公共のトイレで困ること

線路



今日の午前中、予定を変更して

弟を連れて大阪へ行ってきました。


弟との外出は3月以来。

最近、車で移動することが多かったので

電車大好きな弟は大興奮!

切符を買うことから、テンション高めで、

改札では駅員さんに握手を求めたり、

手を振ったり、

「僕、おでかけ!」をアピールしたり。


弟は単語もあやしいぐらいで、

言えても、
「ちゃーちゃん(お母さん)」
「おっと(魚)」
「とっきゅう(電車すべて)!」

でも、
ジェスチャー、顔の表情で、弟の気持は十分伝わります。

駅員さんに切符を見せて、「ありがとう!」のおじぎ。

通り過ぎる人にも笑顔でニコニコ!

僕はうれしい!

楽しい!!

をめいいっぱい表現する様子は

見ているこちらも楽しくなってきます。



そんなワクワクのお出かけですが


一番困るのはトイレ!


ちょっとしたことなのですが、

トイレの時に、見守りや

手助けがいります。

弟は「男」です。あたりまえですけどヾ(- -;)

男性用トイレに、私が介助として入るは躊躇しますし、

女性用トイレに、弟を連れて入るのにも躊躇をします。


最近は、障害がある方や

赤ちゃん連れのご家族が利用しやすい

「多目的トイレ」が設置されている場所が増えたので

積極的に利用するようにしています。


が、最近、新しく設置された「多目的トイレ」の

「場所」「位置」にちょっと混乱する事があります。


以前でしたら、

男性用・女性用のトイレの間に設置されていることが多く

特に問題はありませんでした。


最近

男子、女子トイレの中に入ったところに

「多目的トイレ」が設置されていることも増えています。



比較的、入り口の手前に設置されている事も多いのですが、

今日は、完全に、「男性トイレ」の入り口まで入らないと

(つまり、男性用便器が丸みえ!になる場所!)

「多目的トイレ」のドアがある場所を利用しました。

運良く、誰も利用されておられなかったので

とりあえずほっとしましたが

私も、一応、女性なので


・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー


戸惑いもあるんですよね〜




男性用、女性用、

両方に「多目的トイレ」設置されたことで、


まずは数が増えたことに感謝をしています。


今まで、数が少なくて、

行列に待っている間に、弟が失敗しちゃった事もあるので。

だから、以前に比べれば、格段に

利用しやすくなっているのですが、


設置場所を見てみると

利用者の眼差しがもう少し生かされたらな〜と思います。


異性の介護者が付き添いやすい云々の前に、

入り口近くから、便器が丸見えって、

ええもんやろか?とかね^^;;


クレームやユザーの意見が、

「商品を生み出すきっかけ」になるわけだしね!

だから、気になったら、なんでやねん〜!って

突っ込みは大事だと思っています^^



大阪の地下鉄のトイレが

昔に比べて格段にきれいになっていました!


多目的トイレも、たくさんありました!

それに比べると、

JR西日本、JR東日本とも、駅の「多目的トイレ」

の設置数の少なさと、場所の問題(わかりにくい所!)が

ここ数年を見ても、まったく改善されていないのは

もったいないな〜。


こんな所からも

「企業の体制」であったり

「企業理念」が見えたりするもんですねー。

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************

たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    
大阪地下鉄のトイレで
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
ちょっとだけ惜しいのが
 ↓    



匂いと
ゴミが散乱している場所が
あったこと

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


利用者の”意識”も
大事だと思います!


(=`(∞)´=) ブーブー!!

ありがとうございますーー!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム