「家族を大切にするのと同等に、それ以上に、自分を大事に扱うこと」1

「来週、滋賀に出張なのよ」
と東京在住の友人から聞いたのは、4月21日の日曜日。

「滋賀のどこなん?」

「どこだか知らない〜☆!琵琶湖見れるかな???」


出張の前日まで、行き先も知らず、つっこみ所満載の彼女でしたが

「滋賀って新幹線は通ってないんでしょ??」

滋賀県民を泣かすような言葉とともに
ちゃんと仕事を終えて、滋賀へ遊びに来てくれました。


※悲しい注釈:滋賀県には新幹線の駅、りっぱな米原駅があります。
米原はは岐阜県ではなく、滋賀県です!




彼女も、ご病気のご両親と弟さんをサポートするために、遠距離介護を続けているアラフォー女子。

そして、私と一緒で「超・意地っ張り」。

誰の助けも借りず(借して、と言えず!)

誰にも弱音を吐かず(助けて、と言えず!)

周囲にはいつも笑顔(人前で、泣けない!)


そして、彼女も、介護と仕事、プライベートの狭間で
燃えつき、
燃えつきた状態に自分で気づかず、
動き回っていました。

二人とも、ほぼ同時期に”介護による燃えつき”を経験しました。
東京と滋賀。
離れていましたが、ある”偶然”が重なり、不思議なご縁で、出会いました。



私たちが出会った頃、
自分のために使う時間は、ほとんどありませんでした。

介護と仕事に追われる日々の中で
彼女が「自分の時間を作る」事は考えられなかったし、私も、同じでした。

それが、
「自分のために時間を使って良い」

「自分のためにお金を使って良い」と

自分で自分に様々なことを”許可する”こと。
自分自身に「していいよ」と言って上げること。


「私と会って!」

「私のために時間を使って!」

「私を応援して!」

「私を助けて!」
人に自分のニーズ(欲求)を言えるようになること。
人に自分のニーズを伝えることを「していいよ」と自分自身に言ってあげること。

自分が何かをすることを、自分に許可すること
自分が人に何かを求めることを自分に許可すること

「他の人にしたら、なんでもない事なのに、お互いにできなかったね」

昨日、何かの話題で、ふと彼女が笑って言っていました。


家族を守りたいと思いが、
いつのまにか、

自分の時間も
身体も
心も
自分の”すべて”を
ないがしろにしていました。

家族を大切にするのに、自分の何一つも顧みず、自分を祖末に扱っていました。

そんな二人が、今、

「自分を家族と同様に、それ以上に自分を大切にする」

「自分がしたいことを、する」事に取り組んでいます。

休みの日に、ぼんやりと過ごす。

ふらっと本屋によってみる。

仕事の帰りに、友人と食事をして帰る。


そんな、他の人にすれば、「それがどうしたの?」と言われるかもしれない
なんでもない時間を楽しむことを、少しずつ始めています。

「自分が幸せになることを、自分で許可する!」と決めた後の
友人のこのお話を読んで、わたしは号泣しました。

〜長くなったので、文章を分けて再投稿しました^^〜
 2に続きます。

*********************************************
無料・メルマガ登録フォームを設置しました♩

ブログでは読めない”ブラックなきょん話”
が読めるかも!?

空メール登録も、簡単にできます^^
⇒t174839@1lejend.com

ご意見・ご感想お待ちしておりますー!
**********************************************
※天然すっとぼけの彼女とはここで会えます☆〜!
あちらで、なんやら似たような人が出ていますが、よく似た名前の、別人です。
そういうことにしておいて下さい 笑)


※悲しい注釈2:米原駅はりっぱな新幹線乗車駅です。
ちゃんと、”ひかり”と”こだま”はとまるんですよ〜。

12517_381922245256934_1939976396_n.jpg

601701_381922278590264_198365973_n.jpg


550298_381922298590262_1510865114_n.jpg



みなさまのお声が、このブログを作ります!

ご意見・ご感想をお待ちしております^^


たくさんの方に読んでいただきたくて
ブログランキングに参加しています!
応援していただけると嬉しいです☆〜!

    
 ぽちっと
 ↓


人気ブログランキングへ
 ↓
こちらもポチっと
 ↓    

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

もう一つおまけにポチッと(笑)



ありがとうございますーー!

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メッセージ、ありがとうございます!

メッセージありがとうございました!
介護が5年目突入目、すごいことです。
複数年経過されている方しかわからない、辛さ、苦しさを感じられて、
それでも頑張ってこらえたんですね。

大切なお気持ちをメッセージとして下さってありがとうございました。

ブログを書きながら、
私も迷いながらの毎日なので、メッセージをいただけることで、勇気をいただきました。
ありがとうございます!

またよければ、
日常に感じられている事など、いろいろ教えていただけるとうれしいです!

よろしくお願いいたします!

きょん
プロフィール

橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)

Author:橋中今日子 (滋賀のきょんちゃん)
介護者メンタルケア協会代表
カウンセラー
メンタルコーチ
理学療法士

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務して14年目。
脳性麻痺の方、
脳血管障害の方の
リハビリを中心に仕事をしてきました。
家族関係、
人間関係に悩んだのをきっかけに、
心理学を学び始めました。

[プライベート]
認知症の祖母と要介護5の母と知的障害の弟との4人暮らし。
H28年に重度身体障がいの母を看取り、
現在は、認知症(要介護3)の祖母と、知的障害の弟(A判定)との3人暮らし。
一時期は疎遠になっていた姉に協力してもらえいながら
介護歴22年目の年がはじまりました。

21年間の介護経験と
3年間でのべ500件以上寄せられた
介護に関するお悩みから見えてきた
「介護離職しない」
「介護疲れを予防する」
「介護で自分のしあわせをあきらめない」
ためのヒントをまとめた本、
「がんばらない介護」が
3月17日
ダイヤモンド社より出版されました!

人気ブログランキング
ブログランキンに参加中です! 介護にかかわるすべての人が笑顔になる環境を作りたい! この思いに賛同してくださる方、 バーナーをワンクリック応援、 お願いいたします〜☆!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
介護に疲れた時、心が軽くなるヒント
介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント


講座最新情報
介護関連・心理学・コミュケーションおすすめ書籍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
ブロとも一覧

" 在宅介護 " なんとかなるさ!

(マンガ)認知症のある人って、なぜよく怒られるんだろう?

介護は突然に…

めぐろのY子より
検索フォーム