FC2ブログ

【ご相談】病院に付き添うことがつらいです



病院に付き添うことがつらいです


父(70代・要介護2)と
二人暮らしをしています。

父は
糖尿病の持病があり、
月に1度、
受診に付き添っています。

通院日の翌日は、
私が疲れて寝こむようになりました。

介護タクシーや
有料のサービスを使えば
楽になるのかもしれませんが、
お金がかかるし、

父が「他人の助けはいらん!」
と言うので
サービスを利用できません。

月1回のことだから
我慢すればいいのですが、

ずっとこの状況が続くと思うと
毎日泣いています。

母は4年前に他界しており、
一人っ子なので
頼れる人もいません。

どうすればいいでしょうか?


Bさん・40代・女性
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Bさん、
ご相談くださりありがとうございました。

4年前に
お母様が亡くなられてから、

それも
お父様が
サービスの利用を望まれていない状況の中、

お一人で
お父様を支えてこられたことは
どれだけ大変なことだったでしょうか。

通院の翌日には
疲れはてて
寝込んでしまうのも当然かと思います。

それほど、
これまで
ずっと頑張ってこられたのですから。

そして、
疲れを感じている今、
今までとは違う方法を
試していくチャンスだと思います。


Bさんと同じように
病院の付き添いがつらいと感じていらっしゃる方が
とてもたくさんおられます。

「病院に付き添うのがつらい」

Bさんと同じご相談をお受けした時、

●通院介助では、何が負担でしょうか?

この質問をお届けして、
書き出していただいています。

認知症のお母様を介護されている方は
下記のように書き出して

・診察の待ち時間が長くてつらい
・家族にずっと付き添っていなければならないので
 トイレにも行けずにつらい

こうして
「つらい」
「負担」
「困っている」ことを書き出してみることで

使えそうなサービスや、
他の方法が見つかりやすくなるからです。

困っていることの一つでも
サービスを利用することで
通院介助の負担を減らすことができます。

例えば、
受診待ちの際に、

1時間だけ
ヘルパーさんに付き添ってもらうことも
手段の一つです。

介護者がトイレに行ったり、

一人で
お金を払いに行けるなど、

小さなことですが
これらの負担を減らすだけでも
介護する疲労感は大きく違います。

そして、
費用負担も、
1割負担の方であれば
400 〜500円で利用できます。

また、
Bさんのように
翌日寝込むほど
疲れてしまう場合は

無理をして
通院を続けるのではなく

往診に切り替えることも
選択肢の一つです。

「ずっとかかっている
病院の方が安心だから」

「今まで診てくださっていた先生に
申しわけない」

などの理由から
往診に変更することに躊躇されます。

しかし、
ケアマネジャーや主治医、

通院している病院の
医療ソーシャルワーカーに相談し

往診に切り替えられた方の多くが
「こんなに楽になるなんて!」と
驚かれます。

実は、
私自身も
祖母の通院を往診に変更したことで

介護負担を
減らすことができた経験があります。


すぐに
往診へ切り替える必要はありませんが、

ケアマネジャーや
主治医、
かかっている病院の医療ソーシャルワーカーに

「寝込むほど、付き添いが負担になっている」と

まずは相談してみませんか?


そして
周りの人に相談しながら

「通院介助を楽にする」発想を超えて

通院介助に
余力を残せるように、

日々の介護の負担を減らすための

サービスの利用の見直しも
検討していってくださいね。






お父様が
サービスを利用することを嫌がって困っていらっしゃる件は
続きでまたお話しますね。


【お知らせ】
☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月30日(土)13:30〜16時30分

日本産業カウンセラー協会
東京支部さまにお招きいただき、
「仕事と介護の両立のヒント!」をお話しさせていただきます。
 
9月30日チラシ


今回、
日本産業カウンセラー協会の会員さまだけでなく、
一般の方もご参加可能だそうです!

会場は
東京・代々木にある
日本産業カウンセラー・東京支部(代々木事務所)です。

実例をもとに、
仕事と介護の両立に何が必要なのか?
どのような支援があれば両立ができるのか?
ワークを通じて体験していただく内容です。

ピンとこられましたら、
ご参加ご検討くださいね!


■会場:
一般社団法人 
日本産業カウンセラー・東京支部(代々木事務所)
〒151-0051 
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-2-12 菱化代々木ビル4F

日本産業カウンセラー東京支部アクセスマップ

■時間:13:30分〜16時30分(開場13時)

■受講料:
・日本産業カウンセラー協会会員さま・賛助会員さま:4,000円
・一般の方:6,000円


■講座詳細、お申込み方法はこちら






「お金がないから、介護保険サービスを利用できない」も

情報と物事の捉え方を変えると

「利用できるサービスがある!」に変わることも。

そんなこんな情報を

届けていきますね



福祉・介護 ブログランキングへ







にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



もしよかったら
あなたのお声をお聞かせください^^
↓↓↓
kyonchan_kaigo@excite.co.jp


*********************************************
不定期ですが
メルマガは配信してまっせ〜!!

無料メルマガ登録フォーム
ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?


医療・介護現場で働く方のための
メンタルケア
●医療、介護の現場で働く方のためのメルマガ
メルマガ[医・介現場で働くひとのためメンタルケア]のご登録はこちらから!

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

===================

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
☆6月、7月の講座の予定が決まりました!
大阪: 6月18日(日)13時30から
大阪 心斎橋(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)


東京: 7月1日(土)13時から
東京 恵比寿(徒歩7分)
介護の悩みがスカッと解決
ワークショップセミナー(少人数制)

少人数(4〜6名)で お一人お一人にお話しをお伺いしながら、 問題をどう解決していけばいいのか? その具体策をお伝えいたします。
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム