができていれば(教育って言葉も、、何だかなぁ、)、

ちゃんと選択ができる”


それって、

ホントなの???というのが

母を看取った後の感想です。




母の最期の1週間は、

5つの機械に命を支えられていました。

病室機械

さまざまな病を経験した母ですから

「延命治療は絶対にしない!」と決めていました。

でも、

実際にその時になったら

こんなにも迷うのか!!!


自分でもびっくりしました。


迷ったことの背景には

”不慮の事故が影響しての突然の心肺停止”

予想していたことではない

状況だったことも影響していたと思います。


そして、

母の最期の1週間、

どこからが治療で

どこからが延命なのか?


見極めることが難しいと感じました。


今夜が峠!と言われた次の朝に、

自発呼吸(自力で呼吸する力)が戻ったりもしましたしね。


人工呼吸器をどうするのか?

再度心肺停止になったらどうするのか?

選択を迫られる(まさに、自分で決めるではなく、外から”迫られる”という感覚になる)たび、

苦しいかったなぁ。



そしてね。

5つの機械に助けられながら生き抜いた1週間を


「不自然な命の終え方」

「人間らしい命の終え方ではない」と感じる方がいたとしても、


私たち家族にとっては


母は母の人生を生きぬき、

自然で

人間らしい最期だったと断言できるんですよね。


yoitohaha.jpg


知的障害を持つ

弟との時間も

母が人として生き抜いたから

得られた時間だと思うのです。



そう感じられていることが

延命処置をしたか、しなかったのか?


何を選択したかよりも重要だと感じています。


そして

終末期の選択肢について

「本人の意思を尊重する」ことに

今とても注目されているし、

とても重要なことなのだけれど、


ともに時間を過ごす家族にとっても

より良い時間になることも

考えていきたいと思うのです。


だって、残された私たちが、

大切な人の死から何を学び、

どう生きるかを問われるのだから。




母の最期を通じて

何か選択をせまられるたびに

これでいいのか?と苦しみましたけど、

悩んだ経験そのものを

大切にしていきたいと思っています。



14063914_1035726626543156_66752477198694292_n-2.jpg

つらかったけれど、

徹夜明けに

母の病室から見た空は

本当に美しかった。


その記憶が今、

私を支えてくれています。




================

先月、ダイヤモンド社さんから

上梓した「がんばらない介護」

ご紹介する記事が

ダイヤモンドオンラインで連載されています。

◆ダイヤモンドオンライン記事一覧


介護に向き合った時、

制度についての情報も大切だけれど

「自分の心の扱い方」が何よりも大切であることが

500件以上のご相談からわかり、

そのことを

1冊にまとめました。


介護に向き合う

ご家族にお届けいただけると嬉しいです。







ぼちぼち元気にやってます
(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚ヨロシコ♪
kyonchan_kaigo@excite.co.jp





福祉・介護 ブログランキングへ






にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



*********************************************
不定期ですが
メルマガは配信してまっせ〜!!

無料メルマガ登録フォーム
ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


医療・介護現場で働く方のための
メンタルケア
●医療、介護の現場で働く方のためのメルマガ
メルマガ[医・介現場で働くひとのためメンタルケア]のご登録はこちらから!

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

===================

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

今、認知症の母親が肺炎で入院中です。毎日、面会に行くたびにいつも看護師さんの顔色を伺っているあたしがいます…うまく言葉にできないけれど、医療の現場の仕事はある部分では接客業でもあるはずなのに、客の立場である患者や家族が気を使わなければいけないのかなぁと思います。患者の家族は家族であって、看護助手ではないのになぁーと母が入院するたびに思います。患者側と医療スタッフの人が、もっと同じ立場でいられると良いのに、と思います。

初めまして

ブログ少しですが読ませて頂きました。
ありがとうございました。
今年1月に、要介護認定を受けてから7年を経て90歳になった義母を自宅で看取りました。
こちらのブログには頷ける内容がたくさんありました。
全く同意見です。
突然の意識障害と身体の麻痺という重い脳梗塞で寝たきりになってしまった義母の、その命をどうするのか、決定しなければならないのは本人ではなく、家族、子供達という、他者であること。これは、非常に難しいことと感じました。
延命措置についてもそうです。
触れば温かい。声をかければ返事だけは返る。そんな状態の人で、喉にも麻痺が出たのか食べ物が口から入れると誤嚥してしまうため、胃瘻にするかどうか、そんなことまで他者が決める。
いろんな事情で胃瘻にして連れて帰り、自宅で介護をし、3年過ごしましたが、ほとんど24時間体制で一人で看たため神経をやられて通院中です。
介護が嫌だったわけではありません。いっぱい学ぶことができ、私は幸せでした。ただ、施設などとの関わり方がよく分からず、思いとは違う出来事が起こることでストレスがたまり、3年かけてやっとその付き合い方のヒントみたいなものを掴んだ矢先に、義母の身体は限界を迎え、帰らぬ人となりました。
後悔はありません。充分にお世話をさせて頂いたと思っていますし、亡くなられた時のお顔がとても穏やかで幸せそうに見えて、みんなが思い残すことなく送り出すことができました。
ただ、義母が亡くなった時、義姉がすぐさま私の方を向いて膝に内出血ができたのではと思うくらいの勢いで跪き、土下座してお礼をおっしゃって下さった時、ああ、もう少し介護を義姉にも手伝ってもらっておけばよかったなあと、そう感じました。
時々こちらに寄せて頂ければと思います。
長々と失礼致しました。

Re: こんばんは

楽さん
お久しぶりです!
その後、お母様のご様子hいかがですか?

病院の中で、いろいろなことがありますよね。
おそらく、声かけ、挨拶一つ、言葉一つで、いろいろな問題は解決できるかと思うのですが、
家族の立場で見た時、いろいろな違和感が残るのが現状。
 
その中で、「もっともっといい援助を!」と頑張ってくださる方も大勢いらっしゃります^^
その方々と繋がりながら、私たちから、現状を変えていきたいですね^^
またいろいろ教えてくださいね!

> 今、認知症の母親が肺炎で入院中です。毎日、面会に行くたびにいつも看護師さんの顔色を伺っているあたしがいます…うまく言葉にできないけれど、医療の現場の仕事はある部分では接客業でもあるはずなのに、客の立場である患者や家族が気を使わなければいけないのかなぁと思います。患者の家族は家族であって、看護助手ではないのになぁーと母が入院するたびに思います。患者側と医療スタッフの人が、もっと同じ立場でいられると良いのに、と思います。

Re: 初めまして

あっきーさん

初めまして。
お義母さまの介護とお看取り、
そしてお義姉のご様子から、
様々なことを感じとられる出来事だったのですね。

いただけたメッセージの中で、
「後悔はありません」との言葉から
本当に様々なことに取り組まれてきたからこその言葉だと感じました。
 
今、介護の問題に直面している友人も
「介護してよかった」と伝えてくれています。

介護と言う出来事を通じて
いろいろな気づきや経験があるからこそですね。

メッセージをいただけて
より強く
一人で頑張らなくていい方法や
周囲の人とつながることの大切さも伝えていきたいと感じました。

ぜひ
また遊びにいらしてくださいね。

そして、
メッセージもいただけると本当に嬉しいです。




> ブログ少しですが読ませて頂きました。
> ありがとうございました。
> 今年1月に、要介護認定を受けてから7年を経て90歳になった義母を自宅で看取りました。
> こちらのブログには頷ける内容がたくさんありました。
> 全く同意見です。
> 突然の意識障害と身体の麻痺という重い脳梗塞で寝たきりになってしまった義母の、その命をどうするのか、決定しなければならないのは本人ではなく、家族、子供達という、他者であること。これは、非常に難しいことと感じました。
> 延命措置についてもそうです。
> 触れば温かい。声をかければ返事だけは返る。そんな状態の人で、喉にも麻痺が出たのか食べ物が口から入れると誤嚥してしまうため、胃瘻にするかどうか、そんなことまで他者が決める。
> いろんな事情で胃瘻にして連れて帰り、自宅で介護をし、3年過ごしましたが、ほとんど24時間体制で一人で看たため神経をやられて通院中です。
> 介護が嫌だったわけではありません。いっぱい学ぶことができ、私は幸せでした。ただ、施設などとの関わり方がよく分からず、思いとは違う出来事が起こることでストレスがたまり、3年かけてやっとその付き合い方のヒントみたいなものを掴んだ矢先に、義母の身体は限界を迎え、帰らぬ人となりました。
> 後悔はありません。充分にお世話をさせて頂いたと思っていますし、亡くなられた時のお顔がとても穏やかで幸せそうに見えて、みんなが思い残すことなく送り出すことができました。
> ただ、義母が亡くなった時、義姉がすぐさま私の方を向いて膝に内出血ができたのではと思うくらいの勢いで跪き、土下座してお礼をおっしゃって下さった時、ああ、もう少し介護を義姉にも手伝ってもらっておけばよかったなあと、そう感じました。
> 時々こちらに寄せて頂ければと思います。
> 長々と失礼致しました。
プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム